M KYOTO by Leaf 地元情報誌Leafがお届け!


2021.1.13
  • LINE
  • FaceBook
  • twitter

実はテイクアウトも試飲もできるらしい?話題スポットの使い勝手を調査してみた

みなさん、こんにちは。先日、街中に現れた“おしゃれすぎる休憩スポット”としてGOOD NATURE STATIONを紹介しましたが、チェックいただけたでしょうか?

以前の紹介記事

カフェ難民必見!四条河原町に現れた“おしゃれすぎる休憩スポット”を利用してみた

WebLeafスタッフも何度も足を運んでいるのですが、GOOD NATURE STATIONは先日紹介した休憩スポットのように「実は〇〇もできる」ということがとっても多いんです…!

特に1階は、実はサラダやサンドイッチのテイクアウトやイートインができたり、実はワインの試飲ができたり…と、知れば知るほど手軽に利用でき、使い勝手の良い場所。

ただ、なんせ店内がおしゃれなので、「ここでオーダーするのかな、これって本当に使っていいのかな…?」と初めて行った時は不安になった方もいるのではないでしょうか。(WebLeafスタッフもその一人でした笑)

そこで今回は、1階のマーケットエリアに的を絞り、その使い勝手の良さを調べていきたいと思います!

1.実は…テイクアウトメニューがある

まず紹介するのは、春は需要も高くなるであろう“テイクアウト”について。春の陽射しを浴びながら鴨川でピクニックなんて、最高ですよね。

実はこちらの写真のメニュー、GOOD NATURE STATIONでテイクアウトしてきたもの。一体どこで買えるのか、紹介します!

GOOD NATURE STATIONの1階入口から店内に入ると、まず目に入るのが中央のキッチン。実はここでは出来たてのサラダやサンドイッチをテイクアウトできるんです。

そう、このキッチンです!近くに行くとフードメニューが書いてあるのがわかります

どんなメニューがあるのかというと…

フードメニューもドリンクメニューもたくさん!低温調理、平飼い卵など、気になるワードも

フードメニューは「TO GO OK」と書いてあるものが持ち帰りOK。基本的にこちらのマーケットではオーガニックや、京都を中心に信頼できる生産者の野菜や食品のみを販売していて、もちろんフードメニューも新鮮な野菜を使って作られています。少し値が張るなあと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、こだわり抜いた食材を使い、食材そのものの味を楽しめるので、その分だけの価値ありなんです。

ショーケースの中には実際のメニューが置いてありますので、こちらからもチェックできますよ!

サラダにするかサンドイッチにするか…悩む

しばらく悩んだ末、今回は “5GOOD SANDWICH 放牧牛の低温調理ローストビーフ(大地まるごとスープ付)” 1,200円(税別)をオーダーしてみました!

これは何が入ってるんですか?と質問攻めにするWebLeafスタッフ

今回はテイクアウトにしましたが、1階の中央スペースでイートインもできるので、どちらにするかはスタッフさんに伝えてくださいね。(中央のイートインスペースは後ほど紹介します〜!)

オーダーが完了したら、そのまま左に進み、お会計へ。

イートインの場合は、ここで番号札をもらいイートインスペースへ。テイクアウトの場合はこの場所で受け取るので、できるまでしばらく待ちます!

そして受け取ったサンドイッチがこちら。

サンドイッチの横には新鮮野菜のサラダも。さらにスープもついてきます!(特別に店頭で撮影させていただきました)

フォークやスープのカップは、環境を考えて自然界に存在する微生物などで分解できるプラスチックや紙で作られているそう。それは、GOOD NATURE STATIONが人の体や心だけでなく、社会や地域、そして地球にも健康的で優しいことをコンセプトにしている施設だからです。実際に買った際はその辺りにも注目してみてくださいね。

あまりにも美味しそうなので食べちゃいそうになりましたが、これは帰ってからのお楽しみにとっておくとして…、次は噂でも聞いていたワインの試飲をしてみたいと思います!

2.実は…自然派ワイン16種類を試飲できる

最初に来た時からずっと気になっていた、この機械。

気になるけど使っていいのかわからずにいた…

自然派のワインを試飲できる「テイスティングマシーン」らしいのですが、なかなか最初の一歩を踏み出せなかったので、今回は意を決して使ってみることに!まずは使い方をチェックです。

3ステップで完了するようです

どうやら専用のプリペイドカードが必要なようなので、くるっと振り返ってレジに向かいます。先ほどのテイクアウトのレジとは異なり、このテイスティングマシーンから一番近いレジでOKです!

