日本で唯一、髪の神様は嵯峨嵐山にいた

古来より、女性にとって髪は「命」と言われてきた。平安時代の美人の条件は、しもぶくれのふっくらした顔立ちや切れ長の目のほかに、黒々と豊かで艶のある長い髪も、そのひとつだったことは、よく知られている。

髪質や髪型、髪の色を変えただけで、その人の印象がガラリと変わるといわれるだけに、現代人にとっても髪は重要だ。もちろん女性だけでなく、特に年配の男性などは髪の太さ、多さは気になる人も多いだろう。

その髪を守ってくれる日本で唯一といわれる神様が、嵯峨嵐山にある。百人一首で知られる小倉山の麓に建つ「御髪(みかみ)神社」が、それだ。


渡月橋より右手に見える小倉山を眺望する


嵯峨野の竹の道を抜けて御髪神社へ


小倉池の奥に見えるのが「御髪神社」

小倉池の西側にある、こぢんまりとした神社で、昭和36(1961)年、京都の理・美容業者によって亀山天皇御陵の近くに建てられた。


御髪神社。左上方に虹色のオーブが!
(虹色のオーブは"幸福のサイン"とも言われている)

祭神には、髪結いの始祖といわれる藤原采女亮政之(ふじわらのうねめのすけまさゆき)を祀っている。政之は鎌倉時代に活躍した髪結師で、次のようなエピソードを今に残す。

亀山天皇(1259~1274)の御代のこと。皇居の宝物護衛にあたっていた政之の父が宝刀の「九王丸」を紛失。それを探す旅に同行した政之が、生活の糧を得るため、庄屋の婦女の髪を結って父を助けたといい、これが髪結い職の起源となったとされている。今も神社は理・美容業界の人たちから崇敬され、昭和の初期まで、全国の理・美容業者は政之の命日を毎月の定休日としていたそうだ。

近年、御髪神社には理・美容関係者だけでなく、多くの参拝者たちが訪れる。その御利益にあやかろうと、境内に奉納された絵馬には、「髪が増えますように」といった、切なる願いをこめたものが多い。神社では、「献髪(けんぱつ)」といって、献髪料300円を払って神職の方に自分の髪を少しだけ切ってもらい、献納袋に入れて境内の「髪塚」に納めさせてもらうと、「髪と身体の健康」と「ご多幸」を祈願して、ご祈祷していただける上に、その髪は永久に髪塚で御護りされるとのこと。


御髪神社

また、神社の駒札には、「髪は人身の最上位にあって造化の神より賜った美しい自然の冠である……」ということが記されている。髪は自然の冠とは、言い得て妙というもの。

日本では昔から、"髪=神に通じるもの"として、神聖視されてきた。髪はその人の分身であり、髪には想いや力が宿るともいわれている。髪は願掛けにも使用された。現代の「赤ちゃん筆」という習慣も、その名残だろう。生まれた時からの赤ちゃんの胎毛で作った筆を誕生記念として残し、その子の頭脳明晰、長寿健康を祈る。

昔の人も現代人も、髪を大事にし、神秘を感じる感覚は変わっていないようだ。私たちも嵯峨路散策の折には必ず、参拝することにしている。

 

京都発祥!?「七福神信仰」

お正月の福神といえば、「七福神」が馴染み深い。商売繁盛の恵比寿天、五穀豊穣・開運招福の大黒天、武運の神として名高い毘沙門天、技芸上達の女神である弁財天、長寿・病気平癒の寿老人、健康長寿の福禄寿、開運・子宝の布袋尊をいう。この中で、布袋尊だけは実在の人物だったと聞く。

ところが、昔から馴染みのある神様のわりには、そのルーツをはじめ、意外に知られていないことが多い

 

室町時代に京都の商業発展によって広まっていったのが、七福神信仰だといわれている。記録では、1420(応永2)年に伏見で七福神をかたどった風流行列が行われ、祭礼や縁日などの風流(作り物や扮装)にも七福神の扮装が登場している。

そしてこの頃、七福神のコスプレをした盗賊が京都の町に横行した。賊に侵入された家の人々は、相手が盗賊だというのに、「福の神が到来した!」と大喜びし、すすんで財物を与えたというから、びっくりだ。それほど庶民の間には七福神信仰が浸透していた。

