伝説に彩られた静原と鞍馬の境界「薬王坂」

北山の静原と鞍馬を結ぶ峠道に「薬王坂」がある。「やこうざか」とも「やっこうざか」とも呼ばれる。

 

以前、二ノ瀬の夜泣き峠を紹介したが、「坂」や「峠」は、里(村)への入口でもあると同時に出口でもあった。また、坂は峠によって両側の里(村)を裂く場所、つまり境界として存在した。

"峠"はこの世とあの世の境目

悲運の皇子伝説と悪疫を封じた「夜泣き峠」って?

悲運の皇子伝説と悪疫を封じた「夜泣き峠」って?

例えば、日本神話に登場する「黄泉比良坂(よもつひらさか)」は、あの世と現世との境界、黄泉への入口とされる。京都でも洛中洛外の境には「坂」が存在し、また、清水寺周辺の三年坂には転ぶと3年以内に命を取られるといった都市伝説も加えられた。古くから現代に至るまで、「坂」はあの世に近しい場所として考えられてきた。

 

静原と鞍馬の境界にある「薬王坂」の歴史は古い。叡山延暦寺と鞍馬寺を最短距離で結び、それぞれの僧侶が行き交う道であった。

平安時代初期の人物、伝教大師最澄は鞍馬で薬王如来の像を造って比叡山へ帰る途中、この坂を通りかかる。その時、目の前に薬王が姿を現したという。それが、この坂の名称となったと伝わる。

江戸時代、鞍馬は京と丹波国を結ぶ交易拠点の「市場」として商人と牛馬でごったがえすほど栄えた。その賑わいをみせる市場へ通い、大原や静原の里人が足繁く通い、日常の生活用品や衣類などを買い求める生活道として使われていた。

 

今回は、薬王坂を静原の里側から歩いてみた。里の西端に上り口があり、滑り止めが施された舗装道の急坂を上っていくと、途中から登山道が迎えてくれる。


静原側から薬王坂入口に向かう急坂

いくつかバンガロー風の建物が見られ、中腹あたりに来ると、赤松の巨大な古木の根元に立てられた石仏に出合った。少し前に傾いているが、まるでその古木の根に抱かれているように見える。説明板には「弥陀二尊板碑」とあった。


弥陀二尊板碑

板碑は南北朝時代後期のもので、在俗出家夫婦の妻が夫の菩提を弔い、後生安楽を祈って立てたものらしい。花崗岩の板碑に二体の阿弥陀如来が浮き彫りにされているが、約600年もの間、風雪に耐えて鎮座し続けている。

夫婦でこの板碑に詣り、坂越えをすると末永く夫婦円満で過ごせるとも聞く。境界を越える峠越えには、どんな危険が伴うかわからない。旅人は坂を通る度、板碑に無事を祈願したようだ。板碑は昨年(2018年)9月に京都に甚大な被害を出した台風21号にも耐え、健在だ。

ところで、『平家物語』の中に後白河法皇が薬王坂を越える場面が登場する。その記述を見ると、険しい難所だと記される。実際に坂道を上ってみると、よく踏み固められた道だが、両側から覆うように樹木の影が落ちて昼なお、うす暗い。眺望は望めず、落ち葉を踏む音だけが響く。まさに異界の地を行くような気分だった。京都の峠や坂には、そんな場所が多く残っていることにも驚かされる。


薬王坂の様子


薬王坂の峠付近に祀られる、お地蔵さん


薬王坂の峠付近にある、鞍馬と静原(の境界)を示す標識

かつて様々な立場の人が越えた薬王坂も今、行き交うのはハイカーくらいになった。が、途中で出合った弥陀二尊板碑とともに、これからも昔と変わらず往来する人たちの無事を見守り続けてくれることだろう。


薬王坂を鞍馬側へ下りる。鞍馬の町並み

西陣の人々に親しまれる奇石「岩上さん」

京都の西陣に、大きな奇石を祭神とする小社がある。場所は上立売通浄福寺東入ル。小さな鳥居と覆屋があり、神社の名は「岩上神社」という。

覆屋の中には、しめ縄をかけられた大石が鎮座している。石の大きさは直径が1mほど、高さは2m足らずといったところか。その名の通り、石というよりも岩である。

大岩の祀られる岩上神社


地元では「岩上」さんと親しまれている

そして、この奇岩には次のようなエピソードがあった。

もともと堀川二条付近にあったものだというが、二条城築城の際に六角辺りに移された。それが寛永年間になって再び、中和門院(後陽成天皇の女御の一人)の御所の庭の美しい池の畔に移された。

