京都市右京区・京北に伝わる光厳古道の「腰掛け石」

今から約670年前の昔、我が国の歴史上でも例をみない、北朝と南朝の二朝廷が存在し、互いに覇権を争った時のこと。時の鎌倉幕府十四代執権・北条高時によって擁立された北朝初代光厳天皇もまた、その南北朝の動乱によって在位と幽閉を二度も経験される波乱の人生を送られたひとりだった。

当時の凄惨な逸話として、光厳帝は鎌倉幕府が滅亡の際、自らも負傷され、400名以上の鎌倉武士が自害されるのを目の当たりにされたという。その後の動乱でもさらに大勢の命が奪われたことに心を痛められた光厳帝は、剃髪して法皇となられ、動乱で犠牲となった戦死者の霊を弔うために従僧順覚をともなって行脚の旅に出立された。その晩年、その行脚の旅で松尾峠を越え、到着されたのが山国庄、現在の京都市右京区京北の地だった。

法皇が上桂川(大堰川)からの田園風景を眺めながら山路を遡って進まれた時、パーッと視界が開けた。京北山々、里の美しさ、水の豊かさを目にされ、「見よ、順覚。この場所から山々は、北を塞ぎ南に向かって水は流れている。七尾七谷、あの山懐にはきっと如来さまか菩薩さまがいらっしゃるにちがいない」(『京都府京北町ふるさと再発見』/ふるさと京北鉾杉塾発行参照)と感嘆され、近くにあった石に腰かけ、しばし、この風景を眺められたと伝わる。


上桂川(大堰川)の河原の様子

その後、何も知らぬ旅人が通りかかり、光厳法皇が腰掛られた石に座って休憩した。そしていざ、立ち上がろうとした時、石にお尻がひっついて離れなかった。以来、地元の人たちはその石を、「光厳さまの腰掛石」と呼び、貴石として敬った。庶民が腰をかけるなど恐れ多い、もし腰かけたらお尻がひっついてしまうと噂して、決して腰かけることはなかった。また、光厳古道にあるその貴石の前を通る際、里を出る者は旅の安全を祈願し、里に入る者はこれまでの無事を感謝したと聞く。


光厳法皇の腰掛け石


腰掛け石付近から見た京北の里

京北山国に入られた光厳法皇はこの地に隠棲され、常照皇寺を開かれ、崩御されるまで過ごされた。常照皇寺には、山国の地で暮らす兄を慰めるため、弟の光明天皇が持参して共に植えられたと伝わる桜「九重桜」があり、国の天然記念物にも指定されている。


常照皇寺

これまで過酷な運命に翻弄されてきた法皇だからこそ、この緑と水の豊かな山里に抱かれる終の棲家は、どれほど心安らぐものだったか想像に難くない。そして光厳法皇が座られた道端の石は、今でも光厳古道の貴石「腰掛石」として大切に安置され、行き交う人びとを見守ってくれている。


光厳古道

夜な夜な絵馬から抜け出す、光清寺の浮かれ猫

京都にも猫の怪異を今に伝えるエピソードがいくつかある。その中のひとつが、臨済宗建仁寺派光清寺(非公開)の「浮かれ猫」だ。出水七不思議に数えられている。


臨済宗建仁寺派の光清寺
(一般拝観はされていません)

江戸時代、境内にある弁天堂には牡丹と蝶、そして真向きの猫が描かれた絵馬がかけられていた。当時、この寺の近くにあった花街から、毎夜、風に乗って三味線の音色が聞こえてきたという。

ある夜、弁天堂の絵馬からスルリと猫が抜け出し、女性の姿に変化すると三味線に合わせて踊りだした。その姿が、まるで天女が舞っているように美しい。目にした者は感嘆し、「浮かれ猫」と評判を呼ぶ。それから毎晩、噂を聞きつけた人たちが寺に押し寄せ、困った住職は絵馬を金網で覆い、法力を使って猫を閉じ込めてしまった。

