M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!

FOLLOW US

2022.8.8
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter
一度は訪れたい!京都・花手水の名所

[2022]京都の寺院・神社で出合う!花手水(はなちょうず)の名所6選

ここ数年SNSなどで話題の「花手水(はなちょうず)」。花手水とは、神社や寺院でのお参り前に手や口を清める手水舎の手水鉢に草花などを浮かべること。今回は花手水発祥の寺院から、愛らしいアヒルの人形に彩られた話題の寺院まで、京都でおすすめの花手水の名所を紹介します。

1.[楊谷寺]花手水発祥の寺/長岡京

眼病平癒の祈願所として信仰を集める[楊谷寺]。「不安な現代にご利益と共に五感を通じて心に平安を」との思いから2017年に花手水をスタート。SNSなどで話題となり花手水発祥の寺として、全国的に知られるようになった。現在は境内の5箇所で四季折々の草花を浮かべた花手水を楽しむことができる。

揚谷寺の花手水

楊谷寺

  • ようこくじ
  • 京都府長岡京市浄土谷堂の谷2
  • 京都縦貫自動車道「長岡京IC」から車で10分
    毎月縁日(17日)には阪急「西山天王山駅」・JR「長岡京駅」から送迎シャトルバス有(有料)
  • Tel.075-956-0017
  • 花手水実施期間/通年

2.[勝林寺]手水鉢いっぱいの鮮やかな花手水/東福寺

[東福寺]の塔頭寺院(本寺の境内にあるお寺のこと)の一つ[勝林寺]。手水鉢いっぱいに鮮やかな色彩の草花が浮かぶ花手水は、その美しさと華やかさが魅力。御本尊などは年2回の特別拝観を除き非公開だが、花手水は年間を通じて見ることができるので、心華やぐ花手水を眺めに足を運んでみて。

勝林寺の花手水

勝林寺

  • しょうりんじ
  • 京都府京都市東山区本町15-795
  • JR・京阪「東福寺駅」から徒歩8分
  • Tel.075-561-4311
  • 花手水実施期間/通年

3.[北野天満宮]生け花のような躍動感ある花手水/上七軒

学問の神様・菅原道真公を祀る全国天満宮・天神社の総本社[北野天満宮]。楼門横の手水舎では、生け花のような躍動感ある美しい花手水に出合える。花手水は毎週入れ替わるほか、行事などにあわせテーマを持たせた花手水が人気を博している。

北野天満宮の花手水

北野天満宮

  • きたのてんまんぐう
  • 京都府京都市上京区馬喰町
  • 嵐電「北野白梅町駅」から徒歩5分
    バス停「北野天満宮前」から徒歩すぐ
  • Tel.075-461-0005
  • 花手水実施期間/通年

4.[二尊院]趣向を凝らした季節の花手水/嵯峨

法然上人とのゆかりが深い紅葉の名所[二尊院]。「季節折々、自然の彩を感じ美しいと思える自分の心を大切にしてほしい」との思いから、季節毎に趣向を凝らした花手水を実施している。夏には青もみじと向日葵やマリーゴールドなどの花々が爽やかに競演。小倉山の麓で花手水を眺めながら涼を感じてみて。

二尊院の花手水

二尊院

  • にそんいん
  • 京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
  • バス停「嵯峨釈迦堂前」から徒歩10分
    JR「嵯峨嵐山駅」から徒歩19分
  • Tel.075-861-0687
  • 花手水実施期間/通年

5.[くろ谷 金戒光明寺]アヒルが飾られた癒やしの花手水/岡崎

新選組発祥の地として知られる[くろ谷 金戒光明寺]。こちらの花手水は季節の草花を浮かべた手水鉢をぐるりと囲むアヒルの人形が特徴。元々は亀の人形を飾っていたが盗難にあい、参拝者が寄進したアヒルの人形を飾ったところ可愛いと話題になったんだそう。ほんわかとしたアヒルの表情に癒やされる季節の花手水を訪ねてみて。

金戒光明寺の花手水

くろ谷 金戒光明寺

  • くろだに こんかいこうみょうじ
  • 京都府京都市左京区黒谷町121
  • バス停「岡崎道」から徒歩10分
  • Tel.075-771-2204
  • 花手水実施期間/通年

6.[三室戸寺]不動明王を囲む季節の花手水/宇治

西国三十三所観音霊場の第10番札所であり、京都有数の花寺として知られる[三室戸寺]。手水舎「霊泉不動水」に鎮座する不動明王の周りを囲むように、紫陽花、蓮など季節の花々が浮かび花寺の四季に彩りを添える。同寺の花手水は季節限定のため、詳細は公式サイトを要チェック。

三室戸寺の花手水

三室戸寺

  • みむろとじ
  • 京都府宇治市莵道滋賀谷21
  • 京阪「三室戸駅」から徒歩15分
  • Tel.0774-21-2067
  • 花手水実施期間/季節限定(詳細は公式サイトを要チェック)
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

↑

サイト案内