応仁の乱で京都が荒廃すると、人びとは七福神にあやかろうと福の神としていっそう歓迎し、町衆文化として根付いていった。

江戸時代になると、1月2日の初夢の習俗がひろまっていく。一年の初めに見る夢の吉凶によって、その年の吉凶を占いというもの。当然、誰でも吉夢が見たいと願う。そこで、「枕の下に宝船に乗った七福神の絵を入れて眠ると吉夢を見て、七福神の福徳を得られる」といった民間信仰が流行する。宝船の絵に米俵や金銀、隠れ蓑(悪霊から身を隠すため)などの縁起物を描き、七福神を乗せている。うまく吉夢を見た場合、その宝船の絵を懐中に納めて一年の幸を願った。


人魚. 4 (国会図書館デジタルコレクション所蔵より)

 


「七福神馬車の乗込」の2点 (国立国会図書館デジタルコレクション所蔵)。
宝船でなく馬車に乗る七福神。毘沙門天がおられないと思ったら、御者に!

 

では万が一、悪夢を見てしまった場合はどうすればいいのかというと、ちゃんと対処法があった。翌朝、宝船に乗った七福神の絵を川に流して払えばよい。もともと、吉夢を見るというよりは、悪夢を船に乗せて流す、つまり穢れを払ってくれるという夢違えがその原型だといわれている。

 

この七福神の「七」という数字は、どこから来たのか。仏教用語に「七」のつく言葉が多く、また、お経の中の「七難即滅、七福即生」に由来するとも、中国の「竹林の七人の賢人」にあやかっているともいう。

 

お正月の京都では古くから「都七福神まいり」が人気を集めてきた。今では全国にひろっている七福神まいりだが、その発祥は京都のようだ。

ゑびす神社(恵比寿神)、松ヶ崎大黒天(大黒天)、東寺(毘沙門天)、六波羅蜜寺(弁財天)、革堂(寿老人)、赤山禅院(福禄寿)、萬福寺(布袋尊)を指す。

 

正月松の内(京都では1月15日までをいう)に参拝すると、御利益が得られるというから、ぜひ、詣でておきたい。参拝の順番だが、どこから参っても御利益に支障はないらしい。

 


都七福神まいりのひとつ、赤山禅院の山門


赤山禅院境内の七福神像

 

七社寺を詣でるのは難しいという人には、泉涌寺七福神巡りはどうだろう。泉涌寺山内の塔頭にはすべての神様が祀られている。


泉涌寺

2019年は新たな元号が決まる年。今年のスタートに京都発祥の七福をめぐって、正月休みのなまった身体をほぐすとともに、御利益にあやかるのも一興だ。

 

顔見世の「まねき」で福を呼ぶ、師走の京都の風物詩

今や師走の古都の風物詩となっている南座の顔見世興行。冬枯れの街をひときわ華やかに彩るこの顔見世は、実は縁起物づくしだった。


正面からみた南座

毎年、12月に南座で顔見世が行われるのは、江戸時代、歌舞伎の1年が旧暦の11月から翌年の10月までだったことに由来する。役者の契約が10月末で切れたため、11月が歌舞伎の正月にあたり、「これからの1年は、この顔ぶれでやっていきますよ」と舞台で新しい座組が披露された。これが顔見世である。


顔見世の演目

この古式が現在も受け継がれているのは、全国で京都の四条河原町の南座だけだという。今年、南座は発祥400年を迎えた。約2年におよぶ耐震改修を終え、新開場となったこともあわせて、通常12月だけの顔見世も今年にかぎっては11月から2ヶ月にわたって興行され、おおいに賑わいを見せている。

 

この顔見世興行に欠かせない縁起物の代表が「まねき」(招き看板)である。


師走の風物詩「まねき」

厚さ約3㎝、長さ約1.8m、幅約30.3㎝のヒノキの板に、江戸時代から使用されてきた勘亭流という芝居用の書体で、出演する役者の名前が書かれている、独特の太く隙間のない文字には、「隙間なくぎっしりお客様が入りますように」との願いが込められ、公演の成功を祈って掲げられる。

まねきの文字には、お清めと艶出しのために、お米で作った清酒を入れてすった墨が使われる。よく見ると、まねきの板の上の部分が、「入」のような形になっている。これもまた、お客様がたくさん入りますように、ということらしい。南座の正面にずらりと掲げられたまねきを見上げるのは、壮観だ。向かって右側が関西勢、左側が関東勢だと聞いた。


南座とまねき

また、南座の屋根の上にはシンボルでもあり、興行のしるしともいえる櫓(やぐら)がある。その正面に、白い御幣「梵天」が2本立てられている。これは劇場に神を招くための「神の依り代」で、毎年、顔見世の度に新たに作り替えられる。梵天が、無事に興行できるよう常に見守ってくれている。


