京都・青もみじが美しいスポットへ

青々とした新緑が生い茂る初夏の京都では、美しい青もみじが見頃を迎えます。青もみじスポットは、リラックスしたい人にはとっておきの穴場。 現在、イベント等が中止になり寂しい思いをしている方もいらっしゃると思います。おうちにいながら、「M KYOTO by Leaf」を見て心は新緑の中へトリップ!さあ、癒しのひとときと緑溢れる自然を満喫しよう。

1 . 東福寺

壮大な伽藍を誇る臨済宗東福寺派の大本山。紅葉の名所としても知られる境内にある通天橋は、5〜6月には青もみじの新緑が見頃に。約2000本のイロハモミジやトウカエデなどで緑一色に染まる渓谷は、息をのむほどの美しさ。小川のせせらぎを聞きながら一歩一歩を楽しんで。

2 . 三千院

自然豊かな大原は、自然の移り変わりが美しいパワースポット。三千院の庭園は季節によって表情を変え、新緑の時期には美しい苔の絨毯と青もみじで染まる有清園がひときわ美しい。4月中旬にはシャクナゲが花を開き、6月中旬〜7月初旬には1000株以上の紫陽花が彩りを添え、何度訪れても参拝者を飽きさせない。

3 . 醍醐寺

上醍醐、下醍醐の伽藍にあわせて6棟の国宝、10棟の重要文化財の建物がある醍醐寺は、山全体が寺域になっており、数え切れないほどの青もみじをはじめとした新緑が青々と生い茂っている。弁天池に映る青もみじが美しく、豊臣秀吉が設計したといわれる特別史跡・特別名勝に指定されている三宝院庭園も見所。

4 . 貴船神社

鴨川の源流に位置し、水の神を祀る古社。縁結びの神様としても信仰され、様々な祈願のために訪れる参拝者が後を絶たない。参道の屋根になるかのように覆う青もみじの葉々が風に揺れ、気持ちのいい木漏れ日が差し込む。新緑のライトアップでは、灯りに照らされた青もみじが昼間とは違う美しさを放つ。