ところが、その夜、住職の夢枕に一人の武士が立った。「私は法力によって閉じ込められた絵馬の猫の化身です。これからは世の中を騒がせたりしないので、封印を解いてほしい」と懇願。(寺が臨済宗だったことから、猫は気遣って武士の姿になって出てきたといわれる)。住職は猫を気の毒に思い、封印を解いてやった。猫は約束を守り、二度と絵馬から抜け出すことはなかったという。


「浮かれ猫」の絵馬
(写真家・中田昭さん寄贈写真を筆者撮影)

この猫は踊るだけでなく、ニャーと鳴いて、水を飲んだとの話も伝わる。

それ以来、猫は絵馬から抜け出さなくなったが、噂だけは広まって、弁天堂にお参りすると三味線や踊りの上達に御利益があるとされ、花街の女性たちから信仰を集めた。

絵馬に描かれた動物が抜け出す、という話は他にも聞くが、やはりこの絵馬の猫がホンモノそっくりに思えるほどの出来映えだったからだろう。

また、当時、花街で働く芸者や遊女のことを、隠語で「ネコ」と呼んだ。なぜそう呼ばれたかというと、猫は夜行性であることから、夜になると働きに出る女性たちを指したそうだ。遊女は生まれ変わったら猫になるとも言われたと聞く。

今、この絵馬(実物)は長年の風雨にさらされて劣化が激しく、残念ながら目にすることができない。寺の御堂には実物を撮影した写真が飾られている。猫は白と黒の二色のようだ。牡丹の花が描かれているが、牡丹は春の花である。その根は昔から婦人科系の薬として使用されていたこともあって、猫=女性、そして夜行性=遊女をイメージさせたのだろう。それに、この頃すでに「牡丹灯籠」という怪談も広まっていたようだから、京の街の人たちはこの寺の牡丹と猫の絵馬を見て、妖しくも艶やかな出水の七不思議として広まっていったのかもしれない。

※光清寺は非公開です


絵馬に描かれたような三毛猫
(引用:写真素材 足成

京都で出合えた、中国の魔除け・鬼竜子(きりゅうし)

京都の屋根の上の魔除けといえば、「鍾馗さん」がよく知られている。だが、もうひとつ、同じ中国にルーツを持つ「鬼竜(龍)子」という魔除けの守護神があった。

辞書や文献をあたってみると、鬼竜子とは屋根の下り棟の装飾にならべる怪獣像で、屋根の下に暮らす住人たちの守護神だといわれている。龍、鳳凰、麒麟、獅子、馬、兎、雄鶏、千鳥、海豚などが置かれる。いずれも神(霊)獣だ。もとは中国の北方狩猟民族が狩の獲物やその皮を屋根の上に投げたのがルーツとされ、鎮魂や魔除けの祈りを込めたそうだ。

台風一過の夕暮れ、左京区岡崎を歩いていて、その鬼竜子たちに出合った。平安神宮の大鳥居の近く、神宮道から慶流橋を渡って仁王門通を疏水沿いに西南へと歩く。すぐ左前方に、建物の上に中国風の朱塗りの八角形の堂が見えてくる。平安神宮の朱塗りの大鳥居と対のようにも見え、風景に溶け込んで違和感はない。普段から、おもしろい建物だなと思っていた。八角度の屋根の棟隅に小さな物が幾つも乗っている。劣化を防ぐためか、台風や地震などに備えての安全対策なのか、全体に網がかけられていた。

八角堂の屋根に並ぶ魔除けの鬼龍子

 

そういえば昔、私が中国の北京を旅した際、故宮を訪れ、これに似た屋根飾りを見た記憶があった。故宮の屋根の隅棟には先頭に仙人が配置され、あとには龍や鳳凰、麒麟など神獣が一列に並んでいた。その像たちは鬼竜子だった。並べる数は奇数と決まっていて、3、5、7、9というふうに数が増えるほど建物の格があがるとのこと。中国では奇数は吉祥の数であり、故宮の屋根の棟には9体の神獣がいる。ちなみに「9」は無限、永久という意味がある縁起の良い数字だそうだ。

そもそも、屋根の上に飾りを施すのは世界共通。最初は権威や権力を示すために神殿や権力者の住まいの屋根に付けられた。それが後に火除けや魔除けの役割を担うようになっていく。鬼竜子にはさまざまな神獣がいるが、なかでも最も位が高いのは龍だとされる。龍は水の神であるから火除けでもあり、避雷針がなかった時代、最も恐ろしかった雷から守ってくれると信じられていた。

今回、出合った八角堂屋根の各隅棟に並んでいる鬼竜子の数は全部で四十七体だと聞いた。これらの鬼竜子たちは日々、火除けや魔除けとして、この建物を守っているのにちがいない。また、京都のほかの鬼竜子たちを探しにいこうと思う。

先頭は鳥に乗った人物、その後は奥の屋根は龍で、手前のは獅子か?

