夜な夜な帝を悩ませた、妖怪「鵺」

平安時代、京の都は狐狸妖怪の棲み処だった。現代とちがって、夜は月明りだけだった時代、闇は深く濃く、都人を怖れさせた。

なかでも、平安時代末期、近衛天皇は闇の訪れを怖れた。毎夜、丑三つ時になると、御所は黒雲に覆われ、ヒョー、ヒョーという不気味な鳴き声がする。帝は、得体のしれない鳴き声を耳にする度、全身が震え、うなされるようになった。都人はその声の主を「鵺(ぬえ)」と呼んで、気味悪がった。

そこで、鵺退治に白羽の矢が立ったのが、鬼退治で有名な源頼光の子孫で、武勇に秀でた弓の達人・源頼政だった。頼政は闇夜に潜み、丑三つ時になって奇妙な鳴き声がするのを待った。そして鳴き声をたよりに、天空に向かって矢を放った。すると、空からドサリと落ちて来たモノがある。

近づいてみると、それは奇怪な生き物だった。頭はサル、胴体はタヌキ、手足はトラ、尾はクチナワ(ヘビ)。鵺の姿は、退治に関わった者たちを驚嘆させた。頼政が鵺を退治すると、たちまち帝の病は完治したという。

nue01

『大新板釜淵双級巴飛廻双六 切狂言頼政鵺物語』
(国会デジタルコレクション所蔵より転載)

源頼政に射られた鵺が落ちて来た場所というのが、京都市内に現存する。二条城の北側、上京区主税町にある二条公園がその場所だ。昼間は家族連れや子どもたちが遊ぶ公園で、おどろおどろしい雰囲気はない。ただ、その一角に、射落とされた鵺を祀る鵺大明神の祠がある。それはひっそりと公園の北側にたたずんでいる。

nue02

鵺大明神

nue03

鵺池碑

また、頼政が鵺の血に濡れた矢じりを洗った池というのも再現されていた。この鵺退治に使われた矢は、下京区にある神明神社に今も保管されていると聞く。

では、退治された鵺の亡骸はどうなったのだろう?

幾つかの説がある。

能の演目である『鵺』では、僧の前に鵺の亡霊が現れ、自分は冥府の渡し舟「うつほ舟」に押し込められて淀川へ流された、と嘆く。別の伝承では、大きな竹筒に入れられて清水寺の岡に埋められ、その鵺塚は清水三年坂の傍にあったという。また、伏見区深草にも鵺塚が存在する。いづれにしても、鵺伝説は当時の人々の間でよく知られていたようだ。

ところで、鵺の正体だが、ヒョー、ヒョーという鳴き声から、トラツグミだったのではないかと言われている。鳴き声は笛の音のようで、不気味というより、寂しげだ。

nue04

トラツグミ

電灯もなく、物音ひとつしない平安時代の丑三つ時、闇夜への恐怖心にいっそう煽られ、当時の都人が背筋を凍らせて鵺の声を聞いていたとしても、不思議ではない。

インターネットでも、「鵺」を検索してみた。その正体はレッサーパンダだというのがヒットした。顔はサル、身体はタヌキ、尾はヘビ、手足はトラ……。鵺の姿は諸説あり、尾はキツネともいわれる。確かにレッサーパンダに似ているかも!

ただし、謎は謎のまま葬っておくほうが、神秘的だ。

天下人にも愛された、北白川の巨大な石仏

北白川の入口、今出川通と志賀越道がY字に交わる交差点の北西に、ひときわ大きな石仏が祀られているのを、ご存知だろうか。車の往来の激しい通りの一角に、どっしりと構える巨大な石仏は、振り返って見てしまうほど、インパクトがある。

sekizou01

志賀越(山中越)道の標識

それは北白川の三体石仏のひとつで、「白川子安観世音」と呼ばれる高さ約2mの石仏だ。この石仏が作られたのは、鎌倉時代といわれ、この辺りで採れる白川石を素材に彫られたものだった。長い年月の間に風化して、その巨体は丸みを帯びているが、それがかえって大らかで優しい雰囲気を醸し出している。

sekizou02

今出川通から見える「子安観世音」

sekizou03

近づいて見ると大らかで優しい雰囲気を感じられる

この石仏には、次のようなエピソードが今に伝わっている。

安土桃山時代のこと、洛中で妙な噂が囁かれ出した。「時折、白川の石仏が歩く」というのである。その噂が天下人になった豊臣秀吉の耳に入った。大きい物好きの秀吉は、「おお、それほど巨大で霊力を発揮する石仏であれば、天下人の居城を護るにふさわしい」と、強引に石仏を聚楽第の庭に運ばせ、眺めて楽しんでいた。

