Leaf KYOTO 地元情報誌Leafがお届け!

FOLLOW US

2024.6.1
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter
舞台『星列車で行こう』南座

(左から)坂東玉三郎、松村龍之介、影山拓也、松田悟志、石井一孝

坂東玉三郎が演出を手掛ける、影山拓也(IMP.)の初主演舞台『星列車で行こう』が[南座]にて2024年7月27日(土)から開幕!

2024年7月27日(土)から[南座]にて幕が上がる、舞台『星列車で行こう』は、坂東玉三郎が演出を担当し、往年の邦楽や洋楽、さらにオペラの名曲を織り交ぜながら夢を求める青年たちの葛藤を描くオリジナルストーリー。5月22日(月)に[京都鉄道博物館]で取材会が行われ、坂東玉三郎と、舞台単独主演が初となる影山拓也(IMP.)、松田悟志、松村龍之介、石井一孝が登場した。5人のやさしい雰囲気の中にも凛としたパワーが伝わる会見をレポート!

坂東玉三郎:去年に引き続いて2つ目の[南座]での新作の芝居となります。若者が列車に乗りながら、人生の次のステップに行く物語で、真山仁さんに原作を書いていただきました。今まだお稽古は進んでおりませんけども、みんなで集まって2、3回は本を読んだり、立ち稽古をしたりしています。これから一生懸命7月の初日に向かって作り込んでいきます。

影山拓也:太郎役を演じますが、勝手ながら自分に少し似ているなと思う部分があります。(太郎は)夢を求め星列車に乗る青年たちの相談役じゃないですけれども、アドバイスを出すことは冷静にできますが、自分のことになってしまうと行き詰まってしまうというか、ちょっとわからなくなってしまうところがあって。自分はどうしたいんだ!?っていうところが僕も実際にあるので、そういった点では少し“影山拓也”という人物も役に降ろしながら、太郎をしっかりとイメージして演じていきたいなと思っています。

石井一孝:車掌という役です。星列車は、夢が見つかるんではないかと言われている伝説の列車という設定なんですけども、そこにこの若者3人が悩みを抱きながら乗ってくるわけですよね。自分はどういう人生を歩んだらいいんだろうか、どういう夢なんだろうか、それを手解きする、導く、大人側の役どころです。また、ミステリアスな側面を持っていて、彼らの人生を透かして見るような、未来が見えるような、ちょっと特殊な役柄でもあります。玉三郎さんと相談させていただきながら、今一生懸命台本を掘り下げて作っています。そして、やっぱりちょっと面白いところを出したいなと(笑)。僕自身が面白いことが大好きっていうのはありますけれど、ちょっと面白い、ちょっとコメディリリーフ的な部分を出せたらと考えております。

松田悟志:僕が演じさせていただく次郎という役は、思春期や、社会に出た駆け出しの頃とかにぶつかりかねないような壁、誰も自分のことを見てくれてないんじゃないかとか、俺の存在って一体なんなんだみたいな、誰もが「ここって通ったよな」っていうような壁に対して打ちひしがれて、心が荒んでしまっているような役です。でも僕は、次郎という役がすごく好き。素敵だなと思ってる部分は、心が潰されて荒んでしまっているんですが、なんとかして光を掴もうとしているんですよね。そこに僕はすごく共感しているので、青春をもう1度生きなおすつもりで、全身でぶつかっていきたいと思います。

松村龍之介:僕が演じる五郎という役は、歌舞伎俳優に憧れているけれど、なり損なった人物です。そんな役を玉三郎さんの前でお芝居させていただくのは、僕自身楽しみなところです。五郎は、すごく力が強くて、人を助けることに何も自己犠牲とか見返りを求めていない。それぐらいやさしいんですけども、不器用なところもあって憎めない。自分とちょっと似てるなって思うところがありまして、、、不器用ですけど、人を助けることが大好きで、かっこいいところがすごく僕に似てるなって思いました(笑)。

舞台『星列車で行こう』南座2

夢を見つけられるという伝説の列車に、悩める青年たちが乗り込み、夢を追い求めていくというストーリーだが、玉三郎は「登場人物は三人三様違いますが、それぞれ一生懸命歩いてるけれど、これでいいんだろうかと思っている。そこが描けたらと思いました。若者たちが次の人生を見つけていく物語ですが、実は結論はあまり出ない。観ている方々も“そういう時があったよな”という気分になって、音楽にのって、車掌に導かれてもらいたい」と作品を紹介。また「オリジナル作品なので、みんなで話し合いながら、やりやすいというよりも、この作品に情熱を傾けられるようにするのが演出家の役目」と決意も語った。

玉三郎の印象について聞かれた影山は「僕1人に対して、普段お忙しくされてるのにも関わらず、歌稽古の時にとても真剣に向き合ってくださったのがすごく嬉しくて。改めてなんとしても絶対に成功させようという気持ちが持てた」と笑顔を見せた。

チケット前売りは6月9日(日)10時から発売。ぜひ[南座]で星列車に乗って、見失いがちな夢を見つける旅に出掛けてみて。

舞台『星列車で行こう』

  • ぶたい『ほしれっしゃでいこう』
  • 京都府京都市東山区四条大橋東詰
  • 京阪「衹園四条駅」6番出口より徒歩すぐ
  • Tel.0570-066-007(南座『星列車で行こう』専用ダイヤル/10:00~17:00)
  • S席1万2000円、A席8500円
  • https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/202407hoshiressha/
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。
※本サイトは自動翻訳を導入しているため、翻訳文によって本来の日本語の内容と異なる場合があります。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

↑

サイト案内