M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!

FOLLOW US

2022.10.4
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter
9・10月イベント

[2022]芸術の秋!京都の9・10月の注目イベント

最近、夕方以降涼しくなり、秋の訪れを感じますね。2022年の9・10月に京都で開催される展覧会やイベントから、編集部イチオシを厳選してご紹介。

1.あの音楽フェスが3年ぶりに!『京都音楽博覧会2022』/梅小路公園

2022年10月9日(日)、京都ゆかりのロックバンド・くるりが主催する音楽フェスが[京都梅小路公園]で3年ぶりにリアル開催!SHISHAMO、槇原敬之、マカロニえんぴつ、Vaundyなど今アツい豪華アーティストが多数出演する。出演アーティストは順次追加されていくので公式サイトをお見逃しなく。

京都音楽博覧会

ロックバンド・くるり

期間/2022年10月9日(日)
時間/12:00開演(開場/10:00)
料金/前売り1万500円(学生8500円)、当日1万1500円(学生9500円)

京都音楽博覧会2022

  • きょうとおんがくはくらんかい2022
  • 梅小路公園(京都府京都市下京区観喜寺56-3)
  • JR「梅小路京都西駅」から徒歩8分
  • Tel.0570-200-888(キョードーインフォメーション 月〜土曜11:00〜18:00)

2. 「カワイイ」の秘密を探る『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』/京都市京セラ美術館

2022年10月7日(金)より、サンリオの歴史やキャラクター作りの裏側を紹介する大規模展覧会が[京都市京セラ美術館]で開催される。ハローキティやマイメロディなど数々の人気キャラクターを生み出したサンリオ。「サンリオデザインの秘密」をはじめ、企画秘話や苦労話などここでしか知ることのできないレアコンテンツを多数紹介。

サンリオ展

会場風景イメージ © 2022 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP630002

期間/2022年10月07日(金)~12月11日(日)
時間/10:00〜18:00(最終入館/17:30)
料金/一般1800円、高大生1200円、4歳〜小中生800円

サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史

  • サンリオてん ニッポンのカワイイぶんか60ねんし
  • 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124 京都市京セラ美術館本館 北回廊2F
  • 地下鉄「東山駅」から徒歩8分
  • Tel.075-771-4334

3.有名キャラクターが日本画に!『響きあうジャパニーズアート』/細見美術館

細見コレクションの琳派・若冲作品と、現代のポップカルチャーを描いた日本画「琳音」を紹介する展覧会が12月4日(日)まで[細見美術館]で開催されている。こちらの展覧会では誰もが知るキャラクターたちが創造の源泉となった作品の一場面を借りたり、モチーフの一部に成り代わったりして登場する。

響きあうジャパニーズアート

鉄腕アトム×富士山 ©手塚プロダクション

期間/2022年9月6日(火)~12月4日(日)
時間/10:00〜17:00(最終入館/16:30)
料金/一般1400円、学生700円

響きあうジャパニーズアート―琳派・若冲 × 鉄腕アトム・初音ミク・リラックマ―

  • ひびきあうジャパニーズアート―りんぱ・じゃくちゅう × てつわんアトム・はつねミク・リラックマ―
  • 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 細見美術館
  • バス停「東山二条・岡崎公園口」から徒歩3分
    地下鉄「東山駅」から徒歩10分
  • Tel.075-752-5555

4.100点以上が日本初公開!『アンディ・ウォーホル・キョウト』/京都市京セラ美術館

2022年9月17日(土)より、岡崎の[京都市京セラ美術館]にてアンディ・ウォーホルの展覧会が開催される。展示される作品など約200点のうち100点以上が日本初公開となる。《キャンベル・スープ I:トマト》や《3つのマリリン》(日本初公開)など、誰もが一度は見たことがあるであろう代表作も登場する。

アンディ・ウォーホル・キョウト

期間/2022年9月17日(土)~2023年2月12日(日)
時間/10:00〜18:00(最終入館/17:30)
料金/一般2000円(土日曜・祝日は2200円)、高大生1400円、小中生800円

アンディ・ウォーホル・キョウト/ANDY WARHOL KYOTO

  • 京都市京セラ美術館 新館 「東山キューブ」(京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124)
  • バス停「岡崎公園 美術館・平安神宮前」から徒歩すぐ
    地下鉄「東山駅」から徒歩8分
  • Tel.075-771-4334

5.名作絵本に注目『こわくて、たのしいスイスの絵本』アサヒビール大山崎山荘美術館

2022年9月17日(土)より、スイスの文化が息づく絵本を紹介する展覧会が[アサヒビール大山崎山荘美術館]で開催される。『ブレーメンのおんがくたい』や『おおかみと七ひきのこやぎ』など、日本でも広く親しまれているスイスの絵本。楽しそうに見えて実はこわい場面、こわそうに見えても楽しい場面が多様な技法で描かれている。

こわくて、たのしいスイスの絵本

フェリックス・ホフマン『おおかみと七ひきのこやぎ』《こやぎたちドアをあける》1957年  ©Felix Hoffmann 小さな絵本美術館蔵

期間/2022年9月17日(土)~2022年12月25日(日)
時間/10:00〜17:00(最終入館/16:30)

こわくて、たのしいスイスの絵本

  • こわくて、たのしいスイスのえほん
  • アサヒビール大山崎山荘美術館(京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3)
  • JR「山崎駅」、阪急「大山崎駅」から徒歩10分
  • Tel.075-957-3123(総合案内)

