柚子実る、京の隠れ里

久しぶりに、水尾の里を訪ねた。

水尾へはJR京都駅から山陰嵯峨野線に乗って嵯峨嵐山駅の次、無人駅の保津峡で下車する。観光客でにぎわう嵐山とは愛宕山を挟んで反対側になるが、雰囲気はがらりと変わる。線路の高架下を保津川の渓流が豊かに流れ、山里の風情たっぷりだ。

mizunoo01

JR山陰嵯峨野線と保津川

mizunoo02

水尾へようこその看板

mizunoo03

保津峡駅と水尾の里を示す標識

秋冬にこの里を歩くと、あちこちの柚子畑で鮮やかに色づいた柚子がたわわに実っているのを目にすることができる。

mizunoo04

柚子の木と実

秋から春にかけて、里の民家では柚子湯と鶏鍋で訪れる人をもてなしてくれる。

昔から、冬至には柚子風呂に入る風習がある。冬至は、一年で最も夜が長い日だ。電灯などのなかった時代、暗闇を怖れた古人は冬至を死が一番近い日と忌み、さまざまな厄除けの知恵を絞ってきた。今でも受け継がれているひとつが、柚子風呂に入って無病息災を祈る風習だ。昔から強い香りは邪気を払うと言われてきた。柚子は柑橘系の中でもひときわ強い香りを放つことから、食用としてだけでなく、霊力を持つ植物として厄除け・魔除けとしても活用された。

冬至に柚子風呂に入るのは、湯治(とうじ)とかけ、柚子は融通が利くに通じるという。柚子の実を浮かべた湯に浸かると風邪をひかず、また腰痛やリュウマチ、冷え症などにも効果があるという。柚子には血行を促進する成分や豊富なビタミンC、それに果皮には肌を滑らかにするビタミンEが多く含まれているというから、身体に良い効果をもたらしてくれるだろうし、柚子の爽やかな香りは気持ちまでリラックスさせてくれる。

その柚子が、日本の文献上はじめて登場するのは、『続日本紀』だとされる。中国大陸や朝鮮半島からやって来たようだが、今では日本と韓国の一部でしか生産されていないと聞いた。その柚子の産地としてよく知られている場所が、京の隠れ里と呼ばれる"水尾"だ。

水尾は、昔から「みずのお(水ノ尾、水雄)」とも呼ばれ、きれいな水が湧く所として知られていた。伏流水と寒冷な気候が香りの高い柚子を育み、江戸時代にはすでに「水尾の柚子」として都で珍重されていたと聞く。さらに時代を遡ると、この里の柚子をこよなく愛し、水尾帝(みずのおのみかど)とも称された天皇がいた。清和源氏の祖・清和天皇(850~880年)だ。水尾は清和天皇の出家後の隠棲地であり、御陵もここにある。

mizunoo05清和天皇社

里を歩いていて出会った古老の方から、この土地に伝わる興味深いお話を伺った。清和天皇の御陵にはお宝が埋められて、金の鳥が一緒に埋葬されていると言われているという。天皇などが崩御すると、御陵には金の鶴や亀が埋葬されるという話を聞いたことがある。里の情緒を楽しみながら、埋められているという金の鵜の姿や水尾で過ごした清和天皇に思いをはせながら、柚子香る里を後にした。

mizunoo06

水尾の里と手前は柚子畑

後で文献を調べたが、金の鵜に関する記述は見つけられなかった。だが、国際日本文化研究センターの怪異・妖怪データベースで、水尾の里の言い伝えを裏付けるものがヒットした。御陵の下には「金の鵜(キンノウ)」が埋まっているとある。ただ、それを掘り起こすと罰が当たると書かれてあった。お宝伝説にはそういった話は付き物だとはいえ、あまり詮索しない方がよさそうだ。

この秋、個人的に立て続けに災難が降りかかってしまった。冬至には頂戴した柚子を使って柚子風呂に浸かり、一年の疲れを癒しつつ、無病息災を祈って厄払いをしたいと思う。

mizunoo07

柚子風呂のイメージ (フリー素材)

不運続きだった、京の大仏さん

♪京の、京の大仏さんは 天火で焼けてな♪

これは昔、京都の子どもたちが歌った、わらべ歌の一節である。

この歌にあるように、かつて京都には、奈良の東大寺の大仏をしのぐ、像高6丈3尺(19メートル)の巨大な大仏が鎮座していたことがあった。その場所は、現在の東山区正面通大和大路東入茶屋町にある方広寺である。

daibutsu01

方広寺

daibutsu02

古絵葉書にその姿を残す京の大仏

大仏が鎮座していた当時、寺は「京の大仏殿」として知られていた。その大仏を建立したのが、とにかく天下一好きで、とくに大きなものが大好きだったという天下人・豊臣秀吉だった。

