M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!

FOLLOW US

2022.3.23
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter
まるき製パンの内観

大宮にある[まるき製パン所]のコッペパンは唯一無二の味

五條天神社の門前町、松原京極商店街内。お昼時には行列をなす活気ある対面販売の店がある。昭和年創業の[まるき製パン所]だ。不動の人気を誇る「ハムロール」など京都に住む人なら一度はお目にかかる人気パンを生み出してきた。

まるき製パンのパン
まるき製パンのパン

左から、長さ20cmほどの厚切りハムカツが入ったカツロール240円。北海道産プルに仕上げた自家製小豆でシンプルに仕上げた自家製餡をサンドしたあんぱん170円。ボンレスハムとシャキシャキのキャベツ、酸味を控えたマヨネーズをサンドしたハムロール190円

店主の木元さんは「僕は昔からここのニューバードが大好きで。妻と結婚後、初代の義父が病気になり、いきなり二代目になった。ゼロからのスタートでした」と話す。義父にも教わりながら、昔からのシンプル製法を引き継いでいるという。かつて近隣の女子高生がお昼時に一斉に押し寄せたことで「コッペパンさえ作っておけば、好みの具材を挟めばいいから困らないかなと思いまして(笑)」と話す木元さん。すると自家製のあんぱんやカツロールなど、毎日違うパンが食べたくなると評判になったという。
 

まるき製パン所のスタッフ
 

毎日朝4時から16時まで一日数回、約1000個ほどのコッペパンを焼き上げる。店内では所狭しと元気なスタッフが行き交い、次々に表面にバターを塗り、コッペパンに具を挟んでいる。行列になりながらもすぐに順番が回ってくるのはこの軽快さゆえ。流れるように出来上がったコッペパンは、無添加で素朴なパンの味わい、だが決して誰にも真似出来ない味。この美味しさの虜になり、今日もコッペパンを買いに出掛けてしまうのかもしれない。

まるき製パンの外観

食パンデータ

  • 種類・値段/
    ①食パン(大角)270円
    ②山食パン260円
    ③ぶどう食パン(1山)250円
    焼きあがり時間/7:00ごろ

まるき製パン所

  • まるきせいパンじょ
  • 京都府京都市下京区松原通堀川西入ル北門前町740

  • 阪急「大宮駅」から徒歩8分
  • Tel.075-821-9683
  • 6:30~20:00
    日曜、祝日7:00~14:00
    ※売り切れ次第終了
  • 不定休
  • 駐車場2台
  • https://www.instagram.com/marukiseipansyo/
  • イートイン不可 
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

↑

サイト案内