ところが夜な夜な、その池の辺りから啜り泣きが聞こえる。さらに耳を澄ませると、「帰りたい、戻りたい」と聞こえるではないか。不審に思った女官が池の畔に近づいてみると、見知らぬ子どもが泣きベソをかいている。「どこから来たのか?」「どこの子か?」と問うても、その子どもは泣くばかり。そして、スーッと暗闇に消えてしまった。女官から報告を受けた官吏が不審に思い、日を変えて調べてみると、池の畔の大岩が泣いていることがわかったという。

大岩を元の場所へ帰してやりたいと中和門院は願ったが、どこへ帰してよいのかわからない。相談した先の真言宗蓮乗院の僧侶が大岩をもらい受け、現在の地に遷して祀った。すると、怪異はピタリと止み、大岩を祀った寺を「有乳山岩神寺」と称した。

そのことから寺は授乳の神様として信仰されるようになったとも、大岩が子どもの姿に変じたので、その岩を「禿童石(かむろいし)」と呼んだともいい、授乳や子育てに御利益があると尊ばれ、女性の参拝者が絶えなかった。

一説には、授乳の神様となったのには、大岩の形が男性のシンボルに似ているからとも言われる。大岩は「陽石」で、京都では数少ない性神だとする説もあるが、はっきりしない。その後、京都が焼け野原になった天明の大火(1788年)など度重なる大火災で寺は荒廃を極め、明治維新の時に廃寺となった。大正年間に岩上神社として祀られ、現在に至っている。

 

もうひとつ、この大岩には面白い話がある。

江戸時代の末期、この大岩を祀る岩神寺界隈に妖怪が子どもの姿に化けて出て、旅人や道行く人を脅した。「これでは夜に歩けない」と、人々はこの岩神様に安全を祈願したところ、妖怪は姿を見せなくなったという。大岩様の御利益か、それとも当時、荒廃を極めていた岩神寺へ町衆の関心を向けるため、大岩様が子どもに化けてイタズラをしたのかもしれない。そうだとしたら、なかなかお茶目な神様だと思うのだが。

岩上神社を後にし、すぐ東に建つ、こちらも西陣の人々に親しまれてきた「雨宝院」に立ち寄ってから帰路についた。

 


岩上さんのすぐ近くにある、桜の名所・雨宝院

 

平成の時代が終わり、新しい元号の時代になっても、大岩様は「岩上さん」と西陣の人たちから親しまれ、町と人々を見守り続けてくれるだろう。

 

京都では珍しい!?浮気封じ、縁戻しの神様

「あの人の心を取り戻したい」「あの人の浮気グセをなおしたい」そんな切なる想いに一役かってくれる神様が、京都に存在した!

それは、京都市上京区大宮廬山寺上ルにある櫟谷七野(いちいだにななの)神社で、七野神社とか春日神社と呼ばれている。

 

七野とは、周辺の地名である内野・北野・平野・上野・紫野・蓮台野・〆(しめ)野の7つを指す。〆野ではなく柏野や萩野、頭野をいう場合もあるようだ。七野は昔の京都の三大葬送地のひとつで、この神社は、七野の総社として祀ったともいわれる。

 

七野神社がなぜ、縁戻しの神様になったかというと、次のようなエピソードが残る。

平安時代、宇多天皇(在位887~897年)の御代のこと。皇后のもとに帝のお越しがパタリと途絶えてしまう。帝は他妃のところへ通っておられる様子。悲しんだ皇后は七野神社に参拝した。その祭神は奈良の春日社と同神で、社は藤原家の氏神のため、藤原家出身の皇后はこの神社に詣でたという。皇后は神前に白砂を盛り、奈良の三笠山を模して山型を作り、帝の寵愛が戻ることを祈願した。その甲斐あって、帝は再び皇后のもとに通われ、夫婦円満になったと伝わる。

以来、この社は倦怠期の夫婦仲を円満にするとか、復縁に御利益があると信仰されるようになる。高貴な方でも庶民でも、昔人でも現代人でも、男と女の間は変わらないようだ。

 

そこで、神社を訪ねてみた。

だが、たどり着くのに苦労した。周辺の道は狭く、込み入っていた。道に迷い、雨もパラついてきた。しかも、寒い。焦りながら道行く人に何度も尋ね、民家の間の細い路地を抜けて、ようやく七野神社の鳥居に出合うことができた。天候のせいか、境内はがらんとしていた。


櫟谷七野神社の鳥居


社殿と賀茂斎院跡


境内に立つ、春日社の使いの鹿

石段を上って社殿の前に出ると、机が置かれ、その上に盛り砂(石?)の小山が出来ていた!

