城南宮
[城南宮]で花弁がこぼれてなお美しいしだれ梅を堪能

平安京遷都に際し都の安泰と国の守護を願い創建された「方徐(ほうよけ)」の大社。神苑の5つ庭のうち「春の山」のしだれ梅150本は圧巻。椿とコラボレーションが人気で、散り際には薄紅色の梅の花弁の絨毯と共に緑の苔に落椿が映えて一際美しい光景が見られる。

名称 城南宮
かな じょうなんぐう
住所 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
TEL 075-623-0846
営業時間 境内参拝自由 
神苑9:00〜16:30(受付終了/16:00)
喫煙 全席禁煙
個室
駐車場 P160台
HP・SNS
備考 料金:神苑600円

慎ましく寄り添う梅と梅紋の競演を[長岡天満宮]で

梅の木の数は隣接する梅林と境内に植えられたものを合わせると約300本。受験シーズンを迎える頃には、ぷっくりと蕾ひらく梅の花が参拝者を迎える。...

慎ましく寄り添う梅と梅紋の競演を[長岡天...

松尾の[梅宮大社]は珍しい種類の梅が見られる子宝神...

子授けと安産の神様として名高く、「またげ石」を跨ぐと子宝を授かると伝わる。(要祈祷)35種400本の梅が植えられ、一本で紅白を咲き分ける「想...

松尾の[梅宮大社]は珍しい種類の梅が見ら...