Leaf KYOTO 地元情報誌Leafがお届け!

FOLLOW US

2024.7.9
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter
一福の外観

千本丸太町徒歩7分の[一福(いっぷく)]は韓国出身の店主が手掛けるピリ辛おでんが名物

2024年05月09日 open

千本通りに登場した韓国料理店[一福](京都府京都市上京区)。店主を務めるのは韓国出身で来日30年のチェ ウンミさん。現地の屋台でもお馴染みのおでんが名物で、日本と韓国をミックスさせたオリジナルの味を提供している。

一福の韓国風おでん

韓国風おでん おまかせ5種盛り1100円。この日は韓国おでんとスペアリブ、卵、大根、厚揚げ。鰹と昆布でしっかり取ったダシがベースなので、日本人に親しみやすいテイスト

「店のおでんは和風だしにニンニクや唐辛子などの香辛料を加えて作っており、食が進む味。お酒にも合いますよ」とチェさん。日本人の口に合うように辛さは控えめだが、追いスパイスで調整することも可能。日本の定番の具材に加え、魚のすり身をじゃばらに串刺しにした韓国おでんや餅のトックなど本場の具材もあり、日韓双方の美味しさを堪能できる。

一福のビビンバ

ビビンバ950円。「母から受け継いだ家庭の味。栄養バランスを意識して作っています」とチェさん。大根のキムチやなすのナムルなど、自家製の具材が嬉しい

ほかにもリピーター続出のチーズチヂミやビビンバ、水冷麺、ナムルなど、さまざまな韓国料理を用意。マッコリや韓国焼酎といった韓国のお酒もあるので、一緒にじっくり味わいたい。

一福の牛すじ煮込み

牛すじ煮込み680円も店自慢の一品。圧力鍋でトロトロに仕上げており、ニンニクや生姜、唐辛子などが利いた辛さのなかにも牛肉の旨みをしっかり感じられる

一福

  • いっぷく
  • 2024年05月09日 open
  • 京都府京都市上京区福島町375 ヴィラポレール1F
  • バス停「千本出水」から徒歩すぐ
    嵐電「北野白梅町駅」から徒歩20分
  • Tel.075-406-1144
  • 17:00〜22:30(LO/22:00)
  • 水・日曜休
  • 全席禁煙 完全個室無 駐車場無
  • PHOTO/増田えみ、TEXT/桑野詠子
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。
※本サイトは自動翻訳を導入しているため、翻訳文によって本来の日本語の内容と異なる場合があります。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

↑

サイト案内