京都の夏を堪能!京都鴨川 納涼床2017
京都の夏を堪能!京都鴨川 納涼床2017

※ 当ページに記載の店舗情報は納涼床に関する情報を中心に掲載しております。詳しい通常営業内容に関しては各店舗へお問い合わせください。

※当サイトに記載の内容は2017年4月時点のものとなります。そのため、予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

※表示価格は特に断りのあるもの以外、税込・サービス料別です。

京都の夏の風物詩といえば「川床」。いつもは京都の人々の憩いの場として愛されている鴨川は、5月1日〜9月30日の間は鴨川納涼床を楽しむ人で賑わいます。その歴史は古く、江戸時代に豊臣秀吉が三条、五条橋の架け替えなどを行った後、河原が見世物や物売りで賑わい、富裕な商人が見物席を設けるなどしたことがはじまりなのだとか。この季節だけの「鴨川納涼床」で、京都の夏を楽しもう!

夜床
5月1日 ~ 9月30日
昼床
5月と9月のみ

※夜床は23:00には消灯のため終了。なお、納涼床の営業期間、時間、雨天時の対応は店舗により異なるので確認を。

※6月~8月の昼床休業期間の営業形態(店内営業の有無)は店舗によってことなるので要問い合わせ。

FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT

FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT

Leaf8月号 - 特集 京都川床113軒

Leaf8月号 - 特集 京都川床113軒

  • フレンチ・イタリアン・洋食
  • 創作料理・居酒屋
  • 肉料理
  • 各国料理
  • カフェ・バー
  • 知っておきたい川床マナー

和食・京料理

懐石料理

がんこ 高瀬川二条苑

(がんこ たかせがわ にじょうえん)

植治の名庭、
納涼床は〝隠れ家〟の雰囲気

[予算]
昼:平均 3,500円(サ10%別)
夜:平均 6,000円(サ10%別)

高瀬川を開削した角倉了以の別邸の庭園が起源。のちに明治の元勲・山縣有朋の別邸第二無鄰菴の庭園として、造園の名手・七代目小川治兵衛が禊川から取水して作庭した。納涼床へはこの緑豊かな庭を通って案内される。川床としては最北に位置し、左手に二条大橋を臨む。落ち着いた雰囲気の床で、鱧、鮎をはじめ京野菜など、夏の京の味をゆったりとあじわうことができる。5・9月のみ、昼床があるのでリーズナブルに楽しみたい方におすすめ。

TEL 075-223-3456
予約 予約が無難
住所 京都市中京区木屋町通二条下ル東生洲町484-6 MAP
営業時間 11:00〜15:00(LO/14:30)、
17:00〜21:00(LO/20:30)
※昼床は5・9月のみ
定休 無休
収容人数 約60名
テーブル席
URL http://www.gankofood.co.jp/group/oyashiki/nijyoen/
LINE

湯葉
味噌
豆腐料理

ゆば・みそ・とうふ 京料理
豆屋源蔵

(ゆば・みそ・とうふ 京料理)

味噌・豆腐・湯葉、
絶妙の味出す名脇役

[予算]
昼: 3,500円〜
夜:平均 7,500円

戦前はお茶屋、戦後は旅館として多くの文人や文化人に愛された「近江初」の面影を残す風雅な店。その日仕入れた魚介や京野菜、毎朝ていねいに手作りされる自家製の豆腐、湯葉でもてなす。華美に走らず奇をてらわず「花ハ半開 酒ハ微酔」を身上とし、鮎は味噌田楽で供するなど湯葉、味噌、豆腐を主役の食材を引き立てる名脇役として使い絶妙な味を醸す。豆乳枝豆摺り流しや銀餡を掛けた碗豆腐が人気。夜は5800円〜(税・席料込み)。昼は3250円〜。

TEL 075-253-1155
予約
住所 京都市中京区木屋町通御池上ル MAP
営業時間 11:30〜14:30(LO/13:30)、
17:00〜23:00(LO/21:00)
※昼床は5・9月のみ
定休 不定休
収容人数 約40名
座敷
URL http://www.mameyagenzo.co.jp/
LINE

割烹
豆腐料理

割烹 露瑚

(かっぽう ろこ)

