青もみじを堪能し、槇尾の西明寺で金運アップ!

京都は今、新緑の季節。梅雨入り前に青もみじを追って、三尾(高雄・槇尾・栂尾)へ足を進めた。槇尾(まきのお)にある西明寺はこれまでにも何度か訪れているお気に入りの寺。凜とした山寺の風情が、格別だ。


槇尾山西明寺

寺へは参道入り口にある「指月橋」を渡る。朱塗りの橋と覆い被さってくる青もみじ、その下を流れる清滝川の清流が、幻想的な景色を演出している。

俗に、「橋はあの世とこの世を繋ぐ」と結界だと言われる。以前、橋のこちら側から向こう側へと渡るまでの間はどちらの世界にも属さない場所で、その境目にいる時、人は力が弱まるのだと教えてもらったことがある。その橋で魔に取り込まれないように、魔除けの色である朱(赤)色を橋に塗るのだという。

朱塗りの指月橋の上から青空を仰ぐと、もみじの青葉が初夏の陽射しにきらめき、吹いてくる川風に枝が揺れ、異世界へ誘われるようだ。なんだか浮遊感を感じて、不思議な心持ちになった。


朱塗りの指月橋と青もみじ


指月橋の上から青空と青もみじを仰ぐ

橋を渡ってすぐの石段を上っていくと、「大界外相」と刻まれた石柱に出合う。ここからは聖域と人間界を隔てる、もう一つの結界だ。さらに石段を登って境内へ。西明寺の歴史は古く、平安時代に空海の高弟、智泉大徳によって戒律道場として開かれたと聞く。境内には樹齢700年の槇の古木がある。


参道石段途中にある結界「大界外相」の石柱

正面が本堂で、その右手にある聖天堂に祀られる歓喜天にちなんで、赤い小さなお守りが200円で売られている。これは「倍返りのお守り」と呼ばれる。お財布に入れておき、出ていくお金に感謝すると倍になって返ってくるという。

実は昨年、このお守りを手に入れて以来ずっと、お財布にしのばせている。と、いつも出ていくばかりだったお財布に、気がつくと、お金が戻ってくるようになっていた。お金が出ていくと仕事が入ってきて、その分の収入が増えるという良いサイクルに恵まれだした、自分にとっての金運パワースポット。お守りは小銭入れにも入るサイズなので、もう一枚、手に入れようかと迷ったが、欲張ると良いことはないだろう、と慎むことに。


西明寺聖天堂の倍返りのお守り

また、境内の鐘楼では一撞き100円で梵鐘を撞かせていただける。100円で煩悩を払ってもらえるなら、と撞かせていただいた。大きく荘厳な音が響き渡り、煩悩も吹き飛んで清々しい気持ちになって聖域を後にした。

青もみじを愛でながら、渓流沿いを清滝の里まで歩くことにした。清流にしか棲まないカジカの合唱が涼しげだった。帰宅した時には昨日までの肩こりも腰痛もすっかり消えていた。連休後のストレスフルな生活の中、聖域で金運にあやかり、鐘の音に煩悩を払ってもらって、梅雨入り前にデトックス(体内浄化)してみるのも一興だ。

新緑の中、清滝川の渓流を歩く

鬼門封じ、京都御所の「猿ヶ辻」

京都御所の築地塀にそってぐるりと一周してみると、北東の角部分だけ、凹んでいるのに気づく。昔から北東は「鬼門」といい、鬼が出入りする方角とされ、縁起が悪い、不吉だと忌まれてきた。

だが、どの建物にも場所にも、北東はある。鬼門を防ぐにはどうすればいいのだろう?「鬼門が良くないのであれば、それ自体を取り去ってしまえばいい!」というのが、都人の知恵であった。

建物の北東の角を凹ませて、鬼門をつくらないこと。つまり、角=ツノ=鬼というわけで、ツノをとって鬼を封じる術をあみだした。その代表が、御所の築地塀の北東角の凹みである。この凹みの部分は、「猿ヶ辻」と呼ばれてきた。

 

江戸時代の古絵図(著者所蔵)内の右下、
 御所の北東(猿ヶ辻)に凹みがある。

この場所を見上げると、烏帽子をかぶり、御幣を持った木彫りの猿が祀られている。板塀部分と同じような色なのでわかりづらいが、目をこらすと、金網の奥に猿の姿が見える。鬼門を封じて結界をはる役割を与えられた猿なのだが、この猿、夜な夜な抜け出してはあちこちでイタズラをしたため、やむなく金網を張って逃げ出さないように閉じ込められてしまったのだという。