海の京都・天橋立で名高い宮津にも伝わる怪談「皿屋敷」

夜な夜な、庭の井戸から悲しげな女の声がする。一枚~、二枚~、三枚~、四枚~、五枚~、六枚~、七枚~、八枚~、九枚~……あぁ、一枚足りぬ……。

『四谷怪談』『牡丹灯籠』と並んで、日本の三怪談の一つに数えられる『番町皿屋敷』のハイライトシーンだ。江戸時代から歌舞伎や浄瑠璃などで何度も演じられてきた。この怪談、実は日本各地に伝わっている。

この京都にも、その場所があった。

海の京都・天橋立で名高い宮津市にある菊姫稲荷が、それだ。国道178号線沿いの宮津漁港にほど近い波路町に祀られ、社の駒札には『丹州皿屋敷』と記されている。

菊姫稲荷と鳥居

 

皿屋敷伝説といえば、先に紹介した江戸の番町皿屋敷版が最も有名だ。青山播磨守主膳の屋敷に奉公にあがった娘・お菊が家宝である十枚一揃いの皿を誤って割ってしまう。その罪で、お菊は斬り殺され、井戸に投げ込まれる(あるいは自ら命を絶つ)。ところが、それは主人に可愛がられる美しいお菊に嫉妬した女中たちの仕業だった。夜になり、青山家の屋敷の井戸にお菊の幽霊が現れ、恨めしげに皿を数え出す。その後、青山家ではさまざまな災いが起き、お家は衰退していく、という話だ。

これが、姫路の『播州皿屋敷』版になると、お家騒動の陰謀とお菊に懸想して拒まれた男の意趣返しといった話になってくる。

『絵本稗史小説. 第4集』播州皿屋敷物語
国会図書館デジタルコレクション所蔵

 

では、宮津版ではどうなのだろう。

歴史をみると、享保2(1717)年から宝暦8(1758)年まで宮津藩の城主は青山氏である。一族の青山近江守幸澄の妻(妾)と家臣との不義密通事件や養子青山鉄之助の自殺など奇っ怪な事件が相次ぎ、その後、青山氏は美濃郡上へ転封させられている。

この実際の事件を題材に、後に「皿屋敷」の怪談が編まれたのではないか、と言われている。それなら、宮津版は発祥といえるかも! また、宮津に伝わる昔話には、当時の城主だった青山大膳幸道が、お菊という女が家宝の皿を一枚割ったので手討ちにした話が残る。


『絵本稗史小説. 第4集』播州皿屋敷物語
国会図書館デジタルコレクション所蔵

近年、菊姫稲荷は建て替えられて鳥居もお社もすっきりとし、様相が一変した。昔は社全体が鬱蒼とした木々に囲まれ、おどろおどろしく、うらぶれた雰囲気で近づくのもためらわれたと聞く。この稲荷から西北100メートルに「お菊井戸」と呼ばれる井戸もあったが、いつの間にか埋められたらしく、今は跡形もない。

菊姫稲荷の敷地の左隣りにはスーパーがあり、目の前の国道は車両の通行量が多く、この社が、かの有名な怪談の場所だと気づく人はあまりいない。だが、皆が寝静まった秋の夜長、この辺りを歩いてみれば、波の音に混じって、「一枚~、二枚~」と恨みを込めて皿を数える女の声が聞こえてくるかもしれない。うっかり「九枚~」の次を聞いてしまうと、恐ろしいことが起こるというが……。


