京都市京北町・周山城址、明智光秀ゆかりの城山で「京の山の怪」に遭う

山での不思議な出来事を集めた『山怪(さんかい)』が静かなブームを呼んでいる。薄暗く、深閑とした山中では全身の神経が研ぎ済まれ、都市の喧噪では見落としてしまう事象にも敏感になるものだ。三方を山に囲まれる山紫水明の地・京都にも山にまつわる怪異譚は多い。私たちも取材などで山を歩き、奇妙な体験をしたことが何度かある。その一つを紹介したい。

戦国時代の武将・明智光秀ゆかりの城山・周山(しゅうざん)城址を登った時のこと。京都市右京区京北町にある周山城址は、若狭から京都を結ぶ周山街道の押さえとするため、光秀が標高約480mの丘陵上に山城を築いたとされる。

城址の曲輪群の石垣は野面積みで、当時の様子を今に伝えるが、周山城の名は秀吉時代以降、歴史から消え、「兵どもが夢の跡」という感じだ。この石垣には周囲にあった寺から運び出された墓石が混じっていると地元の方からお聞きし、ますます荒涼感を覚えた。


周山城址への登山口(出口)


石ころだらけの坂道がつづく

登山道は近年の台風災害で荒れていた。やっとのことで崩れかけた急斜面を登り切り、苔に覆われた大石が散乱する道を進んで広場に出た。立て看板があり、ここが東の城の中心部だったことがわかる。城址を観察した後、西の城址へ立ち寄り、黒尾山を経て林道から下山する予定だった。

 


城址へ登る途中、見晴らしのよい場所に出た。絶景!


途中の切り株にで発見した、周山城主要部見取図

その帰路のこと。あとは下るだけ、とホッとしたのもつかのま、足が、はた、と止まった。

――あれ! 道が、ない。

下山してきたルートが突然、消失、いや、かき消えたとしか表現のしようがなかった。振り返ると、今、下山してきたルートが上り道となって続いている。でも……、立ち止まった先の左側は杉林の間がすべて下りの道に見えるし、右手は大きな石に阻まれている。嫌な予感がした。どこかで道を間違えたのかもしれない、と下山ルートを引き返し、30mほど登る。周囲の木の幹には赤や白のテープが巻かれ、正しい道筋であることを教えてくれている。さらに引き返すと黒尾山、城山・周山城址へと戻ってしまう。途中には標識も設置され、わかりやすいはずなのに。


道がなくなった! 大きな岩が!

再度、下山ルートにトライしてみるが、また同じ場所まで来て、杉林に阻まれた。やはりルートが消失。3度、同じ道を上り下りした。気温5℃だというのに背中にはジットリと汗がにじんだ。このままでは遭難してしまう、と焦りがピークに達した瞬間、ふと、下山ルートからV字に左折して下る細い道が視界に入った。これだ!


振り返ると下りの道が!なぜ、この道が見えなかったのか、謎…。
(手前の木(右)とその次の木(左)の間を抜ける)

どうしてこの道が見えなかったのだろう。安堵したと同時に、やられた! と思った。山中で同じ道を何度もぐるぐる歩かされる体験は、これまでに二度ほどあった。俗に「キツネに化かされた」といわれる、それだ。ちなみに、京都では「タヌキに化かされた」とか、「天狗に遊ばれた」と言う。ルートを下ると広い林道に合流、無事、下山できた。

山で同じ道を何度も歩かされる体験をした人は多いと聞く。疲れや生い茂った草木のせいで道が見えなくなるのだという人もいるが、やはり狐狸妖怪に化かされたというのが、ぴったりくる。そういえば途中、タヌキらしき糞が落ちていた。それとも、明智光秀にからかわれたのだろうか? 山の神様に畏敬の念と無事に下山できたことを感謝しつつ、周山を後にした。


京北町柏原の里への出入り口が見えてきた

令和の子年、京都・大豊神社で出合う狛ねずみの御利益

いよいよ「子年」がスタートした。十二支の先頭にあたる「子(ねずみ)」は、新しい生命が生まれる様子を象徴しているという。古来より、繁殖が盛んで多産の鼠は子孫繁栄をあらわし、ネズミ=寝ず身(ねずみ)に通じることから働き者で、財を蓄えるシンボルとされてきた。

また、平安時代の文学『源氏物語』には、「子の日」は長寿を祝う日という記述がみえる。子宝、繁栄、財を蓄え、そして長寿……。そんな縁起物尽くしの「ねずみ」に出合える場所が、京都にあった。左京区鹿ヶ谷にある古社・大豊神社だ。