どうして猿が鬼門を護っているのか? については、日吉大社の神の使いが「神猿(まさる)」で、まさる=魔が去るに通じ、縁起が良いからだと聞く。


日吉神宮の狛猿

 

この猿ヶ辻では幕末、こんな事件が起きている。文久3(1863)年、尊王攘夷派の公家・姉小路公知が御所で会議を終えて自宅へ戻る途中、この場所で刺客に襲われ、斬り殺されてしまったのだ。今に、「猿ヶ辻の変」と呼ばれる事件で、公知にとっては残念なことに魔除けの猿も吉とはならず、まさに鬼門となってしまったのだった。

京都市内では、現在でも老舗やマンションの外観をよく観察してみると、鬼門の角に凹みを設けている建物が多くある。鬼門封じの風習が、今に受け継がれていることがわかる。他にも、自分が住んでいる家やマンションに鬼門がある場合、北東角の庭にヒイラギやナンテンを植えるとか、盛り塩をする、あるいは猿の置物を置いて鬼門を封じるという手もあるそうだ。

 

ところで毎年、この5月は京都の三大祭のひとつで初夏の京都の風物詩になっている「葵祭」が行われる。15日には京都御所から平安時代の王朝装束をまとった優雅な行列が出発し、下鴨神社、上賀茂神社へと向かう。特に、十二単をまとい輿に乗った斎王代の華やかさは見物者の目を惹く。

昨年、葵祭の行列を見送った後、人並みのひいた御所を北東へ歩いて、古今、鬼門封じに一役かってきた猿ヶ辻の「猿」をねぎらい向かった。華やかな平安行列とは裏腹に、北東角で立ち止まる人はおらず、しん、と静まっていた。


葵祭の斎王代(2018年撮影)

 

幸運の山吹と松尾大社

洛西、松尾山を背後にいただく京都の古社、松尾大社を巡った。祭神に大山咋神(おおやまぐいのかみ)と市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を祀る。松尾山大杉谷の磐座(いわくら)の神霊を勧請し、渡来人である秦氏の氏神として神殿を建立したのが始まりと伝わる。

 


松尾大社


松尾大社の磐座のひとつ

 

秦氏が酒造を特技としていたことから、中世以降、お酒の神様として全国から信仰を集めている。不思議なことに、境内にある「亀の井」で汲んだ水を醸造の時に混ぜると、お酒が腐らないという。


あちこちに、松尾大神の使いである亀がいる


境内にある、手で触れると理利益があるという「撫で亀さん」

 

また、この古社は山吹の名所としても知られる。4月10から5月5日まで山吹まつりが開催され、境内に約3,000株ある山吹が可憐で艶やかな花を咲かせ、参拝者の目を楽しませてくれる。境内では一重、八重、菊咲の三種が見られる。


境内の山吹

古来より、日本人に馴染みのある山吹はバラ科の植物で、英名ではジャパニーズ・ローズと呼ばれる。新年号の"令和"で話題の『万葉集』にも詠まれ、清少納言の『枕草子』など、古くから数々の文学にも登場してきた、日本人に馴染みのある花だ。

山吹の花言葉を調べてみると、「気品」や「崇高」、そして、「金運」とある。金運というのは、黄金色の花のイメージや、谷底に落とした金貨が山吹の花になったという逸話からきているようだ。松尾大社には山吹を象ったお守り「山吹花守」が販売されていて、参拝者にも人気がある。その御利益は、金運だとか。

境内を歩いていて、参拝者たちのこんな会話を耳にした。「境内には白い山吹が咲いていて、その花に出会えると、良いことがある」とのこと。残念ながら、その日は見つけられずに帰ってきてしまったが、後で調べてみると、作庭家・重森三玲作で知られる松風苑三庭の中の「上古の庭」に咲いているらしい。この庭は社の背後にある松尾山山中の磐座にちなんで造られており、庭園に配置される石は神々の意思によって据えられているという。

涼やかに境内を流れる一ノ井川の水音とともに、畔に群れるように咲く八重山吹の鮮やかな黄金色が葉の緑に映え、目にも心も晴れやかになった。


山吹と二ノ井川

 

