[京氷菓つらら]のかき氷は温度管理や削り方をとことん追求

店主の近藤さんはさまざまなフルーツの旨みや和洋両方のテイストなど、味の可能性が豊かなかき氷に魅せられて京都に専門店を開店。夏には3時間待ちもあったというほど、オープン当初から話題を呼んでいる。氷は温度管理を徹底し、溶けるか溶けないかのギリギリのところでキープ。そのため食べたときに体が冷えづらく、頭が「キーン」とくる感覚がないと評判だ。空気の層を含ませながら削った純氷はふわりと軽く、まるで綿菓子を食べているかのようなソフトな口当たりに魅了される。

京氷菓つらら きょうひょうかつらら
京都市中京区西ノ京内畑町22
075-811-3330
11:00~19:00(LO/18:30)
7~9月10:30~19:30(LO/19:00)
火曜休(7~9月は無休)
全席禁煙 完全個室無 駐車場無
https://www.instagram.com/kyoto.tsurara/?hl=ja