社伝によると、背後の東山三十六峰の十五峰目「椿ヶ峰」をご神体とした山霊崇拝の社だったが、仁和3(887)年、宇多天皇の御悩平癒祈願のため、尚侍(ないしのかみ)の藤原淑子が勅命を奉じ、医薬祖神である少彦名命(すくなひこなのみこと)を椿ヶ峰に祀って創建した勅願社とのこと。少彦名命のほか、学問の神様の菅原道真、勝運の神である応神天皇も御祭神として祀られている。

住宅街を一路東へ、坂道を上って哲学の道を少し東へ入り、境内へとお邪魔した。


大豊神社

椿ヶ峰の樹林に抱かれて境内がある。冬の早朝、境内は深閑として、清々しい。正面奥の石段を上った先にある本殿へ参拝し、今回の目的である末社・大国社(祭神・大国主命)へ。


狛鼠のある大国社へ

境内の右奥の石段を上がると、大国社がある。社の前では狛犬ならぬ阿吽の「狛(こま)ねずみ」が出迎えてくれる。

大国社がなぜ狛ねずみかというと、『古事記』の神話、鼠が野火の中から大国主命を洞穴に導いて救ったことに基づいている。表情豊かな二座の狛鼠はそれぞれ何かを手にしている。それが何なのか知りたくて、社の権宮司の方に尋ねると、「右側の狛鼠は学問をあらわす巻物、左側は豊穣と薬効を象徴し、また生命の源である水の玉を抱えています」とのこと。


(写真右)阿の狛鼠。巻物を抱える
(写真左)吽の狛鼠。水玉を抱える

水玉を持つ左の狛ねずみは子授け・安産をあらわしており、生まれた子どもが元気に育ち、右側の狛鼠に象徴されるように学問を学んで成長して大人になって次の生命を育んでいく。二座の狛鼠は生命、人間界のサイクルを現していると教えていただいた。

水玉を抱える狛鼠の頭や台座には椿の花が飾られていた。背後の霊峰・椿ヶ峰に抱かれた境内は椿の木が多く、「椿の名所」としても知られている。また、本殿前には古木・枝垂れ梅があり、約50年に一度、梅と桜が同時に咲く時期があるそうだ。

ところで、境内には狛ねずみ以外にも見所がいっぱいだ。末社の美田稲荷社は商売繁盛の神で狛狐が、火難除の愛宕社には狛鳶(とび)が! 災難除の日吉社では狛猿が鎮座する。治病・健康・長寿と金運を現す狛蛇も! こちらには別の機会にゆっくり会いに来たいと思う。

さまざまな神様とヒヨドリの鳴き声、霊峰から流れてくる水音にすっかり身も心も癒されながら、令和の子年の少子化社会に子授け・安産を、私たちは学業成就(筆力が増しますように!)を願って、境内を後にした。


今回、境内をご案内いただいた権宮司さんと狛鼠

 

京の大天狗・愛宕山太郎坊と天狗の正体

京都の霊山といえばまず、東の比叡山、西の愛宕山だろう。西の霊山「愛宕山」は日本一の火伏の神様が鎮座する山としてよく知られるが、実はもう一つ、すごい天狗の首領がいる山でもあった。


愛宕山登山道(清滝より)

日本の8大天狗といえば、1番・京都愛宕山太郎坊(栄術太郎)、2番に滋賀比良山次郎坊、3番・京都鞍馬山僧正坊、4番・長野飯縄山三郎坊、5番・鳥取大仙伯耆坊、6番・福岡彦山豊前坊、7番・奈良大峰山普鬼坊、8番・香川白峰山相模坊をいう。愛宕山太郎坊はその筆頭で、神通力は天地をもひっくり返すと言われるほどのパワーを持つとされる。

愛宕山の古縁起や平安時代の説話集『今昔物語』によれば、山岳密教の開祖役行者と奈良時代の修行僧・雲遍上人が愛宕山を開山し、そこを行場に秘術を駆使して懸命に祈祷をしていると、そばの大杉に天竺(インド)から来た大天狗の日羅(ニチラ)や中国の天狗の首領であった是界(ゼカイ)とともに太郎坊が出現。その数、大小合わせて9億余り、愛宕山は天狗でびっしり埋め尽くされたと伝わる。

