朝採れの九条ねぎがどっさり[ねぎ焼きタイガー]

2020年12月20日 open

ターコイズブルーの壁にサーフボード。海の家を彷彿とさせる明るい店舗は、代表・山本さんの新たな夢の出発点。「父は板前でしたし、高校まではサッカーに明け暮れていて農業とは無縁でしたが、漠然と一次産業に憧れて農業大学校へ。実習や研修で、良いものを作ってしっかり利益を得る農家さんと出会い、自分の進む道が見えました」。

2006年からは農家として独立。九条ねぎの生産に特化して生産量を増やしている。「安定して良質な九条ねぎが出荷できるよう、八幡、久御山、木津川、京田辺など各地に畑を所有しており、栽培面積は10ヘクタール。2018年ごろから「山本さんの九条ねぎ、どこかで買えるん?」という声が増えて、実店舗を持ちたいと思い始めたんです」。

代表 山本将人さん 京都府立農業大学校で学び、派遣実習や農園修業を経て、地元の八幡で農業をスタート。2020年[ねぎ焼きタイガー]を開店、店長 楠田智子さん、料理担当 山本一輝さん

店内奥で牛スジを煮込むお父さんの横では、これまで九条ねぎの収穫作業を手伝ってきた店長・楠田さんが常連さんと楽しくねぎトーク。「まずうちのねぎ焼きを食べてもらって、美味しいからついでに九条ねぎも買っていこう。家でも料理してみよう。そんなサイクルができたらすごく嬉しい。今後はキッチンカーでの移動販売、さらにグローバルGAPの取得に挑戦します。近いうち、農業という幅広い分野で世界にチャレンジがしたいですね」。

ねぎ焼きタイガー ねぎやきタイガー
2020年12月20日 open
八幡市八幡三反長46-6
075-203-6553
11:00~18:00
水曜休
全席禁煙 完全個室無 駐車場無
https://www.instagram.com/negi_yaki_tiger/
イートイン不可