厄除けを祈願する祇園信仰の総本社[八坂神社]

平安時代から疫病・災厄の除去を祈る祇園祭が行われ、大晦日には翌年の無病息災を祈るをけら詣りの火で雑煮を作り一年の無事を祈るなど、京都人と深い関わりを持つ八坂神社。祇園祭のクライマックスの還幸祭で、お神輿から御神霊がもどっていかれる場所。その八坂神社の本殿が、昨年の末に、国宝指定された。現在の社殿は、承応3(1654)年に四代将軍の徳川家綱によって建立されたもの。拝殿と本殿が大屋根で覆われた「祇園造」と呼ばれる建築様式はもちろん、祇園祭が創始されてから1150年以上という長い歴史を、その担い手と力を合わせ継承されてきた文化史的意義が認められたのだそう。境内末社の美御前社などゆっくり巡りながら、新しい年の平安を祈りたい。

八坂神社 やさかじんじゃ
京都市東山区祇園町北側625
075-561-6155
境内自由参拝
授与所9:00〜18:00
全席禁煙 完全個室無 駐車場無
http://www.yasaka-jinja.or.jp/
席はありません