その場所が愛宕山表参道を登って十七丁目の四所明神(火燧権)で、太郎坊が姿を現した大杉が愛宕の山神の神籬(ヒモロギ)として現存している。


火燧権現跡(十七丁目)

半空洞化した巨幹は落雷によって炭化した焼痕を残すものの、様々な祈祷の札や石柱や祠によって守られていて、霊力の確かさを今に伝えている。愛宕山を登る人たちはまず、この大杉に礼拝し、その霊力に護られながら頂上を目指す。

さて、その天狗という異形の者の正体が気になる。

そもそも太郎坊を首領に頂く天狗は大陸より仏教の伝来とほぼ時を同じくして来日した。ルーツの中国やインドでは、夜空にフッと現れて長い尾をひき、天を走りぬける流れ星(隕石の飛来)や彗星のことを指し、その姿が野を駆けるキツネや犬に似ていることから「天のキツネ」「天の犬」と例えて「天の狗(いぬ)」と字をあてたのが始まりとされている。

しかも変幻自在、人々の意表をついて出現し、隕石となって地上や海上に落下した時の破壊力は凄まじい。とうてい人智の及ぶモノではない。人々が天狗を妖魔、大魔王と畏怖したのもうなずけるし、一説に天狗の顔が赤いのも、その流星が火の玉となって飛翔する色であり、あの長い鼻は火球の尾をあらわしたものだとも聞く。


雪の中の鞍馬駅前の天狗

そうしてその後、日本へ上陸した天狗は峻険な山にすみ、我が国独自の進化の過程を経て今に至る。

その進化の一つが、先に記したあの天狗の顔と姿。修験者姿に赤い顔とこれでもかと突き出た高く大きな赤い鼻だが、これはかなり進化を経た日本独自の容貌で、渡来当初はワシやタカ、トンビ、カラスなどの猛禽類やキツネや犬、ムササビのような顔と大きな両翼を付けた姿だった。


渡来当初の天狗は今とは違った印象。
国会図書館デジタルコレクション所蔵『荒山水天狗鼻祖 3巻』より

ちなみに、かの鞍馬山で牛若丸の剣術修行の相手をした小天狗たちの正体は、なんと鞍馬山に今もその子孫たちが棲む、ムササビ説が有力だそうだ。


国会図書館デジタルコレクション所蔵『古大津絵集 五月庵蔵版. 第2』より伝わる天狗の姿

京のおまじない「逆さ札」と天下の大泥棒・石川五右衛門

今年も12月に入ると、まず、取りかかる作業がある。オフィスの天井に近い壁に張られた「おまじない」を新しいものに張り替えるのだ。

大きい方が縦20㎝、幅5㎝。小さい方が縦6㎝、幅2㎝。大きいのが2枚、小さいのが5枚を半紙から切り取って、それぞれに「十二月十二日」と日付を書く。大きいのは愛宕神社の火除のお札とともに台所に、小さいのは窓や玄関に、上下を逆向きにし、ぺたりと壁に貼っていく。これは代々、筆者の家に伝えられてきた泥棒やスリ、空き巣などの盗難除けの「逆さ札」である。有効期限は一年間だと聞いている。

著者の台所に貼っている、おまじないのお札

さて、その「十二月十二日」と書くわけだが、これはいったい何の日かというと、天下の大泥棒・石川五右衛門が三条河原で処刑された日、つまり命日だという。

五右衛門は『京都大事典』によると、安土桃山時代の大盗賊で、文禄3年に捕らえられ、豊臣秀吉の命令で子とともに三条河原で釜煎の刑に処せられた。江戸時代に浄瑠璃や歌舞伎に取り上げられ、伝説化していく。安土・江戸時代初期の公家・山科言経が記した『言経卿記』にも記されていることから、実在した人物だと思われる。ただ、日記には文禄3年(1594)8月24日の項に「盗賊など十人の者と釜煎りになった」とあり、命日が違っている。一説には、12月12日は命日ではなく、五右衛門の生まれた日とも。

12月12日のお札は逆さに貼ることから、「逆さ札」と呼ばれる。ところで、なぜ、お札を逆さに貼るのだろう?