ちなみに、社の二の鳥居には榊(さかき)の束が月の数の12個吊られている。

これは脇勧請と呼ばれるもので、農作物の出来・不出来を占うものだ。榊が枯れると豊作、枯れ残ると不作なのだそう。「木」へんに「神」と書く「榊」は神様が宿る木と言われ、また神と人の境にある木ともいい、穢れを払ってくれる力があるとされている。


脇勧請の榊

古社で満開の山吹を眺めながら、さまざまなパワーを頂戴し、春本番を満喫したい。

文学の中の魔界と岡崎疏水の桜

京都の桜の名所のひとつ、岡崎疏水。疎水沿いにソメイヨシノの並木が続く。満開の花房から水面に花びらが降る風景は見事だ。

今、疏水では観光用に3月末からゴールデンウィークまで十石船が運行されていて、春の岡崎の風物詩となっている。疏水の周囲には平安神宮や美術館、図書館、動物園などがある観光・文化エリアで、疏水をたどって南禅寺の方へ足を向けると、別荘地になる。


南禅寺界隈の別荘地の桜(※昨年の様子)

だが、文藝春秋社を設立した文豪の菊池寛は、現在の観光名所とは全くちがった姿の岡崎疏水を小説の中で描いている。『身投げ救助業』という短編小説だ。今の時代に発表されていたら、京都のあちこちでクレームの声が上がったかもしれない。というのは、「疏水は幅十間ぐらいではあるが、自殺の場所としてはかなりよいところである。(原文抜粋)」と大胆に記しているからだ。

物語を簡単に紹介すると、主人公は疎水の傍で茶店を営む老婆だ。疎水で身を投げた人を見つけるたび、竿を水に差し出して命を救って、礼金をもらって暮らしていた。ところがある日、老婆を不幸が襲う。絶望した老婆は今度は自分が疎水に身を投げ、助けられてしまうという、なんとも皮肉な話である。

ただ、小説の中で描かれる疏水は美しい。水がきれいで両岸に柳が植えられている。夜は蒼いガスの光が煙り、雨の降った晩は両岸の青や紅の灯が水に映る。そういった夜の掘割の景色がロマンスを引き起こして、死を恐ろしいとは思わせないのだと。

 

実際に当時、疏水へ人が飛び込んだという話は聞かないが、『身投げ救助業』を読んで、これとよく似た逸話が嵐山の千鳥ヶ淵にあるのを思い出した。以前、このブログで紹介したが、美しい景観に魅入られたものか、この世の美しい景色はあちらの極楽につながっていると思うのか、この淵で身を投げる人が多かったと聞いている。「美」は魔も魅せられるというが、魔に取り込まれた人もまた魅入られ、引き込まれてしまうものなのか。

妖しき伝説と実話を残す

嵐山の裏名所

嵐山の裏名所

作家の想像力をかきたてた岡崎疏水は、明治から大正にかけての京都市の都市基盤再生事業としてすすめられた三大事業のひとつ「第二琵琶湖疏水開削」としてすすめられた。琵琶湖から山々を貫いて京都市内まで水路を通すというこの壮大な事業は明治以降、日本の中心が完全に東京に移り、寂れかけていた京都の街を活気づかせたと聞く。

 

そして、この琵琶湖疏水事業について、次のような民話が残る。

当時、琵琶湖から京の町に水をひくことに、京都・滋賀・大阪の多くの人たちは反対だった。京都の人は琵琶湖の水が鴨川に入ると水の質が変わり、その水を使うと肌が琵琶湖名物の源五郎ブナのように真っ黒になってしまうとか、滋賀の人たちは琵琶湖の水が減って田畑が干上がると心配したとか、川下にあたる大阪の人たちは淀川の水が増えて大雨が降る度に洪水が起こるのではないか、と大騒ぎしたという。また、この事業を日本人の技術だけでやりぬいたことで世界はおおいに驚き、ロシアでは「日本あなどることなかれ」と日本との戦争に反対したと語られている。


明治〜大正の疏水の絵葉書(著者所蔵)


琵琶湖疏水のモニュメント。
水門を開ける男とキラキラ溢れる命の水

小説や民話で語られてきた岡崎疏水は、今は京都市民や観光客に愛される観光名所となっている。特に3月から4月上旬は桜が両岸を縁取り、夜は桜回廊としてライトアップされ、水面に薄紅の影を落とし幽玄の世界を垣間、見せてくれる。今、菊池寛が柳とガス灯でなく、満開の桜回廊を目にしたら、どんな小説が生まれただろうか。


岡崎疏水の桜(※昨年の様子)

新駅・JR梅小路京都西エリアはパワースポット!?

