海の京都・天橋立で名高い宮津にも伝わる怪談「皿屋敷」

夜な夜な、庭の井戸から悲しげな女の声がする。一枚~、二枚~、三枚~、四枚~、五枚~、六枚~、七枚~、八枚~、九枚~……あぁ、一枚足りぬ……。

『四谷怪談』『牡丹灯籠』と並んで、日本の三怪談の一つに数えられる『番町皿屋敷』のハイライトシーンだ。江戸時代から歌舞伎や浄瑠璃などで何度も演じられてきた。この怪談、実は日本各地に伝わっている。

この京都にも、その場所があった。

海の京都・天橋立で名高い宮津市にある菊姫稲荷が、それだ。国道178号線沿いの宮津漁港にほど近い波路町に祀られ、社の駒札には『丹州皿屋敷』と記されている。

菊姫稲荷と鳥居

 

皿屋敷伝説といえば、先に紹介した江戸の番町皿屋敷版が最も有名だ。青山播磨守主膳の屋敷に奉公にあがった娘・お菊が家宝である十枚一揃いの皿を誤って割ってしまう。その罪で、お菊は斬り殺され、井戸に投げ込まれる(あるいは自ら命を絶つ)。ところが、それは主人に可愛がられる美しいお菊に嫉妬した女中たちの仕業だった。夜になり、青山家の屋敷の井戸にお菊の幽霊が現れ、恨めしげに皿を数え出す。その後、青山家ではさまざまな災いが起き、お家は衰退していく、という話だ。

これが、姫路の『播州皿屋敷』版になると、お家騒動の陰謀とお菊に懸想して拒まれた男の意趣返しといった話になってくる。

『絵本稗史小説. 第4集』播州皿屋敷物語
国会図書館デジタルコレクション所蔵

 

では、宮津版ではどうなのだろう。

歴史をみると、享保2(1717)年から宝暦8(1758)年まで宮津藩の城主は青山氏である。一族の青山近江守幸澄の妻(妾)と家臣との不義密通事件や養子青山鉄之助の自殺など奇っ怪な事件が相次ぎ、その後、青山氏は美濃郡上へ転封させられている。

この実際の事件を題材に、後に「皿屋敷」の怪談が編まれたのではないか、と言われている。それなら、宮津版は発祥といえるかも! また、宮津に伝わる昔話には、当時の城主だった青山大膳幸道が、お菊という女が家宝の皿を一枚割ったので手討ちにした話が残る。


『絵本稗史小説. 第4集』播州皿屋敷物語
国会図書館デジタルコレクション所蔵

近年、菊姫稲荷は建て替えられて鳥居もお社もすっきりとし、様相が一変した。昔は社全体が鬱蒼とした木々に囲まれ、おどろおどろしく、うらぶれた雰囲気で近づくのもためらわれたと聞く。この稲荷から西北100メートルに「お菊井戸」と呼ばれる井戸もあったが、いつの間にか埋められたらしく、今は跡形もない。

菊姫稲荷の敷地の左隣りにはスーパーがあり、目の前の国道は車両の通行量が多く、この社が、かの有名な怪談の場所だと気づく人はあまりいない。だが、皆が寝静まった秋の夜長、この辺りを歩いてみれば、波の音に混じって、「一枚~、二枚~」と恨みを込めて皿を数える女の声が聞こえてくるかもしれない。うっかり「九枚~」の次を聞いてしまうと、恐ろしいことが起こるというが……。


稲荷から少し歩くと宮津湾が望める

京の迷子石。子どもを持つ親が怖れた、神隠し

「もーいいかい」「まーだだよ」町内のあちこちから、そんな声が聞こえる。かくれんぼをする子どもたちだ。しだいに夕暮れが迫ってきた。「もーいいかい」「……」まだ見つかっていない子が一人。そろそろ夕餉の時刻だ。遊びに飽きて勝手に家に帰ってしまったのかな、と他の子どもたちはかくれんぼをやめ、それぞれ家に帰っていく。

ところが、夜になり、ある家の両親が「うちの子が、帰ってこない」と慌て出す。昼間一緒に遊んだ子どもの家に尋ねてまわるが、誰も、かくれんぼの途中からその子を見ていないという。次の日も、その次の日も、子どもは帰ってこない。そこで町の人たちは「神隠しにあったにちがいない!」と騒ぎ出す。

