大願成就のご利益も!京の古道と忠臣蔵ゆかりの神社

京都の古道の一つが今、古道歩きを楽しむハイカーの間で話題の歩き旅スポットになっている。なんでも、その道を歩いてその先の神社へ参拝すれば「大願成就」のご利益がいただけるのだそうだ。

その古道というのが「滑石越(すべりいしごえ)」だった。京都市東山区から山科区にかけての東山を越える峠道で、三十三間堂、または智積院南の今熊野宝蔵院町から東へ坂道を登り、東山を横断して山科区へ入って勧修寺や醍醐寺に至る旧醍醐街道である。全長約3.5km。昔は勧修寺や醍醐寺への参拝道として、また京の東出入口の役目を担った間道として、大いに活躍したと聞く。


江戸時代の古絵図に描かれるスベリ石越(著者所蔵)

ただ、かなり気になるのが、「滑り」という余り縁起の良くなさそうな古道の名前がなぜ、大願成就というご利益をいただけるのだろうか? 語呂合わせが悪く、「福運」が体からポロリと滑り落ちてしまいそうだ。

その疑問を解決してくれるのが、この古道を歩いて東山の峠を越えた先にある、1935(昭和10)年創建の大石神社だった。


大石神社の鳥居

 

 

祭神は、国民的ヒーロー、あの忠臣蔵で有名な播州赤穂藩浅野内匠頭家の筆頭家老であった大石内蔵助である。神社は討ち入りを果たした赤穂義士にあやかり、大願成就のご利益があると信仰されている。


大石神社の大願成就の絵馬

だとすると、わざわざ急坂を歩いて山越えし、足を棒にして参拝しなくても、便利な交通機関を使えば良いのではないか、と思いたくなる。が、それには次のような赤穂義士伝の有名なひと幕が大いに関係していた。

内蔵助は討ち入り前、京都の山科で隠棲生活を送っていた。その間、討ち入りの計画を練りながら、討ち入りを警戒する幕府や吉良上野介側の間諜や密偵を欺くため、毎晩のように京の遊里(島原、祇園、伏見橦木町)に出入りし、豪遊三昧で遊び呆けて過ごす。

「武士の本懐を忘れた腰抜け、ふぬけ侍」と罵られようとも、本願成就のためには味方までも欺いた。その時に夜毎、山科の閉居から内蔵助が京の遊里へと往復した道が、この滑石越だった。その閉居跡は今も、大石神社の南隣に残っている。


山科にある大石良雄閉居址の石碑

今はこの古道も車両の往来が絶えない府道になって、さほど苦にせずに歩けるが、内蔵助が往来した元禄時代(約300年前)は、山越えの道で勾配もきつく、京の三大葬送の地であった鳥辺野の一角を通り、群生する竹林の中を進む寂しい道だった。


滑石越の途中

この道の名の由来の一つに、内蔵助たちがこの道を往来していた時に山道の浮石に足をとられ、滑って転んだから、というのがあって興味深い。


滑石越の途中にある大石内蔵助良雄一服の石

そうして内蔵助は主君の仇討ちという本懐を胸に秘め、ふぬけ侍を演じ切り、見事に敵を欺いて大願成就をものにした。その名場面の裏に、滑石越の道があったというわけだ。この古道を歩いて内蔵助の苦労を共感し、大石神社に参拝すれば、大願成就のご利益も倍加するという思いから、ハイカーたちにこの古道が注目されるようになったとのこと。

12月14日は、赤穂浪士が討ち入りを果たした日だ。その日に、大石内蔵助の隠棲地だった山科では「義士まつり」が行われる。今年はぜひ、このまつりに併せて滑り石越えの古道を歩き、大石神社に参拝して、義士まつりを見物する、というフルコースで、大願成就といきたいものだ。

人の体内には3匹の虫がいる!? 庚申さん信仰とくくり猿「八坂庚申堂」

道教の教えでは、人の体内には3匹の虫「三尸(さんし)」が棲んでいるという。1年に6度ある庚申の夜、人が眠っている隙をついて三尸の虫が体内から抜け出し、その人間の罪や悪事を天帝に告げ口をするとのこと。天帝は報告された罪の重さによって、その人の寿命を削るというから、恐ろしい。

この虫、上・中・下と三種類がいて、上の虫は白髪やシワを作り、中の虫は五臓を悪くさせ、下の虫は精を悩ませる。その姿は小児に似ているとか、馬に似ていて頭と尾がついているとか、長さ2尺の蛔虫だともいい、なんとも気味悪い虫だ。