社の説明を読むと、復縁、浮気封じ、その浮気相手の縁切り、はたまた離れたい夫(妻)や恋人との縁切りに御利益があるらしい。復縁だけでなく、縁切りというのは、平安時代の皇后が願を掛け、帝の寵愛を取り戻した、つまり、他妃との縁が切れたということからきているのだろう。

社のお守りには白砂が入っていて、縁を切りたい相手の衣服や持ち物などに白砂をこっそりしのばせておくと、縁が切れるとのこと。「相手の家の敷地や職場の机やロッカーなどにそっとひそませ念をかける」という説明を目にし、自分のポケットやデスクの引き出しに白砂が人知れず入れられていたらどうしようと、ゾッとなった!

説明を読んだ後、積まれた白砂を見ると、さらに願掛けした人の想いが迫ってくるようだ。白砂と社のご祈祷には凄いパワーがありそう……。


願いが込められた白砂の山

ここで、はた、と気づいた。この神社にたどり着くのに、あちこちの人に必死に道を尋ねていた自分は、その方たちから見ると相当、切羽詰まって見えたのではないか?

 

ところで、昔は社殿の周囲には南天の木がたくさん植えられていたそうだ。南天は「難を転じる」という語呂合わせから、厄除けとして歓迎されてきた。境内を見回したところ、現在は南天の木は見つけられなかった。


別の場所で見つけた南天。
難を転じてくれると伝わる

 

気がつけば雨はやんでいて、無事、撮影することができた。一時的に雨と縁が切れた?

京都という街は、路地を歩けば千年以上の歴史を伝え、人々に信仰されてきたスゴイ神さまに出会うことができる。これはやはり京都の醍醐味といえるだろう。

日本で唯一、髪の神様は嵯峨嵐山にいた

古来より、女性にとって髪は「命」と言われてきた。平安時代の美人の条件は、しもぶくれのふっくらした顔立ちや切れ長の目のほかに、黒々と豊かで艶のある長い髪も、そのひとつだったことは、よく知られている。

髪質や髪型、髪の色を変えただけで、その人の印象がガラリと変わるといわれるだけに、現代人にとっても髪は重要だ。もちろん女性だけでなく、特に年配の男性などは髪の太さ、多さは気になる人も多いだろう。

その髪を守ってくれる日本で唯一といわれる神様が、嵯峨嵐山にある。百人一首で知られる小倉山の麓に建つ「御髪(みかみ)神社」が、それだ。


渡月橋より右手に見える小倉山を眺望する


嵯峨野の竹の道を抜けて御髪神社へ


小倉池の奥に見えるのが「御髪神社」

小倉池の西側にある、こぢんまりとした神社で、昭和36(1961)年、京都の理・美容業者によって亀山天皇御陵の近くに建てられた。


御髪神社。左上方に虹色のオーブが!
(虹色のオーブは"幸福のサイン"とも言われている)

祭神には、髪結いの始祖といわれる藤原采女亮政之(ふじわらのうねめのすけまさゆき)を祀っている。政之は鎌倉時代に活躍した髪結師で、次のようなエピソードを今に残す。

亀山天皇(1259~1274)の御代のこと。皇居の宝物護衛にあたっていた政之の父が宝刀の「九王丸」を紛失。それを探す旅に同行した政之が、生活の糧を得るため、庄屋の婦女の髪を結って父を助けたといい、これが髪結い職の起源となったとされている。今も神社は理・美容業界の人たちから崇敬され、昭和の初期まで、全国の理・美容業者は政之の命日を毎月の定休日としていたそうだ。

近年、御髪神社には理・美容関係者だけでなく、多くの参拝者たちが訪れる。その御利益にあやかろうと、境内に奉納された絵馬には、「髪が増えますように」といった、切なる願いをこめたものが多い。神社では、「献髪(けんぱつ)」といって、献髪料300円を払って神職の方に自分の髪を少しだけ切ってもらい、献納袋に入れて境内の「髪塚」に納めさせてもらうと、「髪と身体の健康」と「ご多幸」を祈願して、ご祈祷していただける上に、その髪は永久に髪塚で御護りされるとのこと。


御髪神社

また、神社の駒札には、「髪は人身の最上位にあって造化の神より賜った美しい自然の冠である……」ということが記されている。髪は自然の冠とは、言い得て妙というもの。

日本では昔から、"髪=神に通じるもの"として、神聖視されてきた。髪はその人の分身であり、髪には想いや力が宿るともいわれている。髪は願掛けにも使用された。現代の「赤ちゃん筆」という習慣も、その名残だろう。生まれた時からの赤ちゃんの胎毛で作った筆を誕生記念として残し、その子の頭脳明晰、長寿健康を祈る。