だが、この大仏にはその後、数奇な運命(不運)がもたらされることになる。まるで秀吉の晩年、いや豊臣家の命運を暗示していたかのように。

完成間近だった大仏を襲った最初の不運は、慶長元年(1596)の伏見大地震だった。この地震で大仏はあえなく倒壊してしまう。衝撃を受けた秀吉は毎夜、奇異な夢にさいなまれるようになり、ついに病に倒れ、大仏の完成を見ることなく、死去したという。

父・秀吉の意思を受け継いで大仏再興に尽力したのが、秀吉の一子・豊臣秀頼だった。ところが、慶長7(1602)年、大仏再興の工事中に怪火で全焼。その後、秀頼によって再興されたものの、この再建に際して鋳造された大釣鐘の銘文の中の「国家安康」の部分が秀吉亡き後の天下を狙う徳川家康から「家康の胴を斬るものだ」と難癖をつけられる。

daibutsu03

梵鐘の国家安康、君臣豊楽の文字が
白く囲われている

結果、豊臣家滅亡の発端になってしまったことは、有名だ。この鐘は今も方広寺に残されていて、見ることができる。

daibutsu04

方広寺境内の梵鐘

以前、取材でお寺の方に見せていただいたことがあった。その際、見せていただいた鐘の内側には、ぼんやりとしているが、人の形をしたシミがあった。そのシミは、徳川家を恨んで亡くなった秀吉の側室・淀殿の姿だと言われている、と聞いた。

さて、京の大仏だが、豊臣家が滅んだ後も倒壊と再建を繰り返し、大仏の銅像は銅銭の材料となり、木像に改められたが、寛政10(1798)年の夏の夜に発生した落雷によって、またも大仏は灰燼に帰してしまう。

その罹災時に歌われたのが、♪京の、京の大仏さんは 天火で焼けてな♪ のわらべ歌で、歌が言う「天火」とは、落雷のことだった。

そうしてしばらく、京の大仏は再興されずにいたが、約50年後の天保14(1843)年に半身の大仏として再興された。が、130年後の昭和48(1973)年にまたも焼失。この時の火災は、不審火だったとも言われている。その後、現在まで再建はなされていない。

ところで、先ほどのわらべ歌は次のような歌詞で終わるらしい。

♪うしろの正面 どなた お猿 キャッ キャッ キャッ♪

「お猿」というのは、秀吉を揶揄したものだろうか? それとも、親しみを込めて、そう歌ったのだろうか?

かつて観光名所のひとつだった京の大仏。いつの日か、再建される時が来れば、また新たな観光スポットと逸話が生まれるかもしれない。

 

山城町の古刹に伝わる「蟹の恩返し」

京都では源氏物語千年紀を記念して、2008年に11月1日を「古典の日」と宣言。毎年、この日に古典にちなんだイベントが開催され、すっかり浸透してきている。というわけで、今回、古典の中の異界を探すために、『日本霊異記』や『今昔物語集』を読み返してみた。説話には、京都やその周辺を舞台にした話が多い。

そんな中、京都府南部に位置する木津川市山城町への探訪取材をする機会を得たので、山城町綺田にある蟹満寺(かにまんじ)へ立ち寄ってみた。霊異記や今昔などの説話に登場する「蟹の恩返し」の霊験譚で知られる真言宗の寺である。

JR奈良線の棚倉駅で下車し、昔の風情を残す気持ちの良い田園風景を縫うように歩いて、天神川を越えて目的の蟹満寺へ。

kani01

棚倉駅

kani02

棚倉駅前にある蟹満寺を示す石碑

kani03

蟹満寺

本尊の釈迦如来は白鳳時代の名作で国宝に指定されている。2010年に落慶法要が営まれた本堂の蟇股には蟹、燈篭にも蟹、香炉にも蟹が! 蟹と蓮の花が一体になったデザインは素敵で、この古刹と蟹との縁がいかに深いかを物語っている。

kani04

蟹満寺の常香炉の蟹の紋章

その寺に伝わる「蟹の恩返し」の霊験談は、異記によると、次のようになる。

山城国に信心深い父娘がいた。ある日、娘は村人がとらえた蟹を助け、逃げしてやる。また、父は蛇に呑まれようとしている蛙を見つけ、「娘を嫁にやるから」と約束し、蛙を助けた。

その夜のこと、一人の立派な男が娘をもらいたいと訪ねてくる。その男の正体は、蛇であった。そこで親子は少し待ってくれと言い、いったん男を返し、その間に建物に板を打ち付け、中にこもって観音経普門品を唱えた。

