M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!


2021.8.27
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter

【2021年最新】こだわりの京都のコーヒー店10選

注目が集まる京都のコーヒーシーンの中で、最近オープンした店と店主の人柄に注目。研究を重ねたコーヒーと、ぴったりのおともたちを10軒分紹介。

M[エム]KYOTOでは、2021年10月31日(日)までLeaf公式LINEにお友だち登録すると、コーヒー店10軒で使えるお得なクーポンを配信中。この機会をお見逃しなく!
詳しくはこちら

1.苦みの奥にある甘みがやさしい[Coffee EPI]のインドネシア /寺町夷川

日替わりオーナーがカウンターに立つ[CIGOTO no BA]のシェアカフェで、毎週火曜を担当している店主の伊藤かほりさん。子どものころ母に連れられたカウンターメインの喫茶店を理想に、たまたま見つけたというこちらのシェアカフェに立ち、着実にファンを増やしている。

インドネシア500円。コーヒー3種のうち唯一、自身で焙煎を手掛けるのがこの深煎り。苦みも甘みもスッキリ。ランチプレート950円。チーズグリルチキンなど主菜に、サラダやピクルスなど夏野菜をたっぷり添えて。

店主:伊藤かほりさん週2回勤務していたコーヒースタンドの移転に伴い、独立の一歩として[CIGOTO no BA]に参加。今年4月から自身で焙煎もスタート

Coffee EPI

  • 京都市中京区寺町通夷川上ル藤木町31-2 荒牧ビル1F CIGOTO no BA内
  • 地下鉄「丸太町駅」から徒歩11分

2.浅煎りのフルーティーさを最大限に[blend kyoto]のオリジナルブレンドコーヒー/麩屋町竹屋町

今の気分に合わせて、完成形を想像しながらブレンドする豆をチョイス。ここにしか存在しない一杯と出合える、ブレンドコーヒーの専門店。豆本来の味をしっかり引き出す筒状ドリッパー、手吹きガラスの職人さんにオーダーした蓋付きグラス、オーダーメイド・カラーが輝くエスプレッソマシンなど、目新しいコーヒーグッズにも好奇心が膨らむ。

オリジナルブレンドコーヒー 1100円。今回は、プルーンを思わせるエチオピアの甘みと、桃のようなコロンビアの華やかさをブレンド。見た目も美しい旬のフルーツを使用したゴールデンキウイとココナッツと塩のケーキは、大阪・本町[ディファランス]のもの

店主:O91さん東京[グリッチコーヒー&ロースターズ]のバリスタをしながら、メニュー表などのデザインも担当。曽祖父ゆかりの建物にて独立開店

blend kyoto

  • 京都市中京区竹屋町通麩屋町東入ル笹屋町447
  • 京都市営地下鉄「丸太町駅」から徒歩9分

3.洋酒のようにまったり甘美な香り[こばこ商店]のべトナム バレルエイジド /岡崎

築100年の古民家をリノベーションし、各国の旅人を受け入れてきた[ゲストハウスこばこ]の一角に完成したコーヒースタンド。店主の清水さんの旦那さんが焙煎を担当するスペシャルティコーヒーは7〜10種。深煎り、中煎り、浅煎りがバランスよく揃い、中にはオーク樽の香りをまとったレアな豆も。

ベトナム バレルエイジド 600円。ウイスキー作りに使用した空のオーク樽で珈琲豆を熟成。自家製のスティックケーキ付き

店主:清水友希さん芸大在学中から京都で飲食店の経営を始め、ワインソムリエの資格を取得。 2008年には[ゲストハウスこばこ]をスタート

こばこ商店

  • 京都市左京区岡崎南御所町40-7
  • 市バス「岡崎道」から徒歩3分

4.陶器焙煎のまろやかさの虜に[コーヒーと雑貨 UNO]のオリジナルブレンド /常盤

店内で楽しめるコーヒーは約20種類ほどがラインナップ。注文してから好みの加減に焙煎してくれるので、他では味わえないようなオーダーも可能。例えば、普通は浅煎りすることが多いモカを深煎りにしてみるなど、ちょっと変わったことが楽しめる。

オリジナルブレンド 500円は焙煎度が浅めか深めかを選べる。陶器焙煎した煎りたての豆はまろやかな味わい

店主:鵜野倫さん脱サラし2020年2月コーヒーと雑貨の店をオープン。焙煎を広めるべくワークショップなどの講座も定期的に開いている

コーヒーと雑貨 UNO

  • 京都市右京区常盤草木町3-3
  • 市バス「常盤・嵯峨野高校前」から徒歩1分

5.コクと苦味が大人な一杯[Coffee Roast Yui]のYUIブレンド/烏丸紫明

注文が入ってから焙煎する珍しいスタイルで、焙煎したてのコーヒーが楽しめると注目されている。豆の種類は定番のスペシャルティコーヒー10種類と季節限定品も2〜3種類などがスタンバイ。どんな味わいが好みなのか、どんな方法で淹れるかなど店主と相談しながら自分にぴったりの豆が見つけられる。

