M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!


2021.10.26
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter

[TOKINOHA Ceramic Studio]つくり手  木下 萌珠さんのインタビュー

[TOKINOHA Ceramic Studio]の「TOKINOTANE」のブランドを手掛ける木下 萌珠さんに、モノ作りへの思いをお聞きしました。

1.Q.陶芸家になろうと思ったきっかけを教えてください。

10代前半のころ、ろくろを回している動画を見た時の「これをやってみたい」というひらめきが全ての原点ですね。高校時代からろくろに触りはじめ、もっと深く学びたくて京都精華大学に進学、芸術学部で陶芸を専攻しました。岩倉に[HOTOKI]という、うつわのショップ・カフェ・陶芸教室を融合させた場所があるんです。そこでアルバイトをしていて、[HOTOKI]の代表でもある(清水)大介さんと知り合いました。2020年からは[TOKINOHA Ceramic Studio]の職人として働いています。陶芸が好きだという気持ちは、学生の時からずっと変わらなくて。土に、ろくろに、触れれば触れるほど、できなかったことができるようになるんです。ある日、急に自転車に乗れるようになるみたいに。それが魅力ですね。

2.Q.「TOKINOTANE」で最近手がけたものは?

「shiro-kuro」シリーズのシンプルなフリーカップ

3.Q.3時のおやつといえば?

手土産でよく利用しているのは、なめらかなこしあん入りのなま麩が笹の葉で包まれている、[半兵衛麩]さんの笹まき麩です。京都らしくって喜ばれます。

4.Q.好きな作家さん、アーティストがいらしたら教えてください。

京都精華大学出身のセラミックアーティスト・野田ジャスミンさん。
あと、現代日本の白磁を代表する京都府無形文化財保有者の竹中浩さんと交流させていただいてて、よく工房にお邪魔します。

5.経歴

2016年3月 大阪府立港南造形高等学校 卒業
2020年3月 京都精華大学芸術学部素材表現学科陶芸コース 卒業
2020年4月[Tokinoha Ceramic Studio]入社

※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

あわせて読みたい

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

サイト案内