6.新選組の実像に迫る!『新選組展2022︱史料から辿る足跡︱』/京都文化博物館

[京都文化博物館]で、最新の資料から新選組の実像に迫る展覧会が開催されている。近年歴史研究が進み、従来のイメージと異なる新たな姿が明らかになってきた新選組の足跡を辿る貴重な史料が多数紹介されているので、ぜひ足を運んでみて。

新選組展2022

期間/2022年10月1日(土)~11月27日(日)
時間/10:00〜18:00※金曜は19:30終了(最終入館/各30分前)
料金/一般1500円、高大生1000円、小中生500円

新選組展2022︱史料から辿る足跡︱

  • しんせんぐみてん2022︱しりょうからたどるあしあと︱
  • 京都府京都市中京区東片町623-1京都文化博物館
  • 地下鉄「烏丸御池駅」から徒歩3分
  • Tel.075-222-0888(京都文化博物館)

7.光と色彩を絵画から感じて『シダネルとマルタン展 最後の印象派』/美術館「えき」KYOTO

JR京都駅ビル併設の[美術館「えき」KYOTO]にて、2022年9月10日(土)より『シダネルとマルタン展』が開催中。アンリ・ル・シダネルとアンリ・ル・マルタンは、19世紀末から20世紀前半にかけてフランスで活躍した画家。親交を深めながらもそれぞれ独自の画風を築いた2人の画家の、光と色彩が豊かな作品を楽しんで。

シダネルとマルタン展

アンリ・マルタン《二番草》1910年、フランス、個人蔵 ©Archives photographiques Maket Expert

期間/2022年9月10日(土)~2022年11月6日(日)
時間/10:00~19:30(最終受付/19:00)
料金/一般1100円、高・大学生900円、小・中学生500円

シダネルとマルタン展 最後の印象派

  • シダネルとマルタンてん さいごのいんしょうは
  • 美術館「えき」KYOTO(京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7F)
  • JR「京都駅」直結
  • Tel.075-352-1111

8.茶人の美意識に触れる『京に生きる文化 茶の湯』/京都国立博物館

2022年10月8日(土)より[京都国立博物館]にて、京都ゆかりの名品を軸に茶の湯文化を紹介する展覧会が開催される。今も茶道の家元や茶家の多くが拠点とする京都。中国から伝来したのち、どのように日本独自の様式が生み出され現在まで続いてきたのか。茶の湯の歴史背景と茶人たちの繊細な美意識を味わいたい。 

京に生きる文化 茶の湯

重要文化財「青磁茶碗 銘馬蝗絆」  東京国立博物館(画像提供:東京国立博物館)通期展示

期間/2022年10月8日(土)~12月4日(日)
時間/9:00〜17:30※金・土曜は20:00終了(最終入館 30分前)
料金/一般1800円、大学生1200円、高校生700円、中学生以下無料、障がい者と介添人1名無料

京に生きる文化 茶の湯

  • みやこにいきるぶんか ちゃのゆ
  • 京都国立博物館 平成知新館(京都府京都市東山区茶屋町527)
  • バス停「博物館三十三間堂前」から徒歩すぐ
  • Tel.075-525-2473(テレホンサービス)

9.【終了】文具女子博が京都に!『文具女子博 インクじかん・デコじかん in京都』/ジェイアール京都伊勢丹

『文具女子博 インクじかん・デコじかん in京都』が2022年9月28日(水)~10月2日(日)の期間、[ジェイアール京都伊勢丹]で開催される。2017年にスタートし、今年で6年目となる日本最大級の文具販売イベント。今回は、「文具女子博」のスピンオフ企画。実際に気になる文房具を見て触れて選べるだけでなく、メーカーの方と直接会話をしながら買い物を楽しめるのも嬉しい。

期間/2022年9月28日(水)~2022年10月2日(日)
時間/10:00〜19:35(最終日は17:40終了)※前売入場チケット販売による定員入替制
料金/入場料600円(発券手数料別)※チケット1枚につき小学生以下のお子様2名まで無料

文具女子博 インクじかん・デコじかん in京都

  • ぶんぐじょしはく インクじかん デコじかん インきょうと
  • ジェイアール京都伊勢丹10F 催物場(京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町)
  • 各線「京都駅」直結
  • Tel.075-352-1111(大代表)

10.【終了】西日本最大規模のマンガ・アニメイベント『京都国際マンガ・アニメフェア2022』/みやこめっせほか

西日本最大規模のマンガ・アニメイベント「京まふ」が、2022年も9月17日(土)・18日(日)に京都で開催!メイン会場の[みやこめっせ]では大人気アニメから最新作まで展開する60社以上のブースがずらりと並び、展示やグッズ販売、ミニイベントなどが行われる。「知っている作品が少なくても楽しめる」と評判の、充実した2日間。

京まふ

日時/2022年9月17日(土)~9月18日(日)
時間/9:00〜17:00※18日は9:00〜16:00(最終入場/終了30分前)
料金/各日1600円、当日券2000円、みやこめっせ・マンガミュージアム共通前売券2400円

京都国際マンガ・アニメフェア2022

  • きょうとこくさいマンガ・アニメフェア2022
  • 京都市勧業館みやこめっせ、ロームシアター京都、京都国際マンガミュージアム、東映太秦映画村
  • Tel.090-8678-5754(テレホンセンター・月〜金11:00〜18:00)
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

↑

サイト案内