M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!

FOLLOW US

2022.3.10
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter
京都の新しい美味しいパン屋さん

1.訪れる人の声に応えるベーカリー[KIFUNE BAKERY]/北山

長年ホテルのパティシエ・ブーランジェとして経験を積んだ安井さんが、自宅の1Fにオープンしたベーカリー。当初はデニッシュ系を専門で販売していたが、お客さんの要望に合わせて商品のラインナップを次第に広げていった。土・日曜のみ登場する数量限定のロールケーキも要チェック。

KIFUNE BAKERY

山食パン1.5斤350円。680円のデニッシュ食パンも。

KIFUNE BAKERYのパン

左から、クルミをたっぷり詰め込んだくるみパン230円。マロンクリームとアーモンドクリームがたっぷり絞られたモンブラン風デニッシュ320円。北海道産の小麦粉を2種類ブレンドしたサクサクのクロワッサン230円。

KIFUNE BAKERY

  • キフネ ベーカリー
  • 2021年11月10日 open
  • 京都府京都市北区紫竹西北町25-7
  • バス停「常徳寺前」から徒歩3分
  • Tel.075-468-1522
  • イートイン不可

2.京都初上陸![THE CITY BAKERY 京都河原町]の限定パンに注目/河原町

アメリカ・NY発の人気ベーカリーが昨夏、京都に初上陸。定番人気のクロワッサンプレッツェルをはじめ、京都河原町店でしか手に入らないパンなど、約50~60種類が毎日店頭にずらりと並んでいる。店内限定のモーニングやランチメニューなどもあるので、イートインとテイクアウトの両方で楽しみたい。

THE CITY BAKERY 京都河原町
THE CITY BAKERY 京都河原町のパン

左から、山椒ガーリックバゲット345円。京都産小麦、抹茶、丹波の黒豆などふんだんに詰まった抹茶黒豆チャバタ302円。ハム、チェダーチーズにたっぷりの九条ねぎを合わせたパンチのある惣菜パンハムチェダー九条410円。

THE CITY BAKERY 京都河原町

  • ザ シティ ベーカリー きょうとかわらまち
  • 2021年07月14日 open
  • 京都府京都市下京区寺町通仏光寺上ル中之町569
  • 阪急「京都河原町駅」から徒歩3分
  • Tel.075-606-5181

3.食パン専門店のサンドイッチに注目[京食パン工房 ここん 西大路御池店]/西大路御池

京都発の食パン専門店が西大路御池に登場。「毎日食べられる生食パン」をコンセプトに、素朴で味わい深い食パンを日々作っている。こだわりの食パンを使ったフルーツサンドや卵サンドなど食べやすいものが揃い、軽食やおやつにピッタリ。

京食パン工房 ここん 西大路御池店
京食パン工房ここんのフルーツサンド

左から、ふわりと洋酒が香る大人のラムレーズンサンド300円。チョコ入りのホイップクリームに大きなバナナを挟んだチョコバナナ450円。リンゴ、イチゴ、バナナが入ったフルーツサンド ミックス(アップルシナモン)480円。

京食パン工房 ここん 西大路御池店

  • きょうしょくパンこうぼう ここん にしおおじおいけてん
  • 2021年11月05日 open
  • 京都府京都市中京区西ノ京原町64
  • 地下鉄「西大路御池駅」から徒歩4分
  • Tel.075-811-1055
  • イートイン不可

4.[パンとワインのgubbe]で庭師が作る!?手ごねパンを/竹田

庭の手入れで訪れた地域で人気ベーカリーを探し、パンの食べ歩きをしてきた庭師の宮越隆之さんが独学で開いた店。DIYした空間に良質な素材を使った8種の手ごねパンを並べている。18時から友人がカウンターに立つワインバルでも購入可能。

パンとワインのgubbe
パンとワインのgubbeのパン

左から、スライスしても、そのままちぎりながら食べても美味しいミニキューブ(クランベリー)300円。味は3種類から選べる。フィセル(スタンダード・ふっくら)各300円。ハムや肉料理に合うスタンダードのほか、クリームシチューなどやさしい味わいに合うふっくらの2種を焼き上げている。

パンとワインのgubbe

  • パンとワインのグッベ
  • 2021年08月20日 open
  • 京都府京都市伏見区竹田西桶ノ井町141
  • 地下鉄「竹田駅」から徒歩2分
  • Tel.無

5.九州の人気パン屋さんが本州初上陸![パンプラスconnect京都円町店]/円町

玄界灘に浮かぶ長崎県壱岐島に本店があり、九州に3店舗を構える[パンプラス]の姉妹店が本州初上陸!佐賀のイカをはじめ、さまざまなお目にかかれない食材とパンのコンビネーションが楽しめる。なかでも必食なのが、「全国カレーパングランプリ2018」で金賞に輝いた名作壱岐牛カレーパン。

パンプラスconnect京都円町店
パンプラスconnect京都円町店のパン

左から、1日で最高2440個も売れた記録を持つ「看板商品」の壱岐牛カレーパン800円。カスタードクリームにクリームチーズを加えて、クロワッサン生地の中にクッキー生地を潜ませた至福のクリームパン280円。自家配合の明太バターが想像以上にたっぷり入った九州明太子フランス380円。

パンプラスconnect京都円町店

  • パンプラスコネクトきょうとえんまちてん
  • 2021年11月12日 open
  • 京都府京都市中京区西ノ京西鹿垣町63-1
  • バス停「丸太町御前通」から徒歩3分
  • Tel.075-468-1712
  • イートイン不可