ところが、城中に奇妙な噂が広まり出した。夜な夜な「白川に戻せ」と石仏が懇願する声が聞こえるという。その声を聞いた人々は気味悪がったり、気の毒がったりした。とうとう秀吉も折れ、石仏は元の地に戻されたとのこと。

また、文政13(1830)年、白川村で大火があり、その際に石仏の両手と首が折れてしまった。それ以来、「首切れ地蔵」とも呼ばれるようになったそうである。

やがてこの石仏は白川村の入口である現在の地に移され、子どもたちの安全にご利益がある「子安観世音」として信仰されるようになった。

以前、トラックがこの石仏にぶつかり、首が落ちる事故があった。だが、子どもが巻き込まれる事故は一度も起きていないと聞く。石仏が子どもを事故から守ってくれているのだと地域の人々は口をそろえる。

 

白川といえば、「花いりまへんか~」と頭上の箕に花を乗せて売り歩く、「白川女」が有名だ。昔から白川女たちは必ず、この石仏に花を添え、商売繁盛と安全を祈願してから商いに出た

sekizou04

100年前の絵葉書にみる、白川女

 

さて、お気に入りの巨大な石仏を元の場所に戻させた秀吉だったが、どうしても巨大な石仏を諦めきれない。

そうして秀吉は、近くに別の二体の巨大な石仏があることを知る。現在、北白川の三体石仏として知られるうちの二体がその石仏で、室町幕府八代将軍・足利義政が銀閣寺へ行く途中、常に参拝していたという。それを知った秀吉は、そのうちの一体を聚楽第へ運ばせた。こちらは「返せ」とは叫ばなかったようで、長く聚楽第に置かれていたそうだ。

伝え聞くところでは、石仏は一体だけが白川に残されたが、いつしかその隣りにもう一体が安置され、二体が仲良く並ぶ今の姿になって街を見守り続けている

sekizou05

志賀越道(山中越)旧道の途中にある
二体の大日如来の石仏

取材をさせていただいた地域の古老の方によると、「あの子安観世音さんは、今でも時々、動かはるそうやで」と、ナイショ事のように教えてくれた。

巨大な石仏は地域の安全のためにこっそりと、夜回り先生ならぬ「夜回りさん」をしてくれているのかもしれない……。

 

小野小町と深草少将の百夜通いの地をゆく

「命がけの恋」という言葉があるが、平安時代の初期、命をかけてしまった恋の逸話が残る。平安時代の歌人で絶世の美女として知られる小野小町と深草少将との「百夜通い」のエピソードが、それだ。

byakuyagayoi01

「芸海游弋」(高野辰之 1940)より小野小町
(国会図書館デジタルコレクションより引用)

当時の恋愛は文や歌のやり取りが主で、顔を合わせることはないというのだから、小町は相当、文才に長けた人物で、筆遣いや紙の選び方などにもセンスがあったのだろう。だが、あちこちから恋文を受け取っていた小町にとって、深草少将から届いた恋文はその中の一通に過ぎず、煩わしいとさえ思っていたのかもしれない。小町は、「百夜訪ねて来てくれたなら、お心に従いましょう」と、条件を出す。

小町を恋焦がれる深草少将は言われるまま、毎夜、小町の住居へ通い続けた。第一夜はちょうど今頃、秋の虫の鳴く月夜だったと思われる。それからというもの、少将は闇夜も雨の夜も通いつめた。「牛車で来られては目立ちます」と小町から言われ、雨の夜は蓑(みの)をつけ竹の杖を持って歩いた。そして百夜目、大雪に見舞われた。少将は寒さと疲労で力突き、凍死してしまったと伝わる。

その百夜通いにゆかりある地が、伏見にあるというので、訪れてみた。

深草少将の住居跡とも伝わるのが、伏見区西桝屋町にある曹洞宗の欣浄寺(ごんじょうじ)だ。本尊が「伏見大仏」で知られる曹洞宗の寺で、境内には少将塚や小町塚、少将の涙の水とも言われる少将姿見の井、小町姿見の池がある。

byakuyagayoi02

欣浄寺境内の姿見の池

後の人が百夜通いのエピソードを知って立てたのだろうか、少将と小町の供養塔が並んでいる。また境内には、「少将の通い道」と呼ばれる小径があり、訴訟を抱えている人がその道を通ると願いが叶わない、と言い伝えられている。

byakuyagayoi03

少将が通ったと伝わる竹林の古道

そして、もう一つ訪れてみたいのは、欣浄寺から約5kmの距離にある随心院だ。小野小町の住居だったといわれる真言宗善通寺派大本山の寺で、梅の名所としても名高い。

byakuyagayoi04

小野小町ゆかりの随心院

約5kmとはいえ、毎夜、往復するのは相当、大変だったに違いない。途中の竹藪の古道は千年の昔を想像させてくれる。寺の境内には、小町への千通の手紙が埋められたと伝わる小町文塚があり、この塚を詣でると恋文や文章が上達するといわれる。ほかにも、小町が朝な夕な顔を洗ったと伝わる化粧の井戸も残されていた。