ここでプリペイドカードを購入します。カード自体は無料なのですが、中にお金が入っていないと使えないので、何円分をチャージするかをレジで伝えてくださいね。

今回はとりあえず1000円チャージしましたが、残高が少なくなったらレジで追加チャージできますので、この1枚で何度も利用可能ですよ〜。

では、いざ実践!まずは機械上部にプリペイドカードを入れて…

カード挿入口の上の画面に、残高が表示されます

グラスを注ぎ口に持って来て、ボタンを押すと…

少し長押しすると、出てきたあ〜!!

ワインの量は30ml〜150mlまで飲む量を選ぶことができますので、その時の気分に合わせてどうぞ。料金は500円前後を中心に、200円台から手軽に試せるものもあります(料金は量や種類によって異なります)。飲み比べたいときはまずは30mlから始めると良いかもしれません。

無事にワインもGETできたので、「よし、隣のイートインスペースで試飲して気に入ったワインを買って帰ろう!」とウキウキしていたとき、発見しちゃいました。おつまみに最適なアレを…!

3.実は…有名店のナッツをブレンドして購入できる

ワインを注いでパッと振り返ると、そこには大量のナッツの姿!

夢のようにたくさんある…!

こちらは滋賀県近江八幡市にある[Going-Nuts!]のナッツたち。[Going-Nuts!]さんは月刊誌Leafでも度々紹介させていただいておりましたが、これが京都の街中で買えるとは嬉しいですね!

これは買うっきゃない。と、気合を入れて購入方法を確認。

するとこちらは好きな種類をブレンドして購入できるとのこと。なんと贅沢な…!売り場に一緒においてあるカップ(Mサイズ1204円、Lサイズ1945円 ※共に税別)に、満タンになるまで好きな種類を何種類でも入れていくことができるんです。

(左)レバーを回してナッツを出し(右)それをカップに入れます カップが満タンになるまで、好きな種類を入れてOK!(写真のカップはMサイズ)

詰め終わったら、カップを閉じてそのままレジへ。いろいろな種類を食べてみたいとき、そして何よりもワインのおつまみにぴったりです。

4.実は…イートインスペースは自由に使ってOK

試飲用のワインとおつまみのナッツという最強の組み合わせを手に入れたので、1階の中央部分にあるイートインスペースへ移動。

イートインスペースは誰でも利用できますよー!

ちなみに最初に購入したサンドイッチも、イートインでお願いすればここで食べることができます。(もちろんサラダやカレーもOK)。レジで番号札をもらってこの場所で待っていると運んできてくれるのです。
※テイクアウトした商品をここで食べるのは原則NGですのでご注意を!

テイクアウトしたサンドイッチは帰ってから食べるので、早速ワインとナッツで至福の時間を。

昼からワインが飲めて最高

試飲したワインは店頭でもボトルで販売されているので、どのワインを買うか飲み比べするのもおすすめ。こちらに置いてある自然派ワインはすべてシンガポール最高峰のレストラン「アンドレ」でソムリエを務めた長谷川憲輔さんがセレクトしたもの。ワイン通の方もきっと納得のラインナップだと思います。

そしてナッツも香ばしくて美味しくて…。当たり前のように手が止まりませんので、みなさん食べ過ぎにはご注意ください。笑

5.結論:想像以上に使い勝手の良いスポットだった!

GOOD NATURE STATIONには何度か行ったことがあるWebLeafスタッフも、新たな「実は」をたくさん発見できた今回。テイクアウトでピクニックに行くのもよし、仕事帰りに一杯飲むのもよし、イートインでランチを楽しむのもよし。1階のフロアでは新鮮な野菜や化学調味料無添加のレトルト商品などもあるので、フル活用すればするほど健康的で便利な生活が送れるのです。みなさんもぜひ、GOOD NATURESTATIONで日々の生活を充実させてみてくださいね♪

会社に戻ってから、お腹が空きすぎて早速テイクアウトしたサンドイッチをぱくり。
時間が経っても野菜はシャキシャキ!ローストビーフは柔らかくて、パンも少し甘みがあってふわふわ…。
サンドイッチもこんなに贅沢なご馳走になるんだなあと感じたのでした。

GOOD NATURE STATION

  • グッドネイチャーステーション
  • 京都市下京区河原町通四条下ル稲荷町318番6
  • Tel.075-352-3712
  • マーケットエリア/10:00〜20:00
    キッチン(フードメニュー)/10:00〜21:00
    不定休
  • https://www.instagram.com/good_nature_station/
※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

ニュースニュース

特集記事特集記事

注目のイベント注目のイベント

サイト案内