泉涌寺
皇室の菩提寺として知られる[泉涌寺]

歴代の天皇、皇室から厚い崇敬を受け皇室の菩提寺として栄え、御寺(みてら)とも呼ばれている。中国唐の皇太后・楊貴妃がモデルといわれる聖観音像が安置されており、美人祈願のご利益でも有名。所蔵する「大涅槃図」は日本最大級の大きさであり、[本法寺]・[東福寺]の涅槃図と並び京都三大涅槃図の1つと言われている。毎年1月の成人の日には泉山七福神巡りが開催され多くの人で賑わう。

名称 泉涌寺
かな せんにゅうじ
住所 京都市東山区泉涌寺山内町27
TEL 075-561-1551
営業時間 3月〜11月 9:00~17:00 (受付終了16:30) 、
12月〜2月 9:00~16:30 (受付終了16:00)
定休日 毎月第4月曜、『心照殿』(宝物館)は休館
喫煙 全席禁煙
個室
駐車場
HP・SNS
備考 伽藍拝観料 大人 500円、子ども(小学生以下)300円
特別拝観料 大人 300円 、子ども(小学生以下)300円
※特別拝観の場合、子ども(小学生以下)は同伴者が必要