byakuyagayoi05

随心院境内にある小野小町化粧井戸

さて、百夜通いは少将の死で終わってしまったが、その後のエピソードがある

ある時、一人の僧のもとに小野小町の霊が現れて、「どうぞ供養してください」と懇願する。僧が小町のために香を焚き、読経していたところ、一人の男の霊が現れ、「小町が成仏したなら、再び私は一人で苦患の底へ沈んでしまう。そんなことはしてくれるな」と言う。小町の霊が成仏するのを引き留めた人物こそ、「百夜通い」の片方の主人公・深草少将だった。少将を気の毒に思った僧は、二人の霊を弔って、そろって成仏させたという。

かつては随心院境内を中心に、99本の榧(かや)の巨木が生えていたとされ、現在も随心院の近くに大きな榧の木が残る。その木は少将が通って来る度、小町が一粒ずつ綴っていた実の一つが育ったもので、二人の死後に撒かれたと伝え聞く。

byakuyagayoi06

随心院周辺に今も残る榧の御神木

ただし、逆の説もある。榧の実を置いたのは少将の方だったというのだ。少将は自分が確かに訪ねた証拠として、小町の屋敷の門口に毎夜一粒ずつ榧の実を置いていたが願いを果たせず、100粒目の実を握り締めたまま、事切れたという。

実は小町も少将が訪ねて来る度、榧の実を綴りながら、その誠実さに心打たれ、百夜を心待ちにしていたのかもしれない。

羅生門に棲まう、異界のモノ

平安時代、夜な夜な鬼が出て人を食らう、と人びとから恐れられた場所があった。 その奇怪な伝説の場所に再会したくて、京都市南区唐橋羅城門町にある児童公園を訪ねた。公園の一角に柵で囲われた石碑がある。その石碑には「羅城門遺址」と刻まれていた。

rajomon01

羅城門址の石碑

ここが平安京建都の折、都の表玄関の役目を担って建てられた「羅城門」があった場所だ。また、平安京のメインストリートだった朱雀大路の最南端に位置し、目の前を東西に延びる九条大路(現・九条通)を境界として平安京の内と外を分かつ門でもあった。当時の都人たちは、この羅城門から一歩足を踏み出せば、そこは異界という認識があったとも聞いている。

そういう役目を担った門であったから、大きさも姿も立派だった。門の幅は約35m、奥行き約9m、高さ約21m。木部は朱塗りで、壁は白土塗り。重層の入母屋造で瓦屋根に鴟尾がのせられていた。楼上には、王城鎮護の象徴として兜跋毘沙門天像が安置されていたという。

ところがこの羅城門、都の表門の役目を担っていたにしては、その活躍時期は約180年間と意外に短命だった。構造上に欠陥があったようで、弘仁7(816)年に大風によって倒壊、再建はされたものの、天元3(980)年に再び、暴風雨で倒壊してしまう。その24年後に再建計画が持ち上がったようだが、結局「憚るところがある」という奇怪な理由で再建されることはなく、その後は荒れるがまま、いつしか狐狸妖怪や盗人の棲み処となったようだ。

そういう過酷な運命を背負ってしまった羅城門には、いくつか奇怪な話が今に伝わっている。そのひとつが大江山の鬼退治で名を馳せた源頼光四天王のひとちであった渡辺綱の「羅生門の鬼女退治」だった。羅城門で渡辺綱に腕を切り落とされた鬼が、綱の乳母に化けてその腕を取り返しに来るが、渡辺綱が見事にその鬼女の首を取って退治したという。 それとは逆に、羅城門には風流を好む鬼も棲みついていたようで、夜更けに、ある者が漢詩を口ずさみながら羅城門をくぐったところ、楼上より「ああ」と感嘆する鬼の声がした、と今に言い伝えられている。

rajomon02

羅城門渡辺綱鬼腕斬之図
(国会デジタルコレクションより転載)

また、この羅城門の奇怪な話は『今昔物語集』巻第29第18にも登場する。ある盗人が、門の上で死人の髪を盗んでいる老婆を見つけ、その老婆の衣を奪って去るというもので、芥川龍之介の名作『羅生門』は、その逸話をモチーフにして創作された。作品中にキリギリスが啼いている様子が描かれているから、季節は夏の終わりから秋のはじめだろうか。荒れ果てた羅城門の楼上には、死体が折り重なって放置されていたとも聞くから、さぞ無気味だったろう。