再び、やってきた男は、約束が違うと怒り、蛇の姿に戻って暴れだす。やがて物音が静まり、夜が明けてから、父娘が家の外に出てみると、蛇はあちこちを蟹のハサミでちょん切られて死んでいた、という。命を助けてもらった蟹が、娘のために蛇を退治したのだった。

木津川市の昔話としては、先のように伝わるが、元ネタとなった『日本霊異記』では、「蟹と蛙の命を買い取って放し、現世で蟹に助けられた話 第十二話」として、娘が8匹の蟹と大きな蛙を助け、8匹の蟹が蛇をずたずたに切った、という話になっている。

この山城町に伝わる蟹のエピソードが、全国に伝えられる、蛙を蛇から助けて、蛙が恩返しをする「蛇婿入譚」という話の発端として各地に広がっていったとも聞く。

境内には「悟りなき蟹だに 猶 恩を受くれば恩を返報す 豈 人にして恩を忘る應からむや」との立札があった。

kani05

境内にある立て札

こういった逸話から、仏教の教えは広く浸透していったのだろう。ただ、山城の地から海は遠い。水の豊富な土地だと聞くから、この霊験談のモデルは沢蟹だったのだろうか。

逸話の中の娘は観音様のご加護を得たとされ、その観音様が蟹満寺の本尊だともいわれる。また、死んでしまった蛇は蟹と一緒に埋葬されて、その地に堂が建てられた。それが、この蟹満寺のはじまりだったとも伝わっている。亡くなってしまえば、敵味方をこだわらず一緒に埋葬するところはお寺らしいというか、なんとも日本的だ。

山城の地で今も愛されつづける「蟹の恩返し」。伝承・伝説には異類婚姻譚(いるいこんいんたん)など、異界のモノと人とが密接に関わるものが多い。昔は、現代よりも異界が身近なものだったのだろう。

古典に触れて、実際にその舞台の地を歩いてみて、グッ、と異界伝説が身近に感じられた、小さな歩き旅であった。

kani06

木津川市山城町の田園風景

夜な夜な帝を悩ませた、妖怪「鵺」

平安時代、京の都は狐狸妖怪の棲み処だった。現代とちがって、夜は月明りだけだった時代、闇は深く濃く、都人を怖れさせた。

なかでも、平安時代末期、近衛天皇は闇の訪れを怖れた。毎夜、丑三つ時になると、御所は黒雲に覆われ、ヒョー、ヒョーという不気味な鳴き声がする。帝は、得体のしれない鳴き声を耳にする度、全身が震え、うなされるようになった。都人はその声の主を「鵺(ぬえ)」と呼んで、気味悪がった。

そこで、鵺退治に白羽の矢が立ったのが、鬼退治で有名な源頼光の子孫で、武勇に秀でた弓の達人・源頼政だった。頼政は闇夜に潜み、丑三つ時になって奇妙な鳴き声がするのを待った。そして鳴き声をたよりに、天空に向かって矢を放った。すると、空からドサリと落ちて来たモノがある。

近づいてみると、それは奇怪な生き物だった。頭はサル、胴体はタヌキ、手足はトラ、尾はクチナワ(ヘビ)。鵺の姿は、退治に関わった者たちを驚嘆させた。頼政が鵺を退治すると、たちまち帝の病は完治したという。

nue01

『大新板釜淵双級巴飛廻双六 切狂言頼政鵺物語』
(国会デジタルコレクション所蔵より転載)

源頼政に射られた鵺が落ちて来た場所というのが、京都市内に現存する。二条城の北側、上京区主税町にある二条公園がその場所だ。昼間は家族連れや子どもたちが遊ぶ公園で、おどろおどろしい雰囲気はない。ただ、その一角に、射落とされた鵺を祀る鵺大明神の祠がある。それはひっそりと公園の北側にたたずんでいる。

nue02

鵺大明神

nue03

鵺池碑

また、頼政が鵺の血に濡れた矢じりを洗った池というのも再現されていた。この鵺退治に使われた矢は、下京区にある神明神社に今も保管されていると聞く。

では、退治された鵺の亡骸はどうなったのだろう?