6.[Cafe ALain]の窯焼きパンでリフレッシュ/岡崎

アート鑑賞前後や散歩途中の空腹にちょうど良い、岡崎の素焼きパンとカルツォーネの店。オーナーの岩本さんが暮らす、大原のオーガニック野菜を使ったサラダやピタパン、グリルなども一緒に楽しめる。薬食同源の考えを取り入れた韓方メニューも含めた体に負担の少ない料理やドリンクを食すと、心もリフレッシュ。

Cafe Alain
Cafe ALainのカルツォーネ

カルツォーネ(トマト&チーズ)500円。小麦粉にもち麦の粉を加えるなど、もっちりとした弾力の生地に改良。カルツォーネとは生地で具を包んだおやつ感覚のピッツァ。

Cafe ALain

  • カフェ アラン
  • 2021年11月11日 open
  • 京都市左京区岡崎最勝寺町2-35
  • 地下鉄「東山駅」から徒歩10分
    バス「東山二条・岡崎公園口」から徒歩2分
  • Tel.075-204-0102

7.美味しいパンを作るために計算された[hinami]のパン/丸太町

淡路島の農家から直接仕入れる玉ねぎや季節の野菜など、鮮度抜群の食材をふんだんに使ったパンが店頭にずらりと並ぶ。オーナーの瀬戸さんは、「農家を助けたいからベーカリーを始めたんです」と開業のきっかけを話す。そんな瀬戸さんの実家は淡路島の農家。

hinami
hinamiのパン

左から、有名老舗の餡とバターがたっぷりインのあんバター230円。淡路島産の玉ねぎ、ロースハム、チェダーチーズ入りのオニオンカスクート370円。最初から最後まで美味しく食べられるホットドック310円。

hinami

  • ヒナミ
  • 2021年05月13日 open
  • 京都府京都市上京区河原町通丸太町下ル伊勢屋町393
  • バス停「河原町丸太町」から徒歩1分
    地下鉄「丸太町駅」から徒歩12分
  • Tel.075-256-2003
  • イートイン不可

8.フランスと日本のそれぞれ良さを伝える[Boulangerie Galopain]のパン/紫竹

京都出身の妻・さおりさんと協力しながら、50種ほどのパンを焼き上げる店主のエリー・ジェロムさん。フランスのパンと日本のパン、それぞれの良さを合わせたラインナップと、「大変だけど、みんなが喜んでくれたらそれでいい」と笑う夫妻の明るさに惹かれるご近所リピーターが増加中。

Boulangerie Galopain
Boulangerie Galopainのパン

左からくるみとイチジクのカンパーニュ390円。酸味が控えめでむっちり感があり、子どもも食べやすい。バゲット380円。長時間発酵で生み出す小麦本来の味わいと、口溶けの良さが特徴。小麦粉、砂糖、卵のみで作る、ブルターニュ地方の伝統焼き菓子ガトーブルトン1200円。

Boulangerie Galopain

  • ブーランジェリー ガロパン
  • 2021年12月01日 open
  • 京都府京都市北区堀川通北山下ル紫竹下本町19-2
  • 地下鉄「北大路駅」から徒歩15分
    バス停「上堀川」から徒歩1分
  • Tel.075-600-9504
  • イートイン不可

9.個性豊かな天然酵母を楽しむ[自家製天然酵母研究所 naturam]/東福寺周辺

閑静な住宅街の一角にある日曜のみ営業の店。他の曜日は自然食料店やフレンチレストランに卸している。店主の中山さんは4人の子育て中もずっとパン作りに関わってきたという。ブドウ、ホップ、酒種の自家製酵母と国産小麦を使って焼き上げた17~18種類のパンが棚に並ぶ。

自家製天然酵母研究所 naturam
自家製天然酵母研究所 naturamのパン

手前左から、シナモン好きの店主が香辛料を利かせ、甘く煮たオレンジピールを合わせた芳醇なシナモンロール280円。ラム酒付けドライフルーツとナッツ5種がぎっしりナッツの宝石箱350円。ハチミツに漬け込んだドライオレンジ、クリームチーズ、レーズンが入ったハチミツオレンジパン350円。

自家製天然酵母研究所 naturam

  • じかせいてんねんこうぼけんきゅうしょ ナチュラム
  • 2020年12月06日 open
  • 京都府京都市東山区本町15丁目778-2
  • 京阪「鳥羽街道駅」から徒歩12分
  • Tel.090-1675-6630
  • イートイン不可

10.地元に愛される[タナカパン製造所]の作り手の思いを込めたパン/修学院

「毎日食べるパンだからこそ、日常に寄り添うようなパン作りがしたい。誰が何を使ってどんなパンを作っているかも知って欲しい」と話す田中シェフ。出来る限りシンプルなパンを目指し、材料は卵、ハチミツ不使用で国産、オーガニック、無添加の素材を厳選。パン作りの要となる小麦は北海道産と九州産の小麦を使用し、低温長時間発酵でじっくりと時間を掛けて丁寧に作り上げる。

タナカパン製造所
タナカパン製造所のパン

左から、果肉が入ったラズベリークリームをたっぷり入れたデザートパン木苺のクロワッサン330円。フランスのフガスという種類のパン・アロマティック310円。フランスの食事パンの種であるパン・オ・ルヴァン490円(1/4)。ホールはなんと直径30cm級の超ビッグサイズ。

タナカパン製造所

  • タナカ パンせいさくじょ
  • 2020年01月22日 open
  • 京都府京都市左京区山端壱町田町8-48 プラザ修学院内
  • バス停「修学院駅前」から徒歩4分
    叡電「修学院駅」から徒歩3分
  • Tel.080-6221-1128
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

↑

サイト案内