*

京都川床のいろは

京都の夏の風物詩として親しまれる”川床”。

「川床ってどう読むのが正解?」「ひとりで行っても大丈夫?」
「そもそも川床っていつから始まったの?」「お昼の川床は5・9月しか楽しめないって本当?」など、
川床初心者の疑問を、京都鴨川納涼床協同組合理事長の久保さんにわかりやすく教えていただきました!

京都鴨川納涼床協同組合 理事長 久保 明彦さん

京都鴨川納涼床協同組合理事長久保 明彦さん

上木屋町で京料理店[上木屋町 幾松]を営む。京都鴨川納涼床協同組合の前身である鴨涯保勝会の会長を経て、2006年より現職に就く。

川床っていつから始まったの?

始まりは江戸初期。400年もの歴史があります。

秀吉の時代から江戸時代への転換期、豪商が鴨川の河原に見物席や茶店を出したのが起源と言われています。江戸中期には、茶屋が浅瀬に砂洲に床几を並べたり、張り出し式のものが出て、「河原の涼み」と呼ばれました。大正時代、京阪電車鴨東線の延伸などにより、床は西岸だけに。そして第二次世界大戦によって床は完全に姿を消しますが、昭和26年、京都府議会で通達が出され復活を遂げます。昭和28年に鴨涯保勝会が結成された当時の納涼床は30〜40軒。現在は倍の100軒近くを数えます。

河原の涼み
画像提供/国際日本文化研究センター
貴船では大正時代にスタート
画像提供/貴船 ふじや

貴船では大正時代にスタート

現在の料理旅館「ふじや」が茶店を営んでいた大正時代、五尺と六尺の畳ほどの床几を貴船川に置いて客をもてなしたのが始まり。当時は川に足をつけて、お茶を飲んだりしながら涼むのが主な楽しみ方で、料理は部屋で出していたという。そのうち客に好まれて料理も川で出すようになり、鞍馬電車、バスが開通し地域と市内が結ばれ、川床の評判が高まっていった。戦後には徐々に店も増え、「貴船の川床」は人気観光地として知られるようになった。

(協力:貴船 ふじや)

なぜ昼床は5・9月しかないの?

食の安全と衛生を配慮した結果です。

組合では5月の川床を「皐月の床」、6月から「本床」、9月を「後涼みの床」と呼んでいます。もともと川床の営業は6〜8月のみでしたが、お客さまと組合店からのご要望を反映し、平成11年以降段階的に期間を拡大しました。その中、昼の営業が許されているのは5月、9月だけです。これは気候上、衛生上の観点からです。安全な食事を安心して召し上がっていただけるよう、昼の川床は涼しい時期に限定しています。

「川床」って“かわゆか”と“かわどこ”と呼び方が2種類あるって本当?

鴨川の納涼床は“ゆか”が正解です。

鴨川の納涼床は“ゆか”、貴船や高雄にある川床は“かわどこ”と呼びます。呼び方の由来には諸説ありますが、私は鴨川の場合、建物の床板から床が面で出ているから“ゆか”だと考えています。また各地の川床を区別するために、呼び分けていることも考えられます。これを機会にお客さまにも、鴨川は“ゆか”と覚えていただけるとうれしいです。

川床にひとりで行っても大丈夫?

ひとりで気軽に利用できる床、あります。

川床というと京料理のイメージが強いかもしれませんが、実はフランス料理、イタリア料理、中国料理など各国料理はもちろん、居酒屋やバー、カフェまで様々なジャンルの飲食店が揃っています。つまり2名以上から予約可能なコース料理のお店もあれば、ひとりでふらりと立ち寄れるお店もあります。組合のHPなどからニーズに合ったお店を探して、川床を満喫してください。

川床が混む時期はありますか?ここが狙い目!などの時期があると教えてほしいです。

夕涼みを体験できる7・8月がおすすめです。

床席はどの時期も人気ですが、おすすめの時期ということで言えば7〜8月です。梅雨が明けた後であれば、せっかく楽しみにしていた川床を雨で諦めることも少なくなります。また、蒸し暑い時期だからこそ、川床の醍醐味である“涼しさ”を実感していただけると思います。床席をご希望の際、予約可能なお店の場合は事前予約をおすすめします。また要予約のお店もありますので、ご注意ください。

京都人にとって“川床”ってどんな存在?

親しみある鴨川に欠かせない風物詩です。

私たちは鴨川を目の前に育ってきました。子どもの頃は鮎採りもできて、自然豊かな遊び場でもありました。京都に暮らす人々にとって、鴨川は思い出と密接した場所だと思います。また親しみ深い存在であるのと同時に、四神相応の東の神にあたり、神聖な存在でもあります。そんな鴨川にまつわる風景の一つとして川床があります。他府県からのお客さまにも、川床を通して、鴨川の魅力を感じて欲しいですね。

生まれ育った鴨川への想いを語ってくれた久保さん
生まれ育った鴨川への想いを語ってくれた久保さん

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!