稲荷から少し歩くと宮津湾が望める

京の迷子石。子どもを持つ親が怖れた、神隠し

「もーいいかい」「まーだだよ」町内のあちこちから、そんな声が聞こえる。かくれんぼをする子どもたちだ。しだいに夕暮れが迫ってきた。「もーいいかい」「……」まだ見つかっていない子が一人。そろそろ夕餉の時刻だ。遊びに飽きて勝手に家に帰ってしまったのかな、と他の子どもたちはかくれんぼをやめ、それぞれ家に帰っていく。

ところが、夜になり、ある家の両親が「うちの子が、帰ってこない」と慌て出す。昼間一緒に遊んだ子どもの家に尋ねてまわるが、誰も、かくれんぼの途中からその子を見ていないという。次の日も、その次の日も、子どもは帰ってこない。そこで町の人たちは「神隠しにあったにちがいない!」と騒ぎ出す。

明治時代の新聞を調べると、忽然と子どもが消えたという記事が掲載されている。ある日突然、人が姿を消してしまう現象を、昔の人は「神隠し」と呼んだ。

子どもの場合、大人たちと出かけて行き、大人の目を盗んで遊んでいるうち、はぐれてしまい迷子になるケースもあったようだ。現代なら、警察に届けて行方を捜査してもらうのだろうが、この時代、行方知れずになった人を探すには、どのような方法があったのだろう。

 

京都有数の盛り場として賑わう新京極通に、その名残があると聞いて、歩いてみた。


新京極商店通(四条側から)

明治5年、新京極通は東京奠都(てんと)で意気消沈した京都の復興政策の一つとして作られた。その新京極通三条下る桜之町(ろっくんプラザ東隣)にある誓願寺(さいがんじ)新京極通がなかった時代、この地に広大な敷地を誇っていて、境内に芝居小屋や見世物小屋、露店が建ち並び賑わっていた。

 


誓願寺


国会図書館デジタルコレクション所蔵『京都名勝便覧図会 明治改正』より。
よく見ると人、人、人で、賑わっている様子がわかる

その門前の左脇には今も、「迷子みちしるべ」と刻まれた石柱が立つ。これは当時、多くの人が往来する辻や参詣者で賑わう寺社に立てられ、人々や行方不明者の情報を知らせる掲示板として活躍した。


誓願寺前の迷子みちしるべ石

石柱をよく観察すると、右側の面に「教しゆる方」、左面の面には「さがす方」と彫ってある。つまり、右側には迷子を見つけた人がその子の家や両親を探すために子どもの特徴を書いた紙を貼りつける。そして左側には、行方知れずになった子どもの親が我が子の容姿、身につけていたものなどの特徴や連絡先を書いた紙を貼った。

この掲示板のおかげで、6~7割の行方不明者の身元が判明したという。それでもわからない時は、「神隠し」とか「天狗さらい」と言ったようだ。

福知山では、暗くなって「かくれんぼ」をすると「隠し神さん」に隠されると恐れ、夕暮れ時には遊びを切り上げて帰ってくるよう、親は子どもたちを戒めたという。また、京都市内でも昭和中頃まで、「ことりがくるさかい、はよ、帰り」と大人たちが急かしたと聞く。

京都で迷子みちしるべが現存する場所は、三箇所。一つはこの誓願寺の迷子みちしるべ、八坂神社の月下氷人石、北野天満宮の奇縁氷人石が、それだ。

現在では、新京極通を歩く人たちが迷子みちしるべに気を留める様子はほとんどない。だが昔、掲示板の役割を果たしたこの習俗を、石柱はひっそりと今に伝えている。


大正末期から書和初期の絵葉書。
新京極。奥に鳥居が見える(著者所蔵)


江戸時代の古絵図『文久改正新増細見京絵圖大全完』
御池から四条。上が北、下が南(著者所蔵)

摩訶異の入口へ戻る

京都の摩訶異探訪とは

京都の街のどこでも存在する伝承。それは単なる絵空事ではなく、この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく。。

摩訶異を検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!

メルマガ会員登録

WebLeaf から更新情報や
おすすめイベントをひと足早く配信中!

プレゼント応募

Leaf & WebLeaf 読者への
スペシャルギフトが毎月更新中