なかには誰しも心にひとつ、ふたつ、罪の意識や悪意はあるだろう。いや、自分は何の罪も悪事もない、きれいな人間だという人もおられるかもしれないが、就寝中にその虫が体内から抜け出して、どんな些細な罪でも天帝に告げ口するというのだから、たまらない。その虫を体内に封じ込めておくためには、一晩中、眠らずに過ごさねばならないのだ。

庚申の夜に徹夜する風習は平安時代に中国から伝わったとされるが、江戸時代には庚申待や庚申講などとして、村単位で集まって一晩を過ごし、庶民の間で根付いていった。いわゆる庚申信仰だ。民間伝承としては「庚申の夜に虫が抜け出す」のとは反対に、「庚申の夜に寝ると虫が入ってきて病気になる」との言い伝えもある。

その厄介な虫を封じてくれるのが、コワモテの青面金剛像「庚申さん」だ。また、「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿も庚申信仰の神様として祀られているのをよく見かける。

 

猿というのは、庚申の「申」=干支の「サル」がこの信仰と結びついたものだとされる。昔から猿は「厄が去る(猿)」という語呂合わせで、縁起のよい動物として扱われてきた。

京都で庚申信仰というと、東山区にある八坂庚申堂が名高い。浅草庚申、天王寺庚申と並んで日本三大庚申のひとつに数えられる。

 


三猿と日本最初庚申尊の文字が刻まれている石碑


近寄って見ると三猿(見ざる、言わざる、聞かざる)が
描かれているのがしっかりとわかる

 

そんな八坂庚申堂のさほど広くない境内で一際目立つのが、「くくり猿」だ。手足をくくられた色鮮やかな猿がたくさん吊られたもので、欲のまま行動する猿の手足をくくりつけ、人の中にある欲望を庚申さんに戒めてもらう、のだそうだ。くくり猿に願いを一つ託し、欲望を一つ封じることで叶うといわれている。

 


本堂の色鮮やかなくくり猿とその前に置かれた三猿


境内のビンツルさんと色鮮やかなくくり猿

さて、庚申の夜だからといって一晩中、起きている自信がないという人もいるにちがいない。では、どうすれば虫が這い出したり、逆に虫が入ってくるのを防げるのだろう?

それにはコンニャクを食べるとよいと聞いた。八坂庚申堂では庚申の日にコンニャク炊きの接待が行われ、参拝者に猿の形をしたコンニャクがふるまわれる。

それを3ついただくと、無病息災で過ごせるという。3つというのは、3匹の虫の数ということだろうか。

では、なぜコンニャクなのか。それは「コン(根)よくヤク(厄)をとる」ということらしい。庚申の日に祈祷してもらったコンニャクを病人の頭の上に置くと病が治るとも信じられてきた。

今年の納庚申は、11月24日にあたる。食べたい、寝たい、欲しいものもいっぱい……、そんな人は納庚申に八坂庚申堂を訪れて、「庚申さん」に欲を戒めていただき、コンニャクを食べて心身とも健やかになってみるのもいいかもしれない。私も、行ってみよう。


八坂庚申堂近くの家の軒先に吊された「くくり猿」

逸話を残す京の小径「歌の中山清閑寺」

京都随一の観光名所、清水寺から西南へ歩いて600メートルほどのところに、清閑寺(せいかんじ)がある。新義真言宗智積院の末寺で、『平家物語』の高倉天皇と小督局との悲恋のエピソードを今に伝える古刹だ。


清閑寺

苔の美しい庭には「要石(かなめいし)」と呼ばれる石がある。そこから眼下を見渡すと、扇を広げたように京都の市街が一望でき、その要石に願をかけると、叶うという。


清閑寺境内からの眺望

江戸時代、この寺の周辺は大津方面からの旅人の往来で賑わい、茶店が並んでいたと聞く。京都を訪れる観光客が急増する近年でも、清水寺より奥まった場所にあるせいか、参拝者はあまり多くないようだ。静寂に包まれた境内は、かえって風情がある。

その清閑寺と清水寺を山際に沿って結ぶ小径がある。現在は狭くて短い、薄暗い道なのだが、昔から「歌の中山」と呼ばれ、知る人ぞ知る名所旧跡の一つである。そして、この小さな古道には、小径の名の由来となった、次のような逸話があった。

