ラーメン好きさんを呼んで「第1回ラーメン座談会」を開いてみた!

みなさん、こんにちは。唐突ですが、みなさんはラーメンは好きですか?未だかつて、「ラーメンは嫌いだ!」だと言う人を見たことがないLeafスタッフです。食いしん坊なLeafスタッフの中にも、ラーメン好きがたくさんいます。

『月刊誌Leaf』最新号(2018年2月24日(土)発売号)でも「京都・滋賀 最新ラーメン」を特集し、編集スタッフの間では、夜な夜なラーメン話で盛り上がっておりました!それを横目に、Webチームでも、「ラーメン好きが多くいる京都の街で、ラーメン好きな方と一緒に企画をしたい!」と、ラーメン企画を始動。SNSでラーメン好きさんを募集し、ラーメン愛を強く感じた6名の方と「第1回ラーメン座談会」を2月初旬に開きました!

■初めまして、ラーメン愛を語りましょう

「こんばんは。今日はみなさんのラーメン愛について教えてください!19時前でお腹も空いてきたと思うので、早速食べちゃいましょうか。」と、持参してきてもらった“一番好きなカップラーメン”を食べながら座談会がスタート。

ramen_01

ちなみにメンバーは、こんな感じ。
ramen_02
あいりさん:カップラーメンもラーメンも大好き!毎日でも食べたい
おしのさん:ラーメンが好きすぎて、ご褒美食はラーメンと決めている
こうめさん:ラーメン好きをきっかけに、大阪のラーメン屋とコラボして、オリジナルメニューを考案した。とりあえず麺が大好き!
みなとさん:ラーメン好きな学校仲間と度々ラーメンを食べに行く。行ってみたい店もたくさんある!
うっちーさん:あるラーメン店との出会いをきっかけに、食べ歩きが趣味になり、ブログ『内田のグルメ紀行』を書いている。ラーメン屋の店主の熱い話を聞きたい!
ひろちんさん:仕事終わりは大概ラーメン。やりきった後の締めはラーメンがいい!

ramen_14

うっちーさんに至っては、海外から日本へ帰ってきたばかりだそうで、「帰国後に食べるラーメンはカップラーメンじゃなく店で食べたい!」と、空腹を凌んでの参加。

ramen_05

座談会終わりに食べに行くそうです。

こうめさんは、「ラーメンにご飯は絶対!」と、白米持参での参戦。

ramen_04ラーメンには米ですよね。共感です。

それでは、カップラーメンを堪能しながら、本題へ。

■京都のラーメン事情を探ろう!

おそらくLeafスタッフより詳しいであろうみなさんのラーメン情報を頂戴します。

--------京都ラーメンのイメージは?

「こってり」、「背脂が多い」という意見が多数。

Leafスタッフもそのイメージが強いです。

---------お店で言うと?

みなさん[天一(天下一品)]以下[天一]で表記)ですかね?」

そうですね。京都でこってりの代名詞といえば天一ですよね。

うっちー「こってりラーメンの先駆者なんじゃないかなって思います。」

---------好きな京都のラーメン屋はどこ?

ramen_06
あいり
「京都駅の[恵比朱(えびす)]ですかね。深夜2時まで空いているのでバイト終わりによく食べに行きます。」

---------女子同士でラーメンって食べる?一緒に行ってくれる女性ってなかなかいないイメージがあるのですが…

ramen_07

みなと「私の周りはスイーツ女子の方が多いので、友達と一緒に行く機会は少ないです。」

ひろちん「スイーツよりラーメン派の友達が多い。飲みに行った後、ラーメン食べたい!って思います。」

---------お酒飲んだ後に、ラーメンを食べたくなる人って多いですよね。みなさんがラーメンを食べたくなるのは、どんなとき?

ramen_08

おしの「頑張ったあとのご褒美にラーメンを食べたくなる。いつもよりトッピングを多めにしちゃいます。地元が伏見なので[大黒ラーメン]にはよく通いました。私が中学生の時は、一杯470円だった。今は500円になったけど、ワンコインで食べられるし、チャーハンも220円と破格です。」

ramen_11

みなと「先日、Leafのインスタに載ってた[名前のないラーメン屋]が気になった。まだ行ったことがないから行ってみたくて…。もうすぐ国家試験があるので、終わったら行こうと、ラーメン仲間と話しています。」

LeafスタッフI「スタイリッシュで綺麗だから女性でも気兼ねなく行けますよ。場所は木屋町三条でアクセスもいいですしね。」

こうめ「大阪に住んでいるので、京都のラーメンは、京都駅の「ラーメン小路」くらいしかわからないです。大阪ではたくさん食べ歩いています。」

ひろちん[日本一のラーメン]のど根性ラーメンが好き。肉ががっつりで美味しいです。おばあちゃん家の近くで、小さい頃から好きな味。今は[天一]が近いから夜勤終わりに食べに行きます。」

LeafスタッフH「僕はやっぱり[天一]かな。みんなはどこの[天一]に行く?店によって味が違うとは聞きますが・・・」

ひろちん「滋賀の唐崎店が好きです。家から近いのもありますが、度々行きます。」

---------うっちーさんの好きな店は?