2019年3月16日、JR嵯峨野線の京都駅と丹波口駅との間に新駅「梅小路京都西駅」がオープンする。近年までは観光地とは縁の無い地域だったように思うのだが、京都水族館や鉄道博物館などが開館し、新たな観光スポットとして注目を集めている。


新駅・梅小路京都西駅(オープン前)

 

さて、この梅小路エリア。歴史的にみると、なかなか面白い地域だった。この名称は平安京の梅小路通りに由来するようだ。当時のメインストリート朱雀大路の西側、八条大路の一本北の東西に伸びる通りで、道幅が約12mの小路だった。東側のエリアには、かつて花街として栄えた島原があり、平安時代に渤海の外交使節として使用された(現在の迎賓館)東西鴻臚館があった。


江戸時代の絵図(右側が北)
真ん中に梅小路と土御門の文字が見える

そして、このエリアが密かにパワースポットだといわれる理由がある。

旧梅小路村は江戸時代に代々、陰陽師をつとめた「土御門家」が屋敷を構えたところだった。その始祖というのが、平安時代に活躍した、あの陰陽師・安倍晴明なのだ。晴明から数えて14代目の有世(ありよ)を祖とし、その曾孫の代から土御門家を名乗ったと言われている。

平安京の都市伝説

「一条戻橋」と安倍晴明

「一条戻橋」と安倍晴明

陰陽道とは中国の陰陽五行思想に由来し、日本独自の発展を遂げた呪術や占術の体系だといわれる。陰陽師といえば安倍晴明を主人公とする漫画や映画の影響で、カリスマ "ゴーストバスター"の印象が強い。だが、実際は、呪術だけでなく方位学や天文学による占術も陰陽師としての大切な仕事だった。

七条御前をしばらく下がって行くと、通りの東側に梅林寺、さらに少し先の西側に円光寺がある。どちらも土御門家ゆかりの寺だ。梅林寺は土御門家の菩提寺であり、寺の中庭に天文観測のための台石が残る。これは「大表」と呼ばれる日影を計る標の土台だといわれている。また、円光寺にも天文観測に用いられた渾天儀の台石が残っている。どちらの台石も四角く平たい石の表面に十字の形に溝が彫られていて、それぞれが東西南北を指している。土御門家の陰陽師たちはこの地で空を見上げ、天文観測をしていたのだろう。ただ残念ながら、どちらの寺も非公開だった。


土御門家菩提寺の梅林寺


土御門家菩提寺の石碑


土御門家の邸宅跡だといわれる円光寺(側面)

そして先の梅林寺にはもう一つ、興味深い伝統行事があった。

毎年1月8日に行われる「ジジバイ講」だ。寺の住職が読経の途中に講員(旧梅小路村の旧家の戸主)に榊の枝を回し、それを講員が一枚ずつ取っていく。その後、年長者が「ジジバイ、ジジバイ講」と声をかけ、全員が長さ20㎝ほどの青竹の束を持ち、住職の読経と木魚の音に合わせて、目の前に置かれた長さ約3mの丸太を青竹で勢いよく竹がささくれるまで叩くというもの。農作物を被害から守り、豊作を願う行事だそうだ。

青竹を使用するのは、古来より竹は神の宿る神聖なもので霊的パワーを持つとされてきたことによるのだろう。丸太は、かつて村の藪に棲み着いて農作物を荒らした大蛇を見立てたともいう。この時代、村には西高瀬川が流れていたから、川が氾濫して作物に被害が出たこともあったに違いない。だとすると、暴れ川の様子を大蛇に例えたことは安易に想像できる。ジジバイ講は京都市登録無形民族文化財となり、今もこの地域の農作物を守り続けている。

帰路は梅小路公園を横切った。ちょうど梅が満開だった。公園の北西角にJR梅小路京都西駅が誕生し、街の様子が変われば、人の流れも変わっていく。今後、梅小路に新たな歴史や伝説が加わっていくのだろう。


梅小路公園の梅の木と電車

摩訶異の入口へ戻る

京都の摩訶異探訪とは

京都の街のどこでも存在する伝承。それは単なる絵空事ではなく、この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく。。

摩訶異を検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!

メルマガ会員登録

WebLeaf から更新情報や
おすすめイベントをひと足早く配信中!

プレゼント応募

Leaf & WebLeaf 読者への
スペシャルギフトが毎月更新中