YUIブレンド(bitter)400円。中深で焙煎した豆をハンドドリップするコーヒーは、酸味を抑え、コク深い味わい

店主:西野寿夫さん幼馴染みが経営する近江八幡の自家焙煎珈琲豆店[ボゴダ]などで研修を受け、16~18種類の生豆をオーダー焙煎できる店をオープン

Coffee Roast Yui

  • 京都市北区小山中溝町2-13
  • 地下鉄「鞍馬口駅」から徒歩6分

6.飲み口はまろやかですっきり[自家焙煎珈琲豆店 りとるばれい]の京 みやび/九条御前

入り口横に置かれた焙煎機が店主・小谷さんの相棒。購入して以来約20年間、独自に焙煎や豆のブレンドの研究を重ねてきた。その成果ともいえるのが、爽やかなのど越しの「京 みやび」とコク・苦味が特徴の飲み応えある「京 たくみ」、アイスコーヒーにぴったりの「京 きわみ」の3種のブレンド。そのほかリクエストを受けて増えたシングルオリジンが約15種揃う。

京 みやび 385円は産地の異なる4種の豆を合わせたブレンドコーヒーで飲みやすくマイルドな味わい。自家製カヌレ250円は外はカリッと中はしっとりとした歯触りでラム酒が利いている

店主:小谷隆人さん1999年に焙煎機を購入し、自家焙煎を始める。30年勤めた会社を早期退職し、2019年8月に念願のコーヒー専門店を開いた。京都出身

自家焙煎珈琲豆店 りとるばれい

  • 京都市南区唐橋川久保町2-2
  • JR「西大路駅」から徒歩9分

7.バランス抜群[IWASHI COFFEE]のブラジル/西陣

小さなマシンで毎日コツコツと焙煎した珈琲豆は4種から選べて、ブラジル以外の3種は週替わり。[HORNO]のビスコッティやスコーン、[Sasha]のパウンドケーキなど焼き菓子のセレクトにも「きちんと美味しいものを届けたい」という気持ちが現れている。

ブラジル400円。まろやかでコクも甘みもバランス良く飲みやすい、THEブラジル!な味わいを好む人に。イワシクッキー300円。ロゴマークを象ったプレーンなクッキーは[HORNO]作。にんまりした表情が可愛い

店主:真下裕也さん円町の小さな店から、島原[きんせ旅館]内のスペースを経て、2020年2月に現在地へ。一回り大きな焙煎機を購入しようと計画中

IWASHI COFFEE

  • 京都市上京区長門町414
  • 京都市営バス「千本丸太町」から徒歩4分

8.フルーティーでやわらかい[Manaia Coffee&Things]の浅めのブラジル/鞍馬口

オリジナルブレンド1種、シングルオリジン3種は、絶大な信頼を寄せる奈良市の[ANYB&B+COFFEE]のもの。京都のアトリエ[トキノハ]にオーダーした大きめカップに注がれるスペシャルティコーヒーは、のんびりしたい朝にぴったりだ。

ブラジル・フルタ・メルカドン550円。浅煎りのブラジルファンが増加中! パパイヤのような南国感と黒糖梅酒のようなまろやかさが広がる。

店主:Junさん(写真左)ニュージーランドでカフェ文化に目覚め、オーストラリア・メルボルンでバリスタ修業。帰国後 [ブルーボトルコーヒー 京都カフェ]で働き、独立

Manaia Coffee&Things

  • 京都市北区小山町223-6
  • 市バス「乾隆校前」から徒歩4分

9.タイの山岳から届いた希少な豆を使った[Laughter]のチャーリー/西陣

代表の矢野さんと友人の三輪さんがカウンターから紹介するのは、京都で希少なタイ産の珈琲豆。学生時代に自分の足で探し当てた、タイ北部・ドイチャン山で農家のチャーリーさんが育てる豆がカウンターに並ぶ。ブレンド3種のベースにも使われ、浅煎り、深煎りのシングルも揃うチャーリーさんの豆は、甘みが強くてマイルドな味わい。

チャーリー(深煎り)500円。チャーリー農園の豆を深煎り。ミルクチョコレートのような甘みとコクがありつつ、後味はすっきり

店主:矢野龍平さん(写真左)大学在学中、タイ北部の山岳地帯で出合ったコーヒーが起業のきっかけに。2018年、友人の三輪さん(写真右)と株式会社アカイノロシを設立

Laughter

  • 京都市上京区西熊町289
  • 市バス「乾隆校前」から徒歩4分

10.穏やかな酸味に甘さ引き立つ[IOLITE COFFEE ROASTERS]のモンテ・アレグレ/烏丸

扱うのは世界で育てられた個性ある珈琲豆。そのポテンシャルを最大限に引き出すことを意識して、焙煎や抽出を行なっています」と店主の吉田さん。焙煎する際は終始豆の香りを確かめながらロースト具合を判断し、ベストな火力を調整。浅煎りでは甘みを大切にして酸味とのバランスを整え、深煎りでは飲み疲れをしないよう重くならない味に仕上げているのだとか。

モンテ・アレグレ 510円。オレンジのようなやさしい柑橘の味とミルクチョコレートのような甘さを楽しめるシングルオリジン。おともは静香さん手作りのオーストラリアの焼き菓子ラミントン470円

店主:吉田大輔さん(写真左)東京の自家家焙煎コーヒー店で修業し、妻・静香さんの祖父母宅の町家を改装した店で独立。子育てをしながら夫婦で店を切り盛りする

IOLITE COFFEE ROASTERS

  • 京都市中京区西洞院通六角下ル池須町422
  • 地下鉄「烏丸駅」から徒歩7分
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

あわせて読みたい

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

サイト案内