M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!


2021.10.26
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter

[TOKINOHA Ceramic Studio]つくり手  清家 陽さんのインタビュー

[TOKINOHA Ceramic Studio]の「TOKINOTANE」ブランドを手掛ける清家 陽さんに、モノ作りへの思いをお聞きしました。

1.Q.陶芸家になろうと思ったきっかけを教えてください。

芸術系の高校に通ってグラフィックデザインを専攻していたのですが、将来もずっと仕事として続けていくイメージが持てず、うつわのつくり手に方向を転換しました。卒業後は、京都の伝統工芸である京焼・清水焼の後継者を育成する京都府立陶工高等技術専門校に入って、うつわの知識と技術を本格的に学びました。2021年の春、[TOKINOHA Ceramic Studio]に入社して実感したのは、専門校で学んだことは基礎中の基礎だったということ。今もまだ知らないことだらけで、憶えることが山積みの日々に奮闘しています。釉薬をはじく薬をかけたり、うつわを窯詰め、窯出ししたりというのが[TOKINOHA Ceramic Studio]での日々の業務。その合間に「TOKINOTANE」のうつわづくりと向き合っています。

2.Q.「TOKINOTANE」で最近手がけたものは?

薄くて軽い「shiro-kuro」シリーズのV-カップ

3.Q.3時のおやつといえば?

あえていうなら、大福かな。やわらかいお餅とあんこのシンプルなのも好きですし、季節のフルーツがゴロッと入ったのも特別感があって好きです。

4.Q.好きな作家さん、アーティストがいらしたら教えてください。

最近、面白いなと思ったのは木梨憲武さん。今年、[京都文化博物館]で行われていた『木梨憲武展Timing―瞬間の光り―』を訪れ、カラフルでポジティブな作品を楽しませてもらいました。

5.経歴

2018年 大阪市立工芸高等学校 ビジュアルデザイン科 卒業
2021年 京都府立陶工高等技術専門校 総合コース 卒業
2021年 4月[Tokinoha Ceramic Studio]入社

※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

あわせて読みたい

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

サイト案内