明治時代の新聞を調べると、忽然と子どもが消えたという記事が掲載されている。ある日突然、人が姿を消してしまう現象を、昔の人は「神隠し」と呼んだ。

子どもの場合、大人たちと出かけて行き、大人の目を盗んで遊んでいるうち、はぐれてしまい迷子になるケースもあったようだ。現代なら、警察に届けて行方を捜査してもらうのだろうが、この時代、行方知れずになった人を探すには、どのような方法があったのだろう。

 

京都有数の盛り場として賑わう新京極通に、その名残があると聞いて、歩いてみた。


新京極商店通(四条側から)

明治5年、新京極通は東京奠都(てんと)で意気消沈した京都の復興政策の一つとして作られた。その新京極通三条下る桜之町(ろっくんプラザ東隣)にある誓願寺(さいがんじ)新京極通がなかった時代、この地に広大な敷地を誇っていて、境内に芝居小屋や見世物小屋、露店が建ち並び賑わっていた。

 


誓願寺


国会図書館デジタルコレクション所蔵『京都名勝便覧図会 明治改正』より。
よく見ると人、人、人で、賑わっている様子がわかる

その門前の左脇には今も、「迷子みちしるべ」と刻まれた石柱が立つ。これは当時、多くの人が往来する辻や参詣者で賑わう寺社に立てられ、人々や行方不明者の情報を知らせる掲示板として活躍した。


誓願寺前の迷子みちしるべ石

石柱をよく観察すると、右側の面に「教しゆる方」、左面の面には「さがす方」と彫ってある。つまり、右側には迷子を見つけた人がその子の家や両親を探すために子どもの特徴を書いた紙を貼りつける。そして左側には、行方知れずになった子どもの親が我が子の容姿、身につけていたものなどの特徴や連絡先を書いた紙を貼った。

この掲示板のおかげで、6~7割の行方不明者の身元が判明したという。それでもわからない時は、「神隠し」とか「天狗さらい」と言ったようだ。

福知山では、暗くなって「かくれんぼ」をすると「隠し神さん」に隠されると恐れ、夕暮れ時には遊びを切り上げて帰ってくるよう、親は子どもたちを戒めたという。また、京都市内でも昭和中頃まで、「ことりがくるさかい、はよ、帰り」と大人たちが急かしたと聞く。

京都で迷子みちしるべが現存する場所は、三箇所。一つはこの誓願寺の迷子みちしるべ、八坂神社の月下氷人石、北野天満宮の奇縁氷人石が、それだ。

現在では、新京極通を歩く人たちが迷子みちしるべに気を留める様子はほとんどない。だが昔、掲示板の役割を果たしたこの習俗を、石柱はひっそりと今に伝えている。


大正末期から書和初期の絵葉書。
新京極。奥に鳥居が見える(著者所蔵)


江戸時代の古絵図『文久改正新増細見京絵圖大全完』
御池から四条。上が北、下が南(著者所蔵)

京の妖し、ヒガンバナ。~明治の京都に出された奇妙な町触れ~

明治3年9月、京の町にちょっと奇妙なお触れが出た。「お触れ」というのは、今でいう法令のこと。図書館で『京都町触集成』を確認し、どんな法令だったか調べてみた。ざっと意訳すると、次のようになる。

――近頃、マンジュクサの根からカタクリに似せて粉を作り、菓子などに用いている。この毒にあたり、町民が困っている。マンジュクサの毒気は少なからず、食べ物に用いるのは一切、差し止める。作った者にはおとがめがある――といったような内容だ。

マンジュクサというのは、曼珠沙華(マンジュシャゲ)のことで、彼岸花(ヒガンバナ)を指す。秋の彼岸の頃、田んぼのあぜ道に火花を散らしたような姿で、真っ赤な花を咲かせる、ちょっと妖しげな雰囲気の植物だ。

彼岸の頃に群生するヒガンバナ

 

彼岸花には花から茎、根に至るまですべてに毒がある。アルカロイドといわれる毒で、口にすると吐き気や下痢を引き起こす。特に、球根の部分に多く含まれているという。その球根にはデンプンが含まれ、それから作った粉は片栗粉と見た目がそっくりらしい。


『非水百花譜. 第4輯』(国会図書館デジタルコレクション所蔵)より、彼岸花。球根に毒が多いと言われる

 

そんな恐ろしい粉を菓子の材料に使うなんて、明治時代に京都の町を襲った大量無差別殺人事件か、と疑ってしまう。だが、実は彼岸花の球根は長時間、水にさらせば毒が抜けて食用になるという。非常食として飢饉の際には食べられていたそうだ。お触れが出された後は、彼岸花を菓子に用いる者はいなくなったのだろうか?

