M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!

FOLLOW US

2022.3.22
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter
Italian バール ne?のプロシュート

プロシュートと自家製バナナチップス780円。シェフが包丁で1mm間隔にスライスして作る自家製バナナチップスと生ハムの組み合わせが意外にも相性抜群。一度食べるとクセになる。

イタリアンバルの店主は現役の芸妓さん!上七軒に誕生した[Italian バール ne?]

2022年01月05日 open

上七軒界隈に誕生したイタリアンバル。そこで接客を行うのは店主の梅葉さん。実は上七軒の芸妓でもある彼女。芸妓としてのキャリアは今年で19年目。これまでずっと第一線で活躍し続けてきて、今もなおそうである彼女が飲食店の店主になったのは新型コロナウイルスが関係していた。

Italian バール ne?

店主 梅葉さん
上七軒の芸妓として。今年でデビュー19年を迎える。プライベートで年数回訪れるほどのイタリア好きが高じて、イタリア料理店の店主に。

2020年春、新型コロナウイルスの蔓延により芸妓の仕事がすべてストップ。「コロナ禍で後輩の若い芸妓たちが辞めてしまいました。後輩たちに頼もしい背中を見せられなかった。ほんまにショックどした」と梅葉さん。

Italian バール ne?の3種のキノコのオイルパスタ

3種のキノコのオイルパスタ980円はシメジ・エリンギ・ナメコの3種類のシメジを使用。乾燥オリーブ、オリーブのペースト、レモンの皮入り。香り豊かで味わい深い一皿。

「でも止まってられへん。動かないと。今できることをしようと思っていたところ、縁がおして、いつかやりたいと思っていた飲食店を持つことに」と芸妓と飲食店のオーナーとして二足の草鞋を履くことに。イタリアで腕を磨いたシェフ曽根さんを迎え、気軽に立ち寄れるイタリアンバルスタイルの店をオープンした。

Italian バール ne?

シェフ 曽根 佑太さん
北海道出身。専門学校卒業後、単身イタリア・ピエモンテ州へ渡り、イタリア料理を7年間現地で学ぶ。2020年帰国し、現職に。

「うちらも姉さんたちのかっこいい背中を見て憧れ、街に育ててもらった。うちも後輩たちがかっこいい!と思ってくれるような背中を見せていきたい。そしてうちを育ててくれた街に恩返ししたい」と生き生きとした表情で話す梅葉さんの姿に胸を打たれる。

Italian バール ne?

Italian バール ne?

  • イタリアン バール ネ?
  • 2022年01月05日 open
  • 京都府京都市上京区今小路通七本松西入ル2丁目東今小路町758-2
  • 嵐電「北野白梅町駅」から徒歩9分
    バス停「上七軒」から徒歩1分
  • Tel.075-204-8508
  • 12:00~15:00(LO/14:30)、17:30~22:00(LO/21:30)
    ※5名以上は要予約
  • 不定休
  • 全席禁煙 完全個室無 駐車場無
  • https://www.instagram.com/italianbarne/
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

↑

サイト案内