昔の人も現代人も、髪を大事にし、神秘を感じる感覚は変わっていないようだ。私たちも嵯峨路散策の折には必ず、参拝することにしている。

 

京都発祥!?「七福神信仰」

お正月の福神といえば、「七福神」が馴染み深い。商売繁盛の恵比寿天、五穀豊穣・開運招福の大黒天、武運の神として名高い毘沙門天、技芸上達の女神である弁財天、長寿・病気平癒の寿老人、健康長寿の福禄寿、開運・子宝の布袋尊をいう。この中で、布袋尊だけは実在の人物だったと聞く。

ところが、昔から馴染みのある神様のわりには、そのルーツをはじめ、意外に知られていないことが多い

 

室町時代に京都の商業発展によって広まっていったのが、七福神信仰だといわれている。記録では、1420(応永2)年に伏見で七福神をかたどった風流行列が行われ、祭礼や縁日などの風流(作り物や扮装)にも七福神の扮装が登場している。

そしてこの頃、七福神のコスプレをした盗賊が京都の町に横行した。賊に侵入された家の人々は、相手が盗賊だというのに、「福の神が到来した!」と大喜びし、すすんで財物を与えたというから、びっくりだ。それほど庶民の間には七福神信仰が浸透していた。

応仁の乱で京都が荒廃すると、人びとは七福神にあやかろうと福の神としていっそう歓迎し、町衆文化として根付いていった。

江戸時代になると、1月2日の初夢の習俗がひろまっていく。一年の初めに見る夢の吉凶によって、その年の吉凶を占いというもの。当然、誰でも吉夢が見たいと願う。そこで、「枕の下に宝船に乗った七福神の絵を入れて眠ると吉夢を見て、七福神の福徳を得られる」といった民間信仰が流行する。宝船の絵に米俵や金銀、隠れ蓑(悪霊から身を隠すため)などの縁起物を描き、七福神を乗せている。うまく吉夢を見た場合、その宝船の絵を懐中に納めて一年の幸を願った。


人魚. 4 (国会図書館デジタルコレクション所蔵より)

 


「七福神馬車の乗込」の2点 (国立国会図書館デジタルコレクション所蔵)。
宝船でなく馬車に乗る七福神。毘沙門天がおられないと思ったら、御者に!

 

では万が一、悪夢を見てしまった場合はどうすればいいのかというと、ちゃんと対処法があった。翌朝、宝船に乗った七福神の絵を川に流して払えばよい。もともと、吉夢を見るというよりは、悪夢を船に乗せて流す、つまり穢れを払ってくれるという夢違えがその原型だといわれている。

 

この七福神の「七」という数字は、どこから来たのか。仏教用語に「七」のつく言葉が多く、また、お経の中の「七難即滅、七福即生」に由来するとも、中国の「竹林の七人の賢人」にあやかっているともいう。

 

お正月の京都では古くから「都七福神まいり」が人気を集めてきた。今では全国にひろっている七福神まいりだが、その発祥は京都のようだ。

ゑびす神社(恵比寿神)、松ヶ崎大黒天(大黒天)、東寺(毘沙門天)、六波羅蜜寺(弁財天)、革堂(寿老人)、赤山禅院(福禄寿)、萬福寺(布袋尊)を指す。

 

正月松の内(京都では1月15日までをいう)に参拝すると、御利益が得られるというから、ぜひ、詣でておきたい。参拝の順番だが、どこから参っても御利益に支障はないらしい。

 


都七福神まいりのひとつ、赤山禅院の山門


赤山禅院境内の七福神像

 

七社寺を詣でるのは難しいという人には、泉涌寺七福神巡りはどうだろう。泉涌寺山内の塔頭にはすべての神様が祀られている。


泉涌寺

2019年は新たな元号が決まる年。今年のスタートに京都発祥の七福をめぐって、正月休みのなまった身体をほぐすとともに、御利益にあやかるのも一興だ。

 

摩訶異の入口へ戻る

京都の摩訶異探訪とは

京都の街のどこでも存在する伝承。それは単なる絵空事ではなく、この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく。。

摩訶異を検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!

メルマガ会員登録

WebLeaf から更新情報や
おすすめイベントをひと足早く配信中!

プレゼント応募

Leaf & WebLeaf 読者への
スペシャルギフトが毎月更新中