 

ところで、彼岸花には多くの別名がある。それが、なかなか怖い。

死人花(しびとばな)、幽霊花、地獄花、しびれ花、毒花、狐花……といった具合だ。曼珠沙華という呼び名だけは、仏教での天上の花、天界の花という神々しい意味である。こういった恐ろしげな呼び名は、花がよくお墓の傍に咲いていることや、その見た目や毒のせいだろう。緑のなかで一際赤く咲いている様子は艶やかだが、一方で毒々しくも、禍々しくも見える。

昔からお墓の近くに咲いているのは、その毒により、土葬した遺体をもぐらやネズミなどの生き物から守るためだった。また、根から糊を作り、和紙の掛け軸にも使われていたのは虫除けになるからだとのこと。また、彼岸花は不吉な別名だけでなく、「花を摘んで家の中に飾ると、家が火事になる」という俗信もある。花の色や形から火花を想像させるのと、毒がある植物だから気軽に摘んではいけないという戒めなのだろう。

昔はあぜ道のあちこちで見られ、お触れまで出されるほど身近だった彼岸花。最近はほとんど見かけない。天上の花か、はたまた幽霊花か。怖いものは、なんとなく魅力的でもある。いずれにしろ、秋の京都の田園風景を彩る不思議な趣の花である。


伏見の竹藪を抜けたところに、ヒガンバナが咲いていた


白いヒガンバナも咲いていた


東京景物詩 及その他(国会デジタルコレクション所蔵)北原白秋の詩

京都に夏の終わりを告げる「地蔵盆」

7月末から猛烈な暑さが続く京都。お盆を迎え、大文字の送り火を見て夏が終わる……というイメージがある。が、もう一つ、晩夏に欠かせない京都発祥の行事がある。地蔵盆だ。一般的な「お盆」とちがって、その間の主役は子ども。だから「子どものお盆」とも言われる。お地蔵さんの毎月の縁日にあたる24日前後の土日には、京都のあちこちの街角で、地蔵盆の提灯が吊られ、灯が入る。


地蔵盆の飾り付けの様子


地蔵盆の提灯

昔からお地蔵さん(地蔵菩薩)は、地獄の鬼から子どもを救う守り神とされる。街角や山中に祀られ、交通安全なども祈願する身近な存在である。そのお地蔵さんに、日頃の感謝を伝えるのが、地蔵盆というわけだ。

その由来は、平安時代に遡る。六道珍皇寺の井戸から夜な夜な冥途へ行ったという伝説を持つ小野篁(おののたかむら)が、冥途で出合ったお地蔵さんが地獄で苦しむ人々を救っている姿を見て感銘を受け、六地蔵を彫ったと言われる。そこから地蔵盆に繋がったとされる。

「地蔵」というのは、サンスクリット語でクシティガルバという。クシティ=大地、ガルバ=胎内を表す。大地の「地」と(胎内のように)包み込むという意味の「蔵」で、地蔵という呼び名になったようだ。平安時代の貴族社会に地蔵菩薩信仰は広まったが、時代が下って室町時代に、初代将軍・足利尊氏が地蔵を信仰したことから、民衆の間にもその信仰が浸透したと聞いた。

さて、いよいよ地蔵盆が近づいてくると、町内会はにわかに慌ただしくなる。町内の祠からお地蔵さんに移動していただき、きれいに水洗いし、お化粧を施し前垂れをかける。三段、四段に設けたひな壇にお地蔵さんを据え、花や果実、水やお餅などを供えて飾り、提灯が吊られる。


お化粧を施されたお地蔵さん


ガレージの一角? 地蔵盆のひな段の飾り付け

準備が整うと、町内の大人と子どもが集まって僧侶の読経に始まり、ところによっては数珠繰りが行われる。福引きやゲームが催され、子どもたちが一番楽しみにしているおやつが配られる。

過去には、地蔵盆は宗教的意味合いが強かった。今でも町内会によっては先祖代々の位牌や亡くなった方の戒名を書いた紙を張り出したりして、町内で亡くなった人の霊を祀るそうで、この折に、感謝と供養をする。