昔、泥棒は天井裏から忍び入ったため、お札を逆向きにし、泥棒からは12月12日と読めるようにしたとのこと。つまり、あの天下の大泥棒でも最後は捕まって釜煎にされた。「おまえも、同じな目に遭うぞ」と脅して、泥棒を戒めるためだそう。生きながら煎られるという恐ろしい刑罰に処されたのは盗賊として名を馳せていただけでなく、当時の天下人・豊臣秀吉の首を狙ったからだとされる。


国会図書館デジタルコレクション所蔵
『江戸繪日本史』石川五右衛門

江戸時代に庶民の間に広まったといわれる逆さ札の風習。昔、天井近くに貼られた札も、現代の家事情では玄関ドアや窓付近に貼る家が増えてきた。また、お札は、12月12日の12時に12歳になる子どもに書かせると効果が絶大だという。ちなみに、小さいお札を財布に入れておくと、財布をすられないというからぜひ、やっておきたい。また、逆さ札の風習は京都だけでなく、大阪や奈良など、豊臣秀吉の影響を受けた関西地域に多い。

京都では、嫌なお客が来ると、箒を逆さにして立てかける風習がある。客が早く帰りますように、というまじないだが、"逆さにする"という非日常の行為がその効力を増すと考えたのかもしれない。何かと忙しない師走。実はこの時期、空き巣や窃盗被害が最も多いらしい。逆さ札の御利益にあやかって、無事、年末年始の準備に取りかかりたい。


著者所蔵の古絵葉書。
石川五右衛門が処刑されたという三条河原が描かれている

京都市右京区・京北に伝わる光厳古道の「腰掛け石」

今から約670年前の昔、我が国の歴史上でも例をみない、北朝と南朝の二朝廷が存在し、互いに覇権を争った時のこと。時の鎌倉幕府十四代執権・北条高時によって擁立された北朝初代光厳天皇もまた、その南北朝の動乱によって在位と幽閉を二度も経験される波乱の人生を送られたひとりだった。

当時の凄惨な逸話として、光厳帝は鎌倉幕府が滅亡の際、自らも負傷され、400名以上の鎌倉武士が自害されるのを目の当たりにされたという。その後の動乱でもさらに大勢の命が奪われたことに心を痛められた光厳帝は、剃髪して法皇となられ、動乱で犠牲となった戦死者の霊を弔うために従僧順覚をともなって行脚の旅に出立された。その晩年、その行脚の旅で松尾峠を越え、到着されたのが山国庄、現在の京都市右京区京北の地だった。

法皇が上桂川(大堰川)からの田園風景を眺めながら山路を遡って進まれた時、パーッと視界が開けた。京北山々、里の美しさ、水の豊かさを目にされ、「見よ、順覚。この場所から山々は、北を塞ぎ南に向かって水は流れている。七尾七谷、あの山懐にはきっと如来さまか菩薩さまがいらっしゃるにちがいない」(『京都府京北町ふるさと再発見』/ふるさと京北鉾杉塾発行参照)と感嘆され、近くにあった石に腰かけ、しばし、この風景を眺められたと伝わる。


上桂川(大堰川)の河原の様子

その後、何も知らぬ旅人が通りかかり、光厳法皇が腰掛られた石に座って休憩した。そしていざ、立ち上がろうとした時、石にお尻がひっついて離れなかった。以来、地元の人たちはその石を、「光厳さまの腰掛石」と呼び、貴石として敬った。庶民が腰をかけるなど恐れ多い、もし腰かけたらお尻がひっついてしまうと噂して、決して腰かけることはなかった。また、光厳古道にあるその貴石の前を通る際、里を出る者は旅の安全を祈願し、里に入る者はこれまでの無事を感謝したと聞く。


光厳法皇の腰掛け石


腰掛け石付近から見た京北の里

京北山国に入られた光厳法皇はこの地に隠棲され、常照皇寺を開かれ、崩御されるまで過ごされた。常照皇寺には、山国の地で暮らす兄を慰めるため、弟の光明天皇が持参して共に植えられたと伝わる桜「九重桜」があり、国の天然記念物にも指定されている。


常照皇寺

これまで過酷な運命に翻弄されてきた法皇だからこそ、この緑と水の豊かな山里に抱かれる終の棲家は、どれほど心安らぐものだったか想像に難くない。そして光厳法皇が座られた道端の石は、今でも光厳古道の貴石「腰掛石」として大切に安置され、行き交う人びとを見守ってくれている。


光厳古道

摩訶異の入口へ戻る

京都の摩訶異探訪とは

京都の街のどこでも存在する伝承。それは単なる絵空事ではなく、この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく。。

摩訶異を検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!

メルマガ会員登録

WebLeaf から更新情報や
おすすめイベントをひと足早く配信中!

プレゼント応募

Leaf & WebLeaf 読者への
スペシャルギフトが毎月更新中