M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!


2021.4.2
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter

見た目にほっこり、食べてにんまり[種嘉商店]

2020年06月05日 open

艶やかな木箱や木桶、今にもジリリと鳴りそうな黒電話。大切に使い込まれたモノたちが醸すやさしい空気の中で、パリッと小気味良い音が響く。その音の正体は、ナッツを練り込んだ最中種。ここは、有名和菓子店などへの卸しを70年以上続けてきた最中専門店。2019年の春から「なにか新しいことができないか」と、新商品の開発とともに進めてきた店づくり。3月オープン予定を3ヶ月ほど延ばし、ようやく6月にお披露目となった。「ご近所の方から新しいお店ができて嬉しい!と応援の声をいただいて、励みになりました」と笑顔を浮かべるのは、三代目の妻・芳子さん。

自家製の求肥とあっさりとしたミルクアイスクリームを、パリッと焼きたての最中でサンドした、あいす最中350円(税込)

種実というナッツを使った新商品は、ピーナッツ、アーモンド、クルミの三種類、各250円(税込)。「生地に混ぜるものも色々と試しましたが、うまく焼けなかったり、型にくっついたり。その点、ナッツは最中との相性が抜群。それぞれの形を模したフォルムとサイズ感も好評いただいています。」

舟越高さん
三代目主人の舟越高さんと最中づくりの技術を守るのは妻の芳子さん。店内で目にする農具や家具のほとんどは芳子さんの和歌山の祖母が使っていたもの

最中種に使われているのは有機ナッツのほか、滋賀県産羽二重の餅米粉のみ。それを蒸して、こねて、焼いた、シンプルな日本のおやつ。最中、つぶ餡、ナッツペーストが別包装になった可愛いギフトを見ていたら、和菓子もナッツも大好きな友達の顔が浮かんできそうだ。

種嘉商店

  • たねかしょうてん
  • 2020年06月05日 open
  • 京都市中京区車屋町通二条下ル仁王門突抜町317
  • Tel.075-201-3016
  • 11:00~17:00
  • 木・金・土曜休
  • 全席禁煙 完全個室無 駐車場無
  • https://taneka.jp
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

サイト案内