屋根の上の梵天

ところで、花街の舞妓さんたちが髪にさすかんざしは毎月、モチーフが違っている。12月は「まねき」と呼ばれ、顔見世にちなんで、かんざしの飾りの中に小さいまねきを模したものが付いている。何も書かれていない小さなまねきに、実際、役者の方にサインを入れてもらうとのこと。なんとも華やかで、粋な計らいだ。

何かと忙しないこの時期。一度くらいは顔見世興行を楽しみたいと思いつつ、今年もそんな余裕すらなく1年が終ってしまいそうだ。せめて2018年の締めくくりに南座の前に立ち、人々の願いが込められた「まねき」を見上げながら、400年の伝統と歴史に思いを馳せてみようと思う。

大願成就のご利益も!京の古道と忠臣蔵ゆかりの神社

京都の古道の一つが今、古道歩きを楽しむハイカーの間で話題の歩き旅スポットになっている。なんでも、その道を歩いてその先の神社へ参拝すれば「大願成就」のご利益がいただけるのだそうだ。

その古道というのが「滑石越(すべりいしごえ)」だった。京都市東山区から山科区にかけての東山を越える峠道で、三十三間堂、または智積院南の今熊野宝蔵院町から東へ坂道を登り、東山を横断して山科区へ入って勧修寺や醍醐寺に至る旧醍醐街道である。全長約3.5km。昔は勧修寺や醍醐寺への参拝道として、また京の東出入口の役目を担った間道として、大いに活躍したと聞く。


江戸時代の古絵図に描かれるスベリ石越(著者所蔵)

ただ、かなり気になるのが、「滑り」という余り縁起の良くなさそうな古道の名前がなぜ、大願成就というご利益をいただけるのだろうか? 語呂合わせが悪く、「福運」が体からポロリと滑り落ちてしまいそうだ。

その疑問を解決してくれるのが、この古道を歩いて東山の峠を越えた先にある、1935(昭和10)年創建の大石神社だった。


大石神社の鳥居

 

 

祭神は、国民的ヒーロー、あの忠臣蔵で有名な播州赤穂藩浅野内匠頭家の筆頭家老であった大石内蔵助である。神社は討ち入りを果たした赤穂義士にあやかり、大願成就のご利益があると信仰されている。


大石神社の大願成就の絵馬

だとすると、わざわざ急坂を歩いて山越えし、足を棒にして参拝しなくても、便利な交通機関を使えば良いのではないか、と思いたくなる。が、それには次のような赤穂義士伝の有名なひと幕が大いに関係していた。

内蔵助は討ち入り前、京都の山科で隠棲生活を送っていた。その間、討ち入りの計画を練りながら、討ち入りを警戒する幕府や吉良上野介側の間諜や密偵を欺くため、毎晩のように京の遊里(島原、祇園、伏見橦木町)に出入りし、豪遊三昧で遊び呆けて過ごす。

「武士の本懐を忘れた腰抜け、ふぬけ侍」と罵られようとも、本願成就のためには味方までも欺いた。その時に夜毎、山科の閉居から内蔵助が京の遊里へと往復した道が、この滑石越だった。その閉居跡は今も、大石神社の南隣に残っている。


山科にある大石良雄閉居址の石碑

今はこの古道も車両の往来が絶えない府道になって、さほど苦にせずに歩けるが、内蔵助が往来した元禄時代(約300年前)は、山越えの道で勾配もきつく、京の三大葬送の地であった鳥辺野の一角を通り、群生する竹林の中を進む寂しい道だった。


滑石越の途中

この道の名の由来の一つに、内蔵助たちがこの道を往来していた時に山道の浮石に足をとられ、滑って転んだから、というのがあって興味深い。


滑石越の途中にある大石内蔵助良雄一服の石

そうして内蔵助は主君の仇討ちという本懐を胸に秘め、ふぬけ侍を演じ切り、見事に敵を欺いて大願成就をものにした。その名場面の裏に、滑石越の道があったというわけだ。この古道を歩いて内蔵助の苦労を共感し、大石神社に参拝すれば、大願成就のご利益も倍加するという思いから、ハイカーたちにこの古道が注目されるようになったとのこと。