うっちー「う〜ん、、久しぶりに行きたい店は[無鉄砲][たけ井][鶏谷]ですかね。最近オープンした美味しい店はありますか?」

ramen_09

LeafスタッフI[優光]が美味しいです。大阪で修業した人が店長として頑張っている。オーナーも若いし元気がある店です。あとは、ラーメン屋さんと言うよりは、和食、居酒屋が新業態としてラーメン屋を展開していることに注目している。例えば和食の[食堂おがわ]の新店[river RAMEN]や、漁師めしでお馴染みの[雑魚や]が祇園で始めた[メントメシ ザコヤ]の魚介ラーメンとか。」

ramen_15
LeafスタッフO「私も[優光]が好き。魚介のダシが澄んでいて上品。麺は、うどんのように足で踏んで腰が出るように作っているから美味しいんです!」

LeafスタッフI「ちなみに、お気に入りの店は[かたぐるま][鶏谷]です。昔から好きなのは、[ますたに]ですかね。」


--------みなさん、お気に入りのお店があるのですね。
では、好きなラーメンの味は?

「断然しょうゆ!」「豚骨が好きだったけど塩も好きになった」「豚骨」「超こってりの豚骨」が好き!など、全体的には豚骨が人気なのでしょうか。

最近、味噌ラーメンにハマりだしたLeafスタッフYが、みなさんにおすすめのお店を教えてもらうと、一乗寺の[新進亭]、木屋町の[新麺と人]、伏見の[麺場 田所商店]がという声が上がりました。良い情報をゲットしましたが、他ジャンルに比べると、京都で味噌ラーメンを提供する店はまだまだ少ないなと感じますね。

それでは、次のお話へ。。

■WebLeafのラーメン企画で、一緒に取材に行こう!

WebLeafで紹介する『ラーメン企画』の第一弾は、つけ麺。オーソドックスなラーメンは、先日発売した月刊誌Leafにお任せして、こちらはつけ麺で攻めていきます。

ということで、

------------好きなつけ麺はありますか?

うっちー[たけ井][きらり][恵那く]が好きですかね。」

ramen_10

ひろちん「つけ麺食べなくて。。スープが飲みたいからどうしてもラーメンを食べてしまいます。つけ麺は太麺が多い気がする。太麺よりは細麺が好き。それに、どこの店が美味しいか知らないので。」

みなと「私もスープ派だから、つけ麺はつい後回しにしてしまいます。」

ramen_12

こうめ「大阪なら[つけ麺みさわ]の梅干しつけ麺か、[宮田麺児]が好き。麺が太くて、気がついたらスープがなくなるほど、スープが麺に絡みます!本当は麺大盛りが食べたいけど、スープが冷めちゃうから頼めないのが悔しい。」

ramen_16

おしの[すがり]が好き。麺にゆずが入っていて感動した。お店の雰囲気がラーメン屋っぽくないのもお気に入りです。他は、千本丸太町の[しゃかりき]。が美味しい。」

LeafスタッフO「私も[すがり]は好き。観光に来た方を連れて行くと喜ばれました。」

あいり「学校近くの南草津に、美味しいつけ麺があるという情報があるのですが、まだ行けていません。[しゃかりき]は友達が美味しいと言っていたので気になっています。」

LeafスタッフI「そもそも、京都にはつけ麺専門店があまり無いですよね。ラーメン屋が、ラーメンとつけ麺の両方を出す店はあるけれど。うっちーさんと同じで、[きらり][恵那く]は僕も好きです。」

ramen_17
うっちー[恵那く]のつけ麺を食べて、つけ麺も好きになりました。」

LeafスタッフO「男子は[恵那く]が好きなんですね。」

■盛り上がったラーメン座談会も、お開きの時間に。

ラーメン好きさんで、つけ麺を食べない派もいれば、出合ったお店をきっかけに、つけ麺好きになる方もいるなど様々。つけ麺話に盛り上がっているところで、座談会の終了時刻がきてしまいました!

ramen_13

たくさんの貴重な話が聞けて、あっという間の一時間でした。

空腹の中、熱いトークを繰り広げたうっちーさんは、この後、念願だったラーメンを食べに行くことに。店は[麺や高倉二条]に決めたそうです。

今回のみなさんの意見を参考に、WebLeafのラーメン企画を作成しました!
WebLeaf『ラーメン好きと行く 京都のラーメン事情 vol.1つけ麺』特集の公開に向けて、先日、3名の座談会メンバーと、あるつけ麺店に取材へお伺いしました!その様子を特集したページは、ぜひコチラからチェックしてみてくださいね。

次の座談会は、4月に開催予定です。その際はまたリポートしますので、次の記事もお楽しみに!