【2021最新】京都で初夏を感じる「青もみじ」の名所6選

青々とした新緑が生い茂る初夏の京都では、美しい青もみじが見頃を迎えます。青もみじスポットは、リラックスしたい人にはとっておきの穴場です。

ついつい下向きになりがちな今日この頃。青もみじをながめながら上を向いて、癒しのひとときと緑溢れる自然を満喫しましょう。

1 . 本堂前から見下ろす絶景と青もみじを[神護寺]で/京都市右京区

本堂前からは、空海たちも見ていたであろう京の山の新緑が目の前に広がる。階段の両側に立つ楓の木からは、透き通るような青もみじの葉が大きく垂れ下がり、青もみじの虜に。

時間/9:00〜16:00
拝観料金/大人600円、子ども300円
場所/京都市右京区梅ヶ畑高雄町5

2 . 400年前から変わらない美観を守る [圓通寺]の青もみじ/京都市左京区

自然と伝統が交錯する [圓通寺]。比叡山を借景にした枯山水庭園はもちろん、境内には他ではなかなかお目にかかれない原種のモミジやしだれ山ボウシが植えられている。洗練された究極の美に触れられる、まさに京都の穴場スポットだ。

時間/4〜11月10:00〜16:30(最終受付/16:00)
12〜3月〜16:00(15:30)
拝観料金/500円(高校生以上)
場所/京都市左京区岩倉幡枝町389

3 . 渓谷の青もみじは息をのむほどの美しさ[東福寺]/京都市東山区

紅葉の名所としても知られる境内にある通天橋は、5〜6月には青もみじの新緑が見頃に。約2000本のイロハモミジやトウカエデなどで緑一色に染まる渓谷は、息をのむほどの美しさ。

時間/9:00~16:30 (最終受付/16:00)
拝観料金/本坊庭園 大人500円、小人300円
通天橋 大人600円、小人300円
本坊・通天橋共通 大人1000円、小人500円
場所/京都市東山区本町15丁目778

4 . 屋根のように覆う青もみじの葉々が風に揺れる[貴船神社]/京都市左京区

参道の屋根になるかのように覆う青もみじの葉々が風に揺れ、気持ちのいい木漏れ日が差し込む。新緑のライトアップでは、灯りに照らされた青もみじが昼間とは違う美しさを放つ。

時間/9:00~17:00(本宮表参道の春日灯籠は夕暮れから20:00まで毎日点灯)
拝観料金/境内無料
場所/京都市左京区鞍馬貴船町180

5 . [三千院]の庭園は青もみじと美しい苔の絨毯が魅力/京都市左京区

自然豊かな大原は、自然の移り変わりが美しいパワースポット。三千院の庭園は季節によって表情を変え、新緑の時期には美しい苔の絨毯と青もみじで染まる有清園がひときわ美しい。

時間/9:00~17:00
拝観料金/大人700円、中高生400円、子ども150円
場所/京都市左京区大原来迎院町540

6 . 数え切れないほどの青もみじと新緑が生い茂る[醍醐寺]/京都市伏見区

山全体が寺域になっており、数え切れないほどの青もみじをはじめとした新緑が青々と生い茂っている。弁天池に映る青もみじも美しい。

時間/三宝院、霊宝館、伽藍 9:00~17:00(発券終了/16:30)
拝観料金/2箇所拝観券(三宝院庭園、伽藍) 1000 円
三宝院御殿特別拝観 500 円
霊宝館本館・平成館展示 500 円以上(文化財寄付金として)
※春期(3月20日~GW最終日) 3箇所拝観券(三宝院庭園、伽藍、霊宝館庭園)1500 円
場所/京都市伏見区醍醐東大路町22