ところで羅城門は約1000年前に失われたものの、かつて楼上から憤怒の形相で都に邪鬼が入らぬように見守っていた兜跋毘沙門天像は、その後、東寺(教王護国寺)の金堂に移されたと伝わっている。今では財宝と福徳の神として信仰を集めているようだ。

rajomon03

東寺五重塔

また、2016年11月21日、京都駅北口広場に、かつての羅城門の10分の1の大きさの模型が展示され、その英姿が蘇った。この模型は、1994年の平安遷都1200年記念に宮大工組合により制作されたもので、メルパルク京都の地下に置かれていたが、京都の玄関口のモニュメントとしてふさわしいとして、北口広場へ移設された。夜はライトアップされて、幻想的だ。

rajomon04

羅城門模型(京都駅前)

ただ、しばらく観察していると、立ち止まって関心を向ける人は案外、少ない。忙しい現代人の心には、かつて平安京の人びとを震え上がらせた鬼でさえ、入り込む隙がないということだろうか。

rajomon05

羅城門模型と京都タワー

「五山の送り火」は、昔、五山だけではなかった!

8月16日の夜8時、順次、五山に送り火が灯される。盆の入りに各家々に迎えられた先祖の霊は、五山の送り火とともに、あの世へ戻っていくといわれる。今ではすっかり京都の夏の風物詩のひとつとなっている。

okuribi01

大文字(イメージ)

闇のなかにポッと朱く大文字が浮かび上がるのを見ていると、そろそろ猛暑も終わりだなとホッとすると同時に、今年も無事に五山の送り火を見届けることができたと感慨深い気持ちにもなる。

五山の送り火の起源は明らかではないが、取材によると、記録としてはおよそ400年前に遡るらしい。その原型は、応仁の乱後、荒廃した京の町に満ちる死者の怨霊を鎮め、供養するために行われた万灯籠だといわれる。やはり昔から、火には魔除けの力と鎮魂の力があると考えられていたのだろう。それが、お盆の精霊供養の行事として定着していったようだ。

現在の送り火は、大文字山の「大文字」、松ヶ崎西山の「妙」、同じ松ヶ崎東山の「法」、西賀茂船山の「船形」、大北山の「左大文字」、曼荼羅山の「鳥居形」の5つだ。取材を重ねていくうちに、古くは、十山で送り火が灯されていたことがわかった。

市原の「い」、鳴滝の「一」、西山の「竹の先に鈴」、北嵯峨の「蛇」、観空寺村の「長刀」があったとされる。いの一番の「い」や「一」は物事のはじまりとして尊ばれる数字であるし、成長を意味する竹や澄んだ鈴の音は縁起物であり、脱皮する蛇は再生の象徴、そして長刀は魔を払ってくれる。

okuribi02

江戸時代の古地図にみる、「い」と「妙法」

いずれも怨霊鎮めや死者を弔う意味合いが感じ取れる。ただ、残念なことに、それらは資金難で失われてしまったと聞く。今後、祇園祭の大船鉾のように復活し、その姿を目にすることができるのだろうか。

連綿とつづいてきた送り火だが、これまでに権力者の死や自然災害、太平洋戦争など、何度も自粛や中止の憂き目にあっている。江戸時代の中頃には、大干ばつで琵琶湖の水位が3mも下がり、火災防止のために送り火が中止されたこともあった。火事が何よりも怖かったということなのだろう。

また、興味深いのは幕末。16日の送り火の日が月食と重なってしまい、「揚げ火は明くる17日に延期せよ」とのお触れが出されている。

古来、月食や日食は天変地異の前触れとされ、不吉だと思われてきた。古人は、その日は屋敷にこもって外に出ず、月や太陽が元の姿に戻るのを戦々恐々として待ったのだ。

okuribi03

月食(イメージ)

今年は日本でも8月8日早朝に部分月食が起こっているので、16日の夜は安心して五山の送り火を見ることができそうだ。送り火が灯される時間は約30分だ。これは昔から変わらないという。

さて、いつの頃からか、五山の送り火には先祖の霊を送るだけでなく、次ぎのような風流なご利益があると囁かれるようになった。

送り火の「大」の字を杯に映して、それを飲み干すと1年間、無病息災でいられるそうだ。また、送り火の後、火床の消し炭を半紙に包み、水引をかけて家の門口に吊すと、次の送り火まで厄除け、盗難除けになるという。ほかにも、消し炭を煎じて飲むと腹痛に効くとか。実際、大文字山の麓の町並みを歩いていると、店や家の軒に消し炭が吊されているのを目にする。

okuribi04

大の字の「カナワ」の火床

okuribi05

送り火に使われる松の割木

okuribi06

銀閣寺門前商店街の民家の軒先に
吊された大文字の消し炭

まだ一度も消し炭をいただいたことがないので、今年こそ、がんばって手に入れて、1年間のお守りにしたいと思う。

 

摩訶異の入口へ戻る

京都の摩訶異探訪とは

京都の街のどこでも存在する伝承。それは単なる絵空事ではなく、この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく。。

摩訶異を検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録