ただ最近の地蔵盆は子どもが少なくなり、大人たちばかりが集ってお喋りしている姿が目立つ町内会もある。なんとも複雑な心持ちになるのだが……。

祇園祭に始まって六道まいり、大文字の送り火、そして地蔵盆。どれもが酷暑を乗り切るための人々の楽しみと知恵でもあり、地元の人の心を繋いできた。地蔵盆を目にすると、夏の終わりを惜しむ気持ちと、早く秋の気配を感じたい気持ちとが、ない交ぜになり、今年も不思議な情緒に駆られるのだった。


地蔵盆の日は、あちこちの路地が通行止めになる

絶世の美女だった檀林皇后と葬送地の入口「帷子の辻(かたびらのつじ)」

今年も京都に酷暑がやってきた。連日、35℃超えの中、ちょっと涼しくなれそうな話を拾ってみた。

北野白梅町から嵯峨嵐山を結ぶ通称「嵐電」の途中に「帷子の辻(かたびらのつじ)」という名の駅がある。「帷子」とは、ひとえの衣服で、生絹や麻布で仕立てた夏用の着物を指す。が、人が亡くなって入棺する時に着せる死に装束「経帷子」を連想させる。帷子の辻の名はまさに、その死に装束の経帷子に由来するらしい。


帷子の辻の道路標識

平安時代初期に、稀にみる美女といわれた皇后がいた。嵯峨天皇の后で橘嘉智子(たちばなのかちこ)という。後に檀林(だんりん)皇后と言われた彼女は、容貌だけでなく、賢くて仏教に深く帰依していた。彼女の美貌は仏に仕える僧たちの心を奪い、彼らは修行も身に入らないありさまだった。それを憂慮した皇后は、「自分の死後は亡骸を埋葬せず、どこかの辻に捨てて鳥や獣の餌にせよ」と遺言。そして朽ち果てていく様子を絵にするようにとも言い残し、この世を去ったという。

檀林皇后の遺体が捨てられた場所こそが、帷子の辻だと今に伝わる。一説には、皇后の棺に被せられていた帷子が風に飛ばされて落ちた場所だったともいうが。

皇后の遺体を風葬し、その様子を9つに分けて描いたとされる「九相図」が今に残る。生前の美しい姿、死、そして野に晒された遺体が膨張し腐っていくさま、鳥獣に食われ、白骨だけが転がり、ついに土に還っていく、というおどろおどろしい場面を描いた絵だ。今は美しくとも、年老い、そして死ぬと誰しも醜い姿となる。皇后は、美のはかなさ、世の無常を自らの身体で世に示したのだった。

その「檀林皇后九相図」と呼ばれる生々しい絵は、東山の六道の辻に建つ西福寺にある。

西福寺

六道の辻は冥途の入口だと言われるように、昔の京都三大葬送地の一つ「鳥辺野」の入口にあたる。また、西福寺は檀林皇后の祈願所だった寺だ。今年も8月7日~10日かけて行われる「六道まいり」の間、九相図が公開され、九相図に出合うことができる。目にすればきっと誰でも、何か感じるところがあるのでは……。

生者と死者の世界を分ける

あの世とこの世の境目だと信じられてきた場所「六道の辻」

あの世とこの世の境目だと信じられてきた場所「六道の辻」

ところで、修行に身が入らず皇后に恋慕していた僧たちは、彼女の死後、世の無常を知り、再び修行に励むようになったという。皇后は65歳で亡くなっているから、九相図は実写というわけではなく、後世になって描かれたようだ。

ちなみに、右京区嵯峨野に檀林寺という寺がある。檀林皇后が創建した寺に由来すると聞いた。美人で名高い皇后の名にふさわしく、境内は緑が美しく、秋には紅葉の名所となる、静かなたたずまいの寺である。


嵯峨野にある檀林寺

それにしても、皇后の立場で風葬を選び、また自らの意思で遺体を描くように言い残したのだとしたら、たぐいまれな美貌も、皇后という地位も、彼女にとっては「はかないもの」、つまりは無常でしかなかった、のかもしれない。

摩訶異の入口へ戻る

京都の摩訶異探訪とは

京都の街のどこでも存在する伝承。それは単なる絵空事ではなく、この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく。。

摩訶異を検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

https://lin.ee/13Cmapl

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!

メルマガ会員登録

WebLeaf から更新情報や
おすすめイベントをひと足早く配信中!

プレゼント応募

Leaf & WebLeaf 読者への
スペシャルギフトが毎月更新中