M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!


2021.10.20
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter

小野小町ゆかりの寺院[隨心院]

弘法大師(空海)八代目の弟子である仁海僧正の開基にして正暦2(991)年、一条天皇より寺地を賜り建立。古くは牛皮山曼荼羅寺と称された。寺の周辺はかつて氏族の小野氏が栄えた地であり、平安時代の歌人・小野小町が宮仕えを辞した後に余生を送った場所とされる。小町に寄せられた千通の恋文を埋めたという文塚や、恋文をお地蔵さまの裏手に張りつけて供養したという小町文張地蔵など小町ゆかりの遺跡が今に残る。紅葉や梅の名所としても知られ、毎年3月の最終日曜日には小野小町の伝説を主題に、はねず色(白色を帯びた紅色の古名)の小袖の少女たちが紅梅を花笠にして舞う「はねず踊り」が執り行われる。

隨心院

  • ずいしんいん
  • 京都府京都市山科区小野御霊町35
  • 地下鉄「小野駅」から徒歩5分
  • Tel.075-571-0025
  • 拝観時間/拝観9:00~17:00(受付終了/16:30)
         写経・写仏9:00〜14:00
  • 駐車場有(無料)
  • https://www.zuishinin.or.jp/
  • 拝観料/大人500円、身障者400円、中学生300円
    写経料/2000円(拝観料含む)
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

サイト案内