12月14日は、赤穂浪士が討ち入りを果たした日だ。その日に、大石内蔵助の隠棲地だった山科では「義士まつり」が行われる。今年はぜひ、このまつりに併せて滑り石越えの古道を歩き、大石神社に参拝して、義士まつりを見物する、というフルコースで、大願成就といきたいものだ。

人の体内には3匹の虫がいる!? 庚申さん信仰とくくり猿「八坂庚申堂」

道教の教えでは、人の体内には3匹の虫「三尸(さんし)」が棲んでいるという。1年に6度ある庚申の夜、人が眠っている隙をついて三尸の虫が体内から抜け出し、その人間の罪や悪事を天帝に告げ口をするとのこと。天帝は報告された罪の重さによって、その人の寿命を削るというから、恐ろしい。

この虫、上・中・下と三種類がいて、上の虫は白髪やシワを作り、中の虫は五臓を悪くさせ、下の虫は精を悩ませる。その姿は小児に似ているとか、馬に似ていて頭と尾がついているとか、長さ2尺の蛔虫だともいい、なんとも気味悪い虫だ。

なかには誰しも心にひとつ、ふたつ、罪の意識や悪意はあるだろう。いや、自分は何の罪も悪事もない、きれいな人間だという人もおられるかもしれないが、就寝中にその虫が体内から抜け出して、どんな些細な罪でも天帝に告げ口するというのだから、たまらない。その虫を体内に封じ込めておくためには、一晩中、眠らずに過ごさねばならないのだ。

庚申の夜に徹夜する風習は平安時代に中国から伝わったとされるが、江戸時代には庚申待や庚申講などとして、村単位で集まって一晩を過ごし、庶民の間で根付いていった。いわゆる庚申信仰だ。民間伝承としては「庚申の夜に虫が抜け出す」のとは反対に、「庚申の夜に寝ると虫が入ってきて病気になる」との言い伝えもある。

その厄介な虫を封じてくれるのが、コワモテの青面金剛像「庚申さん」だ。また、「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿も庚申信仰の神様として祀られているのをよく見かける。

 

猿というのは、庚申の「申」=干支の「サル」がこの信仰と結びついたものだとされる。昔から猿は「厄が去る(猿)」という語呂合わせで、縁起のよい動物として扱われてきた。

京都で庚申信仰というと、東山区にある八坂庚申堂が名高い。浅草庚申、天王寺庚申と並んで日本三大庚申のひとつに数えられる。

 


三猿と日本最初庚申尊の文字が刻まれている石碑


近寄って見ると三猿(見ざる、言わざる、聞かざる)が
描かれているのがしっかりとわかる

 

そんな八坂庚申堂のさほど広くない境内で一際目立つのが、「くくり猿」だ。手足をくくられた色鮮やかな猿がたくさん吊られたもので、欲のまま行動する猿の手足をくくりつけ、人の中にある欲望を庚申さんに戒めてもらう、のだそうだ。くくり猿に願いを一つ託し、欲望を一つ封じることで叶うといわれている。

 


本堂の色鮮やかなくくり猿とその前に置かれた三猿


境内のビンツルさんと色鮮やかなくくり猿

さて、庚申の夜だからといって一晩中、起きている自信がないという人もいるにちがいない。では、どうすれば虫が這い出したり、逆に虫が入ってくるのを防げるのだろう?

それにはコンニャクを食べるとよいと聞いた。八坂庚申堂では庚申の日にコンニャク炊きの接待が行われ、参拝者に猿の形をしたコンニャクがふるまわれる。

それを3ついただくと、無病息災で過ごせるという。3つというのは、3匹の虫の数ということだろうか。

では、なぜコンニャクなのか。それは「コン(根)よくヤク(厄)をとる」ということらしい。庚申の日に祈祷してもらったコンニャクを病人の頭の上に置くと病が治るとも信じられてきた。

今年の納庚申は、11月24日にあたる。食べたい、寝たい、欲しいものもいっぱい……、そんな人は納庚申に八坂庚申堂を訪れて、「庚申さん」に欲を戒めていただき、コンニャクを食べて心身とも健やかになってみるのもいいかもしれない。私も、行ってみよう。


八坂庚申堂近くの家の軒先に吊された「くくり猿」

摩訶異の入口へ戻る

京都の摩訶異探訪とは

京都の街のどこでも存在する伝承。それは単なる絵空事ではなく、この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく。。

摩訶異を検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!

メルマガ会員登録

WebLeaf から更新情報や
おすすめイベントをひと足早く配信中!

プレゼント応募

Leaf & WebLeaf 読者への
スペシャルギフトが毎月更新中