M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!

FOLLOW US

2022.7.14
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter
うなぎ特集

[2022]京都で一度は食べたい! 京都のうなぎ店6選

2022年7月23日(土)、8月4日(木)は土用の丑の日! 栄養価の高いうなぎで夏の暑さを乗り切るスタミナを補充しませんか。
最近は京都でもうなぎ専門店が続々と登場。なかでも今回は編集部おすすめのうな重やひつまぶしなど、土用の丑の日に食べたい新旧のうなぎ料理をピックアップ。

1.[葱屋 にょろ助 先斗町]蒲焼きと白焼きのW重/先斗町

ねぎが主役の[葱屋平吉]がリニューアル。大ぶりの鰻が横たわる鰻重が、1尾4180円、1.5尾6160円、2尾7590円で堪能できる。蒲焼き、白焼きを1尾ずつのせた豪華鰻重“極上”もおすすめ。

土用の丑の日は通常営業(ただし予約不可の先着順)。テイクアウトは前日までに要予約

葱屋 にょろ助 先斗町の鰻重

蒸さずに焼く地焼きで提供。うなぎ本来の旨みや脂ののり、身の歯応えが堪能できる。鰻重4180円~(テイクアウト4104円〜)

葱屋 にょろ助 先斗町

葱屋 にょろ助 先斗町

  • ねぎや にょろすけ ぽんとちょう
  • 2021年02月06日 open
  • 京都府京都市中京区下樵木町201-4
  • 京阪「祇園四条」駅から徒歩5分
  • Tel.075-256-8808

2.備長炭の上で丁寧に焼かれた[かぼちゃのたね]のうなぎ丼定食/祇園

肉厚の国産うなぎを備長炭の上で丁寧に焼いていく。「注文いただいてから蒸し、そこから焼きますので、20分ほどお待ちいただきますが、蒸し立ては格別です」と店主・山田さんの言葉通り、口当たりはふわっふわ。

土用の丑の日は要予約。テイクアウトは当日でも可

お昼限定のうなぎ丼定食2420円(同じサイズのうなぎ丼のみのテイクアウトは2200円)。蒸すことで余計な脂が落ち、あっさり&ふんわり仕上がる江戸焼きうなぎ。湯葉や肝の吸い物、小鉢、香の物付き

かぼちゃのたね

  • 京都府京都市東山区祇園町北側267 祇園了郭ビル1F
  • 京阪「祇園四条」駅から徒歩3分
  • Tel.075-525-2963

3.うなぎの旨みと玉子の甘みが絡み合った[京都 炭焼鰻 土井活鰻]のうな重/祇園

2018年に伏見に、2021年には祇園にうなぎの専門店[京都 炭焼鰻 土井活鰻]がオープン。太いうなぎを低温の冷却循環器で活かしておいて、その日にさばき炭火で焼くこと約15分。肉厚な身はふっくらで口の中でほどけるようにやわらか。

7月23日(土)はテイクアウトのみ。7月19日(火)までに要予約
8月4日(木)は通常営業。テイクアウトも可

うな重 並3000円(テイクアウト2700円)にふんわり錦糸玉子のトッピングプラス200円。うなぎの旨みと玉子の甘みが絡み合って、箸がとまらない

京都 炭焼鰻 土井活鰻

  • きょうと すみやきうなぎ どいかつまん
  • 2021年06月01日 open
  • 京都府京都市東山区清井町492-3 さんさん八坂1F
  • 京阪「祇園四条駅」から徒歩15分
    バス停「東山安井」から徒歩3分
  • Tel.075-746-6689

4.[碓屋]贅沢感漂う重箱に捌きたてのうなぎをイン/三条大宮

カフェのような雰囲気ながら、本格的なうなぎ料理を提供する和食店。捌きたてのうなぎは臭みがなく、パリッとした皮とふっくらした身の旨みが堪らない。白焼きをはじめ、うなぎ巻きや天ぷらなど多彩なうなぎ料理のほか、おばんざいも豊富。

土用の丑の日は通常営業。テイクアウトは前日までの予約がベター
※土用の丑の日と前後の2日間は、うな丼(1/2尾)2310円や上うな丼(1尾)4400円などうなぎのメニューのみ提供。う飯重の提供なし

2段のお重が食欲をそそる、う飯重1760円。うなぎは三河一色産が中心で、職人歴15年の店主が腕を振るう

碓屋

  • うすや
  • 京都府京都市中京区三条通大宮西入ル 上瓦町58
  • 地下鉄「二条城前駅」から徒歩7分
  • Tel.075-823-0033

5.丼からはみ出る出し巻きは圧巻![京極かねよ]のきんし丼/河原町

100年以上、京都の街人を見守ってきたうなぎ料理の老舗。蒸してから備長炭で焼く江戸焼きうなぎに欠かせないのが、丼からはみ出る大きなサイズの出し巻き。

土用の丑の日は店内飲食、テイクアウト共に可 ※予約不可
7月23日(土)は11:30〜21:00(LO/20:30)の通し営業。(ただし売り切れ次第閉店)
8月4日(木)は通常営業

京極かねよのきんし丼(並)

きんし丼(並)2800円(テイクアウトは2900円)。京風出し巻き×江戸焼きうなぎという、シンプルで最強のコンビネーション。追いダレや山椒などで味の変化を楽しんで

京極かねよ

京極かねよ

  • きょうごくかねよ
  • 京都府京都市中京区六角通新京極東入ル松ヶ枝町456
  • 地下鉄「京都市役所前駅」から徒歩6分
  • Tel.075-221-0669

6.うなぎの味と大きさにこだわった[うなしげ]の豪華うな重/御所周辺

カウンターの奥に設置された生け簀にいるのは、生きたうなぎ。注文が入ってから蒸し始めるため、関東風ならではの美味しさを楽しめる。蒸してから甘さを抑えたタレをくぐらせ、つけ焼きすること3回。脂っこさは全く感じず、豊かな味わいだけが口に広がる。

土用の丑の日は通常営業。
テイクアウトは、鰻弁当並(1尾)4000円、鰻弁当大(1.5尾)5500円、うまき2350円のみ可。
※店内飲食、テイクアウト共に早めの予約がベター

うなしげ

うな重(大)6000円。1尾の並でも充分な食べ応えながら、1尾半をのせた大の豪華さはまた格別。お米は滋賀のキヌヒカリ(価格は変動する可能性有)

うなしげ

うなしげ

  • 2022年03月01日 open
  • 京都府京都市上京区新烏丸頭町180 グラスド御所1F
  • 京阪「神宮丸太町駅」から徒歩7分
    バス停「河原町丸太町」から徒歩3分
  • Tel.075-741-8435
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

↑

サイト案内