M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!


2021.10.26
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter

[TOKINOHA Ceramic Studio]つくり手  的場 美幸さんのインタビュー

[TOKINOHA Ceramic Studio]の「TOKINOTANE」のブランドを手掛ける的場 美幸さんに、モノ作りへの思いをお聞きしました。

1.Q.陶芸家になろうと思ったきっかけを教えてください。

出身は岡山県です。広島の大学で陶芸の世界に触れ、これを生涯の仕事にしたい!と思いました。きっちり基礎を学ぶため関西に移って、京都府立陶工高等技術専門校に入学。専門校に通いながらとある窯元や[TOKINOHA Ceramic Studio]でアルバイトを4年ほど続け、2021年から[TOKINOHA Ceramic Studio]の社員です。
陶芸でたどっていく工程のすべてが面白いと思うのですが、私が特に惹かれているのは釉薬かな。同じ調合でも気温や温度、土との相性でまったく同じ色にならないところが毎回、実験しているみたいに楽しいんです。
まだまだ新人なので細々とした雑用も多いですが、最近はタタラ成形も担当させてもらっています。粘土を薄くスライスしたり、板状にしたり、曲げたりして、さまざまな形をつくる手法ですね。

2.Q.「TOKINOTANE」で最近手がけたものは?

ろくろを用いた「copper」シリーズのボウル。

3.Q.3時のおやつといえば?

甘いもので好きなのはアイスクリームですかね。バニラが好きなので、夏場はよく買います。

4.Q.好きな作家さん、アーティストがいらしたら教えてください。

ウィーン出身、イギリスで活躍した陶芸家のルーシー・リーさん。日本でよく知られているバーナード・リーチや柳宗悦とも交流があったそうです。あたたかみのあるうつわの色合いだけでなく、戦争に翻弄されながらも作陶し続けた、彼女の生き方にも感銘を受けます。

5.経歴

2018年 尾道市立大学 卒業
2020年 京都府立陶工高等技術専門校 卒業
2021年4月[Tokinoha Ceramic Studio] 入社

※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

あわせて読みたい

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

サイト案内