M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!


2021.7.21
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter

暑い日も食が進む!京都の名物冷麺7選

ツルッと食べられる夏の定番メニューと言えば冷麺。京都の冷麺を牽引する老舗からニューノーマルな逸品まで、編集部が厳選する7軒を紹介。彩り豊かで見た目も美味しい冷麺は、SNSで自慢したくなること間違いなし!

※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

1.常連客待望![みね八]の和風冷麺/上鳥羽

6~8月限定の特製和風冷麺1000円は鶏のムネ肉や錦糸卵など、シンプルな具材。料理には良質な井戸水を使用している。

場所/京都市南区吉祥院長田町65-3
交通アクセス/市バス「上鳥羽馬廻」から徒歩1分

みね八

2.[元祖熟成細麺 香来 壬生本店]のぷりぷり麺とトッピングの食感を楽しむ/大宮

ストレートの細麺の上に、チャーシュー、キクラゲ、錦糸卵、トマト、レタス、春巻きの皮をトッピングした夏季限定の特製冷麺並880円。タレは、胡麻か醤油をチョイス

場所/京都市中京区壬生馬場町35-5
交通アクセス/阪急「大宮駅」から徒歩5分

元祖熟成細麺 香来 壬生本店

3.[ハマムラ 近鉄名店街 みやこみち店]の胡麻冷麺/京都駅

上質な金いり胡麻のペーストを加えた特製ダレに注目したい胡麻冷麺1100円。煎った胡麻を振ってさらに香ばしさをプラス。8月31日までの期間限定。

場所/京都市下京区東塩小路釜殿町31-1
交通アクセス/JR「京都駅」から徒歩1分

ハマムラ 近鉄名店街 みやこみち店

4.瑞々しい野菜と茶そばの緑が涼やかな[六条 招福亭]の冷麺/五条

キュウリやトマトなど新鮮な夏野菜に、鶏の照焼き、エビ、ゆで卵と具だくさんな茶そば冷麺950円。酢と胡麻油の風味が効いた自家製のタレも食欲をそそる。5月上旬~10月上旬頃まで

場所/京都市下京区新町通六条上ル艮町891
交通アクセス/地下鉄「五条駅」から徒歩4分

六条 招福亭

5.丹念に作り上げる[みその橋 サカイ]の琥珀色スープ/御薗橋

味わい深いスープに甘みと酸味のバランスが絶妙なタレを合わせる、焼豚冷麺760円。麺は特注のツルツル太麺、具は自家製焼き豚ときゅうりなど

場所/京都市北区大宮東総門口町38-3
交通アクセス/市バス「大宮田尻町」から徒歩1分

みその橋 サカイ

6.暑くなると恋しくなる[楽仙樓]の甘すっぱい冷麺/烏丸

シコシコの麺の上には絶妙なやわらかさの蒸鶏など、大ぶりの具がたっぷりの冷麺。よりさっぱりしたいなら黒酢冷麺もおすすめ。各1000円(夜は1100円)で9月末頃までの提供

場所/京都市下京区東洞院通四条下ル元悪王子町37 豊元ビル1F
交通アクセス/阪急「烏丸駅」から徒歩1分

楽仙樓

7.最後の一滴まで完食したい[総本店 媽媽菜館 六花]のスープ冷麺/百万遍

さっぱりしていながらほんのり胡椒の効いたスープ冷麺 六花ロン麺820円。蒸し鶏、白菜キムチ、煮蛋、チンゲン菜、九条ねぎなど充実のトッピングで満足感ある一杯。お好みでラー油を加えても

場所/京都市左京区吉田泉殿町4-9
交通アクセス/市バス「百万遍」から徒歩1分

総本店 媽媽菜館 六花

※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

サイト案内