昔、夕暮れ時に、真燕(しんえん)という僧が山門を出てぶらぶら歩いていると、ひとりの美しい女人に出会った。たちまちその女人に心を奪われた真燕は、声をかけてみたい衝動に駆られた。だが、うまい言葉が思い浮かばない。「清水寺へはどう行けばよいのですか」と尋ねるのがやっとだった。すると、その女人は立ち止まって、真燕をじっと見つめて、

見るにだに 迷ふ心のはかなくて 誠の道をいかで知るべきーー

と、一首詠んで返した。真燕は、ハッと胸をつかれ、一瞬、目を伏せた。顔を上げた時、女人の姿は、かき消えていたという。

歌の意味は、「あなたは仏の道を志しているようですが、見る限り、煩悩に囚われたようですね。そんなことで惑わされるようでは、どうして仏の道を悟ることができましょう」といったところだろうか。

真燕は、自身の心の迷いをズバリと見抜いたその女人を仏の化身だったに違いない、まだまだ修行が足りていないことを教えてくれたのだ、と恥じて読経三昧の日々を過ごしたとのこと。

その逸話から「歌の中山」と呼ばれるようになった小径は、以後も多くの歌人たちに詠まれたようだ。謡曲「融」や「田村」に登場したことで、次第にその名が世間に知られるようになった。

 

夕暮れ時、清閑寺を参拝した後、真燕のように清水寺の方へ向かって歩いてみた。


歌の中山と呼ばれる清閑寺と清水寺を結ぶ古道

山肌と鬱蒼とした木々に挟まれ、眺望は効かないが、京の古道の雰囲気を伝える小径だ。葉ずれの音しかしない小径の脇に、「歌の中山 清閑寺」と記された石碑が立っていた。


歌の中山の石柱

と、唐突に、清水寺方面から一人の女性が歩いてくるのが目に入った。長い髪を今時めずらしいソバージュにして、フレアスカートの裾が歩く度に揺れる。服装や雰囲気がハイカーのようには見えなかった。

こんな時間に、どこへ?

すれ違った瞬間、ふと、真燕のエピソードが脳裏をかすめた……。


秋の清水寺

大きさ日本一!?泉橋寺の地蔵石仏

南山城の古道を取材していて、木津川市の上狛で大きな石仏に出会った。

南山城地域はお茶の栽培で知られ、上狛には幕末から昭和初期にかけて建てられた茶問屋が40軒ほど軒を連ねている。


茶問屋街

趣のある佇まいの茶問屋街を抜け、木津川右岸堤防の手前の道を東へ向かった。通りのどん突きに、奈良時代の名僧・行基によって建てられた「泉橋寺」がある。


上狛にある泉橋寺

 

 

この寺の山門脇に鎮座し、ひときわ存在感を放っているのが、石造菩薩地蔵だ。永仁3(1295)年に石が切り出され、徳治3(1308)年に地蔵堂の上棟・供養されたもので、座高が4.58メートルもある。

もし、お立ちになったら、10メートルを超えるのかも! 一般的な「お地蔵さん」から想像すると、驚くほど大きい。地蔵では日本一の大きさだと聞いた。

 

この地蔵は一度、災難にあっている。応仁元(1467)年に始まった、京都を焼け野原にした応仁の乱で、一部が焼損したのだ。応仁の乱の被害は京都市内にとどまらず、南山城も戦場となり、西軍だった大内政弘の軍勢がこの木津郷に押し寄せたそうだ。その際、泉橋寺と境内の地蔵堂が焼け、地蔵石仏も焼損してしまった。以来、風雨にさらされて約200年以上、ようやく元禄3(1690)年に焼損した頭部と両腕が補われた。今、秋空の下、見上げる地蔵の表情はおだやかだ。


泉橋寺の地蔵石仏

古くから、人々の信仰の対象であり続けた地蔵菩薩は、慈悲の心で人々を包んで救うといわれている。子どもを守護してくれる仏様として知られるが、その御利益は、さまざまだ。安産から子授け、無病息災や五穀豊穣、交通安全というように幅広い。しかも、一度でも地蔵に手を合わせると、身代わりになって地獄の苦しみから救ってくれるという、なんともありがたい菩薩だった。

また、上狛の地は昔は、京都と奈良を結ぶ陸路はもちろん、木津川水運を利用した交通の要所だった。


木津川

この辺りは大雨が降る度、木津川が増水し、たびたび交通は途絶えることになった。地蔵石仏のある泉橋寺は木津川の傍に建つ。

 

