老舗が原点の和菓子で新たな挑戦をする[本家尾張屋 菓子処]

2020年09月16日 open

蕎麦の老舗として知られる[本家尾張屋]は約550年前の室町時代、尾張から京都に菓子職人として呼ばれた先祖が始まり。江戸時代に初代が蕎麦屋を始め御用蕎麦司になると蕎麦と菓子の両方の顔をもってきたが今回、店のルーツである和菓子にフォーカスした菓子処を本店横にオープンした。今注目のデザイナー・柳原照弘氏が手掛けた店は、蕎麦殻が練り込まれた土壁と重厚感ある大きな研ぎ出しのカウンターが調和する端正な佇まい。カウンターにはそば餅1個130円、蕎麦板、蕎麦わらびもちと、明治時代から歴代当主が考案した代表銘菓が並ぶ。現当主の十六代目の新ブランド「No.16」はチョコレートと蕎麦を融合させており、新境地への更なる展開も楽しみだ。蕎麦板クランチチョコレート「No.16」9個入り864円、12個入り1188円は4月末までの期間限定商品。

蕎麦板クランチチョコレート「No.16」9個入り864円、12個入り1188円は4月末までの期間限定商品

蕎麦板クランチチョコレート「No.16」9個入り864円、12個入り1188円は4月末までの期間限定商品

週に1回焼きたてを販売している、まろやかなこし餡を包むそば粉が入った皮が香ばしいそば餅1個120円

週に1回焼きたてを販売している、まろやかなこし餡を包むそば粉が入った皮が香ばしいそば餅1個120円

本家尾張屋 菓子処 ほんけおわりや かしどころ
2020年09月16日 open
京都市中京区車屋町通二条下ル仁王門突抜町322
075-231-3446
11:00~16:00
金・土・日曜のみ営業
全席禁煙 完全個室無 駐車場無
https://www.instagram.com/honkeowariya_kashi/
イートイン不可