M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!


2021.2.26
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter

墨染色に咲く「墨染桜」は隠れた桜の名所[墨染寺]

平安時代に藤原良房が創建した寺院が前身と伝えられる。その後衰微し、秀吉により日蓮宗の寺院として復興した。毎年3月末~4月初に「桜まつり」が開催され、山門をくぐると境内は桜の花に包まれる。墨染寺の寺名は、境内に咲く「墨染桜」にちなむ。平安時代の太政大臣・藤原基経が亡くなった際に、友人の歌人・上野岑雄(かみつけのみねお)が「深草の野辺の桜し 心あらば 今年ばかりは墨染に咲け」と詠んだ。すると「桜の花に心があるのなら、今年ばかりは墨染に咲いてほしい」という思いが通じたのか、墨染色の花が咲いたという言い伝えがある。
現在は四代目となる桜の若木が、小さく薄墨色をした花を咲かせている。

墨染寺

  • ぼくせんじ
  • 京都市伏見区墨染町741
  • Tel.075-642-2675
  • 8:00~17:00 境内参拝自由
  • 全席禁煙 完全個室無 駐車場無
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

サイト案内