ラーメン好きと行く京都のラーメン事情 vol.2清湯

ラーメン好きな読者モデルさんと巡る「京都の気になるラーメン企画」。第1弾のつけ麺に続き、第2弾は、ダシ文化の京都で新ブームとして注目されている濁りのない透明なスープ“清湯(ちんたん)”をご紹介!ラーメン座談会で決めたあの話題店へ、読者モデルのおふたりと一緒に取材へ行ってきました!さぁ、京都の気になる清湯事情を探りましょう!

ラーメン好きさんと一緒に座談会を開きました!

ラーメン好きが多くいるといわれる京都の街。「ラーメン好きな方と一緒に企画をしたい!」という編集部の思いから、SNS等でラーメン好きな読者モデルさんを募集。たくさんの応募の中から、ラーメン愛を強く感じた6名の方と語り合う座談会を開催し、最近気になるラーメン事情を話し合いました。みなさんからオススメのお店を教えてもらい、行ってみたいラーメンリストが増えました!

その様子はコチラから!

一緒に行ってくれるのは…

うっちーさん

小学校の時に一杯のラーメンと出会い、感動しました。それがきっかけとなり、今ではグルメブログ“内田のグルメ紀行”を書いています。

おしのさん

食べ歩くことが大好きで、ラーメンは自分へのご褒美に良く食べます。頑張ったあとに食べるラーメンは特に、心に染みわたります。

今回の取材先はこちら

エリア/紫竹
らぁ麺 とうひち

らぁ麺とうひち外観で撮影
(左)おしのさん(右)うっちーさん
  • TEL:

    075-432-8818

  • 住所:

    京都市北区大宮北箱ノ井町33-6 セルリアンハイツ1F [MAP]

  • 営業時間:

    11:00~14:30(LO)、18:00~21:30(LO)

  • 定休日:

    火曜休

  • 喫煙・禁煙:

    全席禁煙

  • 個室:

    完全個室無

  • 駐車場:

    7台

  • Twitter:

    https://twitter.com/touhichi_ramen

インタビュー!!
インタビュー!!

生揚げ醤油の風味と鶏ガラや丸鶏など長時間煮込んだスープとの絶妙なバランスから生まれるのがウチの味。まろやかでパンチあるスープを満喫してください!

ポイント

ペンダントライトがアクセントの店内はラーメン屋さんらしくないインテリアで新鮮な感じ。料理人の手捌きを見ながら登場する一杯に期待が膨らみます!

鶏醤油らぁ麺850円

3種類の生揚げ醤油と7種類の生醤油を用いたタレに、丹波黒どりや秋田比内地鶏の各部位を弱火で7時間煮込んだスープを合わせ清湯に。澄んでいるが鶏の旨みが際立つ濃厚なスープにつるつる食感の平たい中細の自家製麺が相性よく絡む。手間ひまかけた豚と鶏ムネ肉の2種類のチャーシュー、肉厚メンマも名脇役だ。

  • うっちー感想

    店長が何年も試行錯誤を重ねて辿り着いたというのが伝わるほど、コク深い味で美味しかった。新店が掲げるnew foundation ramen、すごく惹かれているので行ってみます!(うっちー)

  • おしの感想

    鶏と醤油のまろやかなスープに、モチモチした自家製麺、柚子の香りの鶏むね肉など、全体的に旨みとこだわりが詰まった食べやすい一杯です!(おしの)

こんなお店も注目!

こんなお店も注目!

3種のスープを制覇すべき極みの一杯を麺屋めんや優光ゆうこう/姉小路烏丸

優光淡竹

若きふたりが2017年秋にオープンさせた醤油ラーメン専門店。牡蠣、アサリ、シジミなど具の旨みを効かせた淡竹、鰹と昆布に[澤井醤油]のダシ醤油を合わせた真竹、島根の濃口醤油が香るしっかり濃厚な黒竹の3種が揃う。澄んだスープにさらりと絡む自家製麺は、足踏みで仕込むだけあり、うどんのようなコシを感じる。器を飾る豚肩ロースのしっとりチャーシューで見事な一杯に。写真は淡竹800円、煮玉子は+50円。

  • 優光内観
  • 優光外観

白壁とガラス張りがおしゃれな外観。モクモクと湯気が立ち登る中、笑顔でラーメン作りに励む従業員のチームワークも好印象

  • 店名:麺屋 優光(めんや ゆうこう)
  • TEL:075-256-3434
  • 住所:京都市中京区姉小路通烏丸西入ル場之町588 [MAP]
  • 営業時間:11:00~15:00、17:30~22:00
  • 定休日:木曜休
  • 全席禁煙 / 完全個室無 / 駐車場無
  • Instagram:menya.yukouで検索

定評あるスープと麺のバランスはさすが山﨑麺二郎やまざきめんじろう/円町

山﨑麺二郎らーめん

鶏と魚介から丁寧にとる、澄んだ深い味わいのWスープが評判な上、自家製麺も、らーめん、塩らーめん、つけ麺とメニューごとに配合や打ち方を変えるなど一杯にかける情熱は底知れず。香り高い醤油ダレを合わせたらーめん650円には、スープにしっかりと馴染むよう細麺が使用されている。ツルッとした食感と小麦の風味は一度食べると病みつきになる味。深みのあるスープを最後の一滴まで飲み干したい。写真は味付け玉子トッピング+100円。

  • 山﨑麺二郎つけめん
  • 山﨑麺二郎つけめん外観

鶏や魚介、醤油の風味が広がるあっさりとしたスープに、もっちりとした食感の中太麺で味わうつけめん700円も根強く人気

  • 店名:山﨑麺二郎(やまざきめんじろう)
  • TEL:075-463-1662
  • 住所:京都市中京区西ノ京北円町1-8[MAP]
  • 営業時間:11:30~14:00、18:00~22:00※売り切れ次第終了
  • 定休日:月・火曜休
  • 全席禁煙 / 完全個室無 / 駐車場無

気になる人はこちらもオススメ

  • ※当サイトに記載の内容は2018年4月時点のものとなります。そのため、予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。
  • ※表示価格は特に断りのあるもの以外、税込価格です。
  • 京都のラーメン事情vol.1バナー
  • 京都のラーメン事情vol.3バナー