木津川右岸堤防から見た泉橋寺の地蔵石仏

人々は川の水が引くのを待ちわびつつ、この地蔵に交通安全を祈願したという。寺では、増水で橋が流された時のために人馬を運ぶ舟三艘を供えていたそうである。

交通の要所に露座し、地域の人々を護ってきたこの地蔵、天明7(1787)年刊行の『拾遺都名所図会』にも紹介されている。当時の建物の高さや描かれている人の大きさと比較すると、その大きさがよくわかる。


『都名所圖會 4巻』
国立国会図書館デジタルコレクション所蔵

今、地蔵盆になると、子どもたちが住職の念仏に合わせて地蔵のまわりを百万遍数珠ぐりをし、無病息災などを祈願する。日本一といわれる大きさだけあって、子どもたちを何人でもいっぺんに守ってくれそうだ。

鎌倉時代から現代へ、そしてその先の時代になっても、泉橋寺の大地蔵は地元の人々や往来する旅人にとって、いつでも出会える身近な存在であり、見守ってくれる力強い仏様であるにちがいない。

五穀豊穣を願う、ずいき祭の神輿

毎年10月1日~5日にかけて、京の秋祭のひとつ、北野天満宮の「ずいき祭」が行われる。村上天皇(946~967年)の御代・菅原道真が大宰府で彫った木像を西ノ京の神人が持ち帰って祀り、秋の収穫時に野菜や穀物を供えたのがはじまりと伝えられる。

この時期、北野天満宮の氏子地域である西ノ京の北野天満宮御旅所やその周辺では献灯がともって、露店が並び、華やかな雰囲気に包まれる。

北野天満宮御旅所

 

 

この祭の主役といえば、やはり京都市登録無形民俗文化財の「ずいき神輿」だろう。他の祭で見かける神輿とは一風、違っている。

「ずいき」とは、サトイモ(こいも)の茎のこと。神輿は西ノ京地域で収穫したズイキが屋根に葺かれ、千日紅、水稲、麦、赤ナズといった農作物などをふんだんに使っていて、手間暇をかけて手作りされている。色鮮やかな食材に覆われた神輿は独創的で、見た目のインパクトが、凄い!

ずいき神輿

すみ瓔珞(ようらく)は、
赤なす、柚子、五色唐辛子などで作られている

神輿の欄間などには人形細工が施されているが、年によって自由にテーマを設け、表現されている。昨年は、上野動物園で誕生したパンダのシャンシャンが話題を集めたからだろう、可愛いパンダの細工が施されていた。他にも注目の将棋や昔話の浦島太郎をモチーフにと、趣向が凝らされている。

昨年のずいきみこし。
桂馬や欄間には話題になったバンダが!

欄間には、こちらも話題になった将棋と棋士

その材料は髪の毛がとうもろこしのヒゲ、目は豆といったように、すべて天然の食材を使っているとのこと。4日の還幸祭の巡行を待つ間、御旅所で神輿を見ることができる。

昔から、ずいきの実であるサトイモには親芋のまわりに子芋や孫芋がたくさん付くので、子孫繁栄の縁起物として喜ばれてきた。人の「頭(かしら)」になるようにとの願いも込められる。また、サトイモは栄養と効能も幅広く、眼精疲労の回復やアンチエイジング、骨を丈夫にするなど、ありがたい食材でもある。

さて、祭のクライマックスともいえる還幸祭で神輿が巡行する時、時折、シャン、シャンと音がする。これは「いらし」と言われ、祭の保存会の方や協賛された方の家の前で、神輿を上下に揺らし、長柄の前後に付けられている金具「鳴りかん」を鳴らす。色鮮やかな神輿と鳴りかんの音色は華やかで、祭の雰囲気をいっそう盛り上げてくれる。鈴の音などの鳴り物は魔を払うといわれる。この鳴りかんも、その音色が魔を払い、場を浄めてくれると聞いている。

毎年、保存会の方たちの手によって新たに作られる、ずいき神輿。祭が仕舞って、その役目を終えた後はどうなるのか?実は解体されて、また次の年の五穀豊穣を祈願し、土に還されるそうだ。最初から最後まで、自然に優しい神輿なのだ。

五穀豊穣の秋を願い、これからも京都の秋を代表する祭事として後世に伝えてほしい。

 

摩訶異の入口へ戻る

京都の摩訶異探訪とは

京都の街のどこでも存在する伝承。それは単なる絵空事ではなく、この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく。。

摩訶異を検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録