幾つかの説がある。

能の演目である『鵺』では、僧の前に鵺の亡霊が現れ、自分は冥府の渡し舟「うつほ舟」に押し込められて淀川へ流された、と嘆く。別の伝承では、大きな竹筒に入れられて清水寺の岡に埋められ、その鵺塚は清水三年坂の傍にあったという。また、伏見区深草にも鵺塚が存在する。いづれにしても、鵺伝説は当時の人々の間でよく知られていたようだ。

ところで、鵺の正体だが、ヒョー、ヒョーという鳴き声から、トラツグミだったのではないかと言われている。鳴き声は笛の音のようで、不気味というより、寂しげだ。

nue04

トラツグミ

電灯もなく、物音ひとつしない平安時代の丑三つ時、闇夜への恐怖心にいっそう煽られ、当時の都人が背筋を凍らせて鵺の声を聞いていたとしても、不思議ではない。

インターネットでも、「鵺」を検索してみた。その正体はレッサーパンダだというのがヒットした。顔はサル、身体はタヌキ、尾はヘビ、手足はトラ……。鵺の姿は諸説あり、尾はキツネともいわれる。確かにレッサーパンダに似ているかも!

ただし、謎は謎のまま葬っておくほうが、神秘的だ。

天下人にも愛された、北白川の巨大な石仏

北白川の入口、今出川通と志賀越道がY字に交わる交差点の北西に、ひときわ大きな石仏が祀られているのを、ご存知だろうか。車の往来の激しい通りの一角に、どっしりと構える巨大な石仏は、振り返って見てしまうほど、インパクトがある。

sekizou01

志賀越(山中越)道の標識

それは北白川の三体石仏のひとつで、「白川子安観世音」と呼ばれる高さ約2mの石仏だ。この石仏が作られたのは、鎌倉時代といわれ、この辺りで採れる白川石を素材に彫られたものだった。長い年月の間に風化して、その巨体は丸みを帯びているが、それがかえって大らかで優しい雰囲気を醸し出している。

sekizou02

今出川通から見える「子安観世音」

sekizou03

近づいて見ると大らかで優しい雰囲気を感じられる

この石仏には、次のようなエピソードが今に伝わっている。

安土桃山時代のこと、洛中で妙な噂が囁かれ出した。「時折、白川の石仏が歩く」というのである。その噂が天下人になった豊臣秀吉の耳に入った。大きい物好きの秀吉は、「おお、それほど巨大で霊力を発揮する石仏であれば、天下人の居城を護るにふさわしい」と、強引に石仏を聚楽第の庭に運ばせ、眺めて楽しんでいた。

ところが、城中に奇妙な噂が広まり出した。夜な夜な「白川に戻せ」と石仏が懇願する声が聞こえるという。その声を聞いた人々は気味悪がったり、気の毒がったりした。とうとう秀吉も折れ、石仏は元の地に戻されたとのこと。

また、文政13(1830)年、白川村で大火があり、その際に石仏の両手と首が折れてしまった。それ以来、「首切れ地蔵」とも呼ばれるようになったそうである。

やがてこの石仏は白川村の入口である現在の地に移され、子どもたちの安全にご利益がある「子安観世音」として信仰されるようになった。

以前、トラックがこの石仏にぶつかり、首が落ちる事故があった。だが、子どもが巻き込まれる事故は一度も起きていないと聞く。石仏が子どもを事故から守ってくれているのだと地域の人々は口をそろえる。

 

白川といえば、「花いりまへんか~」と頭上の箕に花を乗せて売り歩く、「白川女」が有名だ。昔から白川女たちは必ず、この石仏に花を添え、商売繁盛と安全を祈願してから商いに出た

sekizou04

100年前の絵葉書にみる、白川女

 

さて、お気に入りの巨大な石仏を元の場所に戻させた秀吉だったが、どうしても巨大な石仏を諦めきれない。

そうして秀吉は、近くに別の二体の巨大な石仏があることを知る。現在、北白川の三体石仏として知られるうちの二体がその石仏で、室町幕府八代将軍・足利義政が銀閣寺へ行く途中、常に参拝していたという。それを知った秀吉は、そのうちの一体を聚楽第へ運ばせた。こちらは「返せ」とは叫ばなかったようで、長く聚楽第に置かれていたそうだ。

伝え聞くところでは、石仏は一体だけが白川に残されたが、いつしかその隣りにもう一体が安置され、二体が仲良く並ぶ今の姿になって街を見守り続けている

sekizou05

志賀越道(山中越)旧道の途中にある
二体の大日如来の石仏

取材をさせていただいた地域の古老の方によると、「あの子安観世音さんは、今でも時々、動かはるそうやで」と、ナイショ事のように教えてくれた。

巨大な石仏は地域の安全のためにこっそりと、夜回り先生ならぬ「夜回りさん」をしてくれているのかもしれない……。

 

摩訶異の入口へ戻る

京都の摩訶異探訪とは

京都の街のどこでも存在する伝承。それは単なる絵空事ではなく、この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく。。

摩訶異を検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録