M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!

FOLLOW US

2022.5.12
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter
京都市内でおすすめの中華料理店特集

【2022年最新】京都市内でおすすめの中華料理店7選

腕利きのシェフが独立した話題の新店から予約必須の人気店、地元民から愛され続ける一軒まで、さまざまなスタイルのおすすめ中華を集めました。京都市内でお気に入りの中華料理店を見つけてみて。

1.細切り炒めの四川料理が味わえる[膳福]/北大路

デイリーに使える新大宮商店街内の創作中華店。町家をリノベーションした空間の奥に中庭があり、2Fには年中咲いているという不思議な桜を望む個室も完備。時間を忘れて、のんびり食事をすることができる。

膳福のミニリッチセット

ミニリッチセット1300円は、選べるメイン料理にサラダ、前菜、揚物、スープ、おかわり自由なごはん、ミニデザート、コーヒーが付く。写真のメインは魚香肉絲。

膳福

  • ぜんふく
  • 京都府京都市北区紫野上門前町21-3
  • 地下鉄「北大路駅」から徒歩15分
    バス停「北大路堀川」から徒歩9分
  • Tel.075-406-5188

2.素材の旨みが引き立つ[秋華]の上品な中華/北白川

岡崎の中華の名店[京、静華]で、11年に渡り修業した店主が、令和元年に独立。店主自身が愛してやまない閑静な北白川に店を構えた。気軽に立ち寄ってもらえるようにと、ランチは内容充実のセットが2000円前後のお手頃な価格で味わえる。

秋華の炒飯

パラパラに炒められたごはんを、シンプルに塩と胡椒で味付け。職人技が光る。蟹レタス炒飯1540円。お酒がすすむアラカルトのほか、季節の食材を使ったコース1万2000円もあり。

秋華

  • あきはな
  • 京都府京都市左京区一乗寺樋ノ口町27
  • 叡電「一乗寺駅」から徒歩12分
    バス停「一乗寺木ノ本町」から徒歩4分
  • Tel.075-285-1140

3.[中国酒家 西香]でホテル仕込みの味をデイリー使いに/荒神口

[大津プリンスホテル]や[京都ブライトンホテル]で技術を磨いたオーナーシェフの西村さんが中華鍋を振り、あっさりした広東料理をベースに、香港や四川のエッセンスを取り入れた料理を提供する。

中国酒家 西香のエビチリ

大ぶりの海老がひと際目を引く豪快な一品。素揚げした唐辛子が程良い辛さを添える。西香のエビチリ1320円。ボリュームたっぷりの西香ランチ1650円もおすすめ。

中国酒家 西香

  • ちゅうごくしゅか さいこう
  • 京都府京都市上京区河原町通広小路下ル東桜町21-8
  • 京阪「神宮丸太町駅」から徒歩11分
    バス停「荒神口」から徒歩2分
  • Tel.075-255-6663

4.あんかけのとろみと旨さの虜に![あんかけや こはち]/桂

桂駅から徒歩7分。街の中華料理店で18年腕を振るい、5年間日本料理で修業した店主小林さんが地元桂で独立。あんかけに魅了された店主がこだわるのは、チャーハンには甘口の生姜あん、カニ玉には甘酢あんなど一つひとつの料理に合わせたあん作りだ。

あんかけや こはちの天チャ麻丼

チャーハンを天津飯風に卵で包み、麻婆あんをかけた天チャ麻丼858円。ピリッと辛いスパイシーなあんが味に変化球を与えてくれる人気メニュー。

あんかけや こはち

  • あんかけや こはち
  • 京都府京都市西京区桂巽町8-6
  • 阪急「桂駅」から徒歩7分
  • Tel.075-754-6834

5.[廣東料理 紫藤花]で味わう本格中華/御所西

東京や京都の有名ホテル、創作中華[一之船入]などで修業したオーナーシェフが目指すのは、近所の人たちが気軽に立ち寄れるアットホームな店づくり。「お子さま用の椅子や食器もご用意しています」と、子ども連れでも気兼ねなく訪れることができる。

廣東料理 紫藤花のエビチリ

チリソースの辛さを卵でマイルドに仕上げた海老チリは、白ごはんとの相性もぴったり。エビのチリソース和えセット1200円(ランチメニューの一例)。夜のコースは4種3300円~用意する。

廣東料理 紫藤花

  • かんとんりょうり しとうか
  • 京都府京都市上京区油小路通下長者町上ル亀屋町154 三輝ビル1F
  • 地下鉄「丸太町駅」から徒歩13分
    バス停「堀川下長者町」から徒歩3分
  • Tel.075-406-5115

6.ホテル出身のシェフが作る[イーパンツァイ タナカ]のアテ中華/元田中

田中里ノ前の交差点から、少し西に入ったところに佇む中華料理店。通りから奥まった、古いアパートの一角に店を構えていることから、まるで中国の下町に迷い込んだような印象を受ける。

イーパンツァイ タナカの焼売

モッツァレラチーズと牛肉、豚トロと玉ねぎ、海鮮ピリ辛の3種の味を一皿にまとめた。焼売3種875円。しっとりプリプリの鶏肉に2種類の自家製タレが染みた、よだれ鶏1200円もおすすめ。

イーパンツァイ タナカ

  • イーパンツァイ タナカ
  • 京都府京都市左京区田中里ノ内町26
  • 叡電「元田中駅」から徒歩3分
  • Tel.075-708-2793

7.素材の持ち味を引き出した[東華菜館]の北京料理/四条木屋町

四条大橋のたもとでひと際目をひくスパニュッシュ・バロック式の洋館。西洋建築家のウィリアムズ・メレル・ヴォーリズによって建てられた館内には、日本最古といわれる手動式のエレベーターが現役で活躍する。

東華菜館

提供するのは、乾燥食材や珍味、素材を大切にした北京料理。人気メニューは、甘さと酸っぱさが絶妙な酢豚1650円。コースは5500円〜。 1万1000円・1万3200円のコースでは、フカヒレの姿煮も登場。

東華菜館

  • とうかさいかん
  • 京都府京都市下京区四条大橋西詰
  • 阪急「京都河原町駅」から徒歩1分
  • Tel.075-221-1147
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

↑

サイト案内