NEW明智光秀の娘、信仰に生きた細川ガラシャゆかりの宮津へ

散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花は花なれ 人も人なれ 明智光秀の娘、細川ガラシャの辞世の歌だ。 戦国時代、ガラシャは波乱の生涯を送る。ガラシャゆかりの地、京都府北部の宮津市の民家で偶然 ...

夕顔、六条御息所…源氏物語の女たち。文学の中の魔界

初夏の夕暮れに白い花を咲かせる、夕顔。「はかない恋」の花言葉を持つ、夕顔にまつわる石碑がある。前回、紹介した「鉄輪の井」から北へ、堺町通を200mほど上っていくと、風情ある民家の前に石碑が立 ...

背筋がゾワリ、京都の女と男の魔界「鉄輪(かなわ)の井」

京都に妖かし多いといえども、ここまで怖ろしい話も、そうはないだろう。 能の『鉄輪(かなわ)』でも知られる「鉄輪の井」。頭に鉄輪(鍋や薬罐をかける三本足の五徳)をはめて火を灯し、顔には朱をさし ...

京都・朱雀門のヒト好き、風流鬼

平安京大内裏南側の中央にあった朱雀門。この門を起点に、平安京のメインストリートであった朱雀大路は都の南端に位置する正門「羅城門」までを結んでいた。  朱雀門跡の石碑 二条駅前にある平安京跡 ...

八坂の塔の珍事とその後

八坂神社と清水寺の坂の中間に位置する石畳の坂道を上がっていくと、両側に風情ある佇まいの町家が並び、正面に法観寺の五重塔が見えてくる。京都人にとっては法観寺と言うより、"八坂の塔"と呼ぶ方がわ ...

摩訶異の入口へ戻る

京都の摩訶異探訪とは

京都の街のどこでも存在する伝承。それは単なる絵空事ではなく、この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、月刊誌Leafで以前「京都の魔界探訪」の連載をしていたオフィス・TOのふたりが実際にその地を訪れながら紐解いていく。。

摩訶異を検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

https://lin.ee/13Cmapl

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!

メルマガ会員登録

WebLeaf から更新情報や
おすすめイベントをひと足早く配信中!

プレゼント応募

Leaf & WebLeaf 読者への
スペシャルギフトが毎月更新中