M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!


2021.4.19
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter

編集部イチオシ!京都で食べる韓国料理6選

最近、海外に行けなくてウズウズしている人も多いのではないでしょうか?今回は、京都で気軽に韓国料理が味わえる店を名物料理とともに6店ご紹介。

韓国料理好きな編集部員が選んだ店で、現地気分を味わってみて♩

※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

1.[ソガシッタン]で韓国旅を思い出すテールスープ

[ソガシッタン]とは“徐家の食堂”という意味。オーナーの徐一繁さんが、女手ひとりで育ててくれた母への感謝を込めて、母の得意料理を振る舞う韓国スープ専門店をオープン。

コクがあるのに後味はすっきり。ごはん、ナムル、キムチなどが付く、徐家特製近江牛テールスープセット1280円。スープ単品は1080円

ソガシッタン

2.大阪の人気参鶏湯店が京都に初出店[韓国食堂 入ル ゴショミナミ]

医食同源の代表格「参鶏湯」を気軽に味わえる専門店は、大阪にある[入ル]の3号店。丸鶏の中にもち米だけを詰めて、高麗人参とナツメなどに、塩と胡椒をしたスープで煮込むシンプルスタイル。

もち米が溶けだしスープがトロリ。鍋底が見えるまで食べてしまうほど、クセになる本格派。参鶏湯1人前1980円(税込)(写真は2人前)

韓国食堂 入ル ゴショミナミ

3.肉好きも舌を鳴らす[Brisket RONY]のチャドルバギ

京都に初めてオープンした、牛の肩〜脇腹辺を指す前バラ肉の一部「ブリスケ」の専門店。今注目を集める、人気上昇中の希少部位を韓国料理のチャドルバギで味わって。

チャドルバギ たいらぎ貝セッ1人前2300円。韓国ではメジャーなたいらぎ貝はあっさりとした味。高菜や塩と一緒に食べるのが本場のスタイル

Brisket RONY

4.釜山の名物鍋ナッチポックンを京都で[出町スタンド]

韓国テイストの豚焼きと鍋が名物。特に唐辛子などを入れた特製味噌で和えた手長ダコを中心に、豚肉や野菜を入れたナッチポックンがおすすめ。絶妙な辛さで癖になりそう。

特製味噌を全体に混ぜ合わせると鍋が一面真っ赤に! 〆はごはんを絡めた焼き飯(+500円)がおすすめ。ナッチポックン 1人前1480円(2人前から)

出町スタンド

5.滋味深いタッカンマリの虜になる[韓屋 具っさんとこ]

店主の具さんによる本格韓国料理店。一番人気は鶏1羽丸ごと煮込んだタッカンマリ。味付けは塩だけとシンプルながら鶏の旨みをダイレクトに味わえる一品。

じっくり煮込んだ鶏はやわらかくてホロホロ。トッポギやジャガイモ、春雨などをトッピングして。タッカンマリ2900円(2~3人前)~

韓屋 具っさんとこ

6.リアルでディープな韓国焼き肉がここに[ナグネコプテギ]

[ピニョ食堂]の姉妹店ゆえ、本場の美味は保証付き。炭火でカルビやホルモンを焼き上げる、そんなソウルの街角のような活気溢れる風景が、韓国好きの心を躍らせる。

牛中落ちカルビ 1500円

ナグネコプテギ

※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

サイト案内