琵琶湖マリオットホテル「NANOHANA Lunch」と菜の花の絶景でひと足早い春の訪れを感じて

京都から電車&バスで約40分。2017年にオープンした「琵琶湖マリオットホテル」は、ロビーから客室、レストランまで、ホテルのいたるところから琵琶湖を一望できて、常に非日常的な空間を味えます。

まだ寒さを感じる毎日ですが、琵琶湖マリオットホテルでは、ひと足早い春の訪れを楽しめるランチメニュー「NANOHANA Lunch」が登場しました。ほろ苦い味わいと香りが春を感じさせてくれる”菜の花”をはじめ、栄養価の高い食材と華やかな見た目の表現にこだわり、暖かな春に向けて心と身体を整えてくれる全13品が揃います。滋賀県ならではの発酵食材が使われているのも魅力のひとつです。

・二段重
(上段)鮪とアボカド山掛け 麹の泡醤油、生ハム膾、菜の花甘酒和え、大豆ひじき煮、碓井豆腐
(下段)菜の花吟醸蒸し、菜の花 海老 丁字麩 酢味噌、鰤柚香焼き、敷き大根

・鍋物 菜の花 豆乳鍋
・揚物 菜の花の天ぷら 鰯香り揚げ
・食事 滋賀県産こしひかり 菜の花梅ちりめん
・留椀 清汁仕立て・水物 滋賀県産抹茶と柚子の水まんじゅう
※記載のメニュー内容は変更になる場合があります。予めご了承ください。

NANOHANA Lunch 2,900円(税、サービス料[10%]別)

NANOHANA Lunch 2,900円(税、サービス料[10%]別)

第1なぎさ公園で菜の花が満開に咲く様子(提供:びわこビジターズビューロー)

第1なぎさ公園で菜の花が満開に咲く様子(提供:びわこビジターズビューロー)

滋賀県産の豆乳をベースにした鍋をはじめ、酒粕や麹の発酵食材、鰤や柚子の旬の食材など、シェフがこだわり選んだ食材を活かした品々

滋賀県産の豆乳をベースにした鍋をはじめ、酒粕や麹の発酵食材、鰤や柚子の旬の食材など、シェフがこだわり選んだ食材を活かした品々

場所: 琵琶湖マリオットホテル 12階レストラン[Grill & Dining G](滋賀県守山市今浜町十軒家2876)
TEL: 077–584–2150
料金: 1名 2,900円(税、サービス料[10%]別)
日時: 2021年01月09日(土) 〜 2021年02月28日(日)
11:30~14:30
お問い合わせ: 琵琶湖マリオットホテル Grill & Dining G
HP: