辛さにハマる!京都のスパイスカレー

刺激的な辛さだけでなく、スパイスで深みのあるカレーなど、京都のスパイスカレーはどの一皿も個性的なものばかり。さぁ、あなたはどの一皿を求めて出かけますか?

1 . あえて朝仕込みのスパイスが薫り立つ[ムジャラ]の一皿

惣菜はそのまま食べてもよし、混ぜてもよし!自由なムジャラスタイルで、気の向くままに味わいたい本日のカレー3種1400円。取材時は、右からブタバラ、トリのキーマ、豆のカレー

2 . 決め手は3段階に分け加えるスパイス[京都カレー製作所 カリル]

トマトの酸味、豚バラの旨みが調和した、じっくり煮込んだポークカレー850円は、小麦粉不使用ながら満足感のある濃厚な仕上がり。夜は2種が選べるあいがけも登場する

和洋それぞれのジャンルで経験を積んだ料理人2人によるこちらのスパイスカレーは、コリアンダーやクローブ、カルダモンなど21種のスパイスを綿密にブレンドし、3段階に分けて加えていく唯一無二の一皿。小麦粉不使用ながら、長時間煮込むことで濃厚でもったりとした口当たりを実現している。辛口のチキンカレーや玉ねぎの甘みを引き出したポークカレー、月替わりカレーなど多彩に揃う。

3 . ついつい進む!刺激的な辛さにハマる[スパイス チャンバー]

後引く辛さが魅惑のキーマカレー(辛)1000円。途中でつまむピクルスや梅干しとも相性抜群。辛い!と感じたら、マイルドな風味になるチーズのトッピングも試してみて

4 . レトロな元食堂のクセになるカレー[Curry専門店 ヤグラ]

サラダ付きの本日のカツカレー950円は、ヨーグルトの酸味を利かせたチキンと、ターメリックの香るキーマ系のあいがけに、豚ロースカツがドーンと鎮座。まさにいいとこ取りな一皿

5 . 自家焙煎スパイスの余韻を楽しむ[円町リバーブ]

ほど良い辛さとやわらかいチキンがクセになるタンドリーチキンカレー780円。4品のトッピングを混ぜながら味の変化を楽しんで。その他、牛すじ、ラムキーマなども売り切れ必至