贅沢な会席料理を
お手頃価格で

[予算]
昼:3,675円~
夜:5,940円~

築100年の京町家を改装した京料理店。町家独特の風情と洗練された雰囲気の店内に少し気おくれしてしまいがちだけど、気軽に京料理に親しんでもらうために、会席コースは5940円~とクオリティを落とさずに価格はかなり控えめに設定。コースには鮎の塩焼きや鱧おとしといった王道の和食も供するが、トマトと豆乳のスープが入ったパイ包みなどのメニューも。この時期は川床で京ならではの美味を味わって。

TEL 075-212-0297
予約
住所 京都市中京区木屋町通御池上ル東側上樵木町491-6 MAP
営業時間 11:30~14:30、
17:30~22:00(LO/20:30)
定休 不定休
収容人数 約40名 ※禁煙席有
座敷
URL http://www.kiyamachi-roco.com
LINE

鳥料理

新三浦

(しんみうら)

女優・森光子の生家、
今は水炊きの名店

[予算]
昼: 無
夜:平均 8,000円(サ込)

創業は大正初期。元は女優・森光子の生家で、当時のままの部屋も残っている。井戸水と鶏ガラを10時間以上煮出してとった白濁したスープは創業以来変わらない。使うのは国産の朝びき若鶏のみ。キャベツ、丁子麩、白餅、葛きり、椎茸などが入る。「スープの味が変わらないものを選んでいる」というように、こだわりのスープはあっさりしていてコクがある。まろやかな自家製ポン酢でいただく。コースは5800円(サ込)。鍋に合う辛口の酒も揃っている。

TEL 075-231-1297
予約 予約が無難
住所 京都市中京区木屋町通御池上ル MAP
営業時間 17:00〜22:00(LO/20:00)
定休 不定休(主に日曜休)
収容人数 約60名
座敷
URL http://www.sinmiura.jp/
LINE

京料理

さつき

(さつき)

維新の動乱も遠く、
静寂の路地奥に憩う

[予算]
昼: 無
夜: 7,560円〜(サ10%別)

江戸時代、山口藩控屋敷があり、幕末〜維新にかけては兵学者・大村益次郎の常宿だった。維新後、この宿で刺客に襲われた。風情漂う路地の奥にはアールヌーボー調の銀の扉が。そのしつらえも素晴らしい。川床のコースは7560円、10800円、14040円(いずれもサ別)。鱧や鮎、賀茂なすの田楽など、京の夏の味が供される。鮎は頭からすべて食べられる稚鮎。コースの最後には夏の定番である、穴子と実山椒の組み合わせが絶妙なお茶漬けで締めくくる。

TEL 075-241-0085
予約
住所 京都市中京区木屋町通二条下ル MAP
営業時間 17:00〜22:30(LO/20:00)
定休 日曜休(床の期間は営業の場合あり)
収容人数 約40名
座敷
URL http://kyoto-satsuki.com/contents/
LINE

京料理

京料理 竹島 一期

(きょうりょうり たけしま いちご)

一期一会の心でもてなす
正統派京料理

[予算]
昼: 3,240円(床席料別)〜
夜: 6,480円(床席料別)〜

元は明治30年に旅館として創業し、後に割烹へと転身。川床は6480円〜の京会席(サ別)だが、おすすめは京会席に広島牛陶板焼きがセットになった吟醸コース8640円だ。A4クラスのサーロインを余分な脂身を取り除き上質の部位だけを楽しむことができる贅沢な逸品。料理に合う京の地酒も豊富に取り揃えており、しっとり落ちついた空間で夕涼みが堪能できる。昼床は3240円〜(サ別)。

TEL 075-256-2550
予約
住所 京都市中京区木屋町通御池上ル東側 アイル竹嶋1F MAP
営業時間 11:30〜14:00(LO/13:30)、
17:00〜22:00(LO/20:30)
※床は11:30〜14:00(LO/13:00)、
17:00〜22:00(LO/20:00)
定休 不定休(主に月曜日休)
収容人数 約60名
座敷
URL http://www.takeshimakyoto.jp/
LINE

京料理

幾松

(いくまつ)

幕末の恋に思い馳せ、
伝統の床で一献

[予算]
昼: 5,658円(サ込)〜
夜: 14,400円(サ込)〜

店名は桂小五郎(木戸孝允)の恋人、のちに妻となる三本木の芸妓、幾松(木戸松子)にちなむ。築200年以上という風格漂う建物に「幾松の部屋」があり、登録有形文化財になっている。川床では京会席14400円(サ込)〜がいただける。京野菜や鱧など、吟味した旬の食材を使った京会席は毎日献立が変わる。必ず前日までに予約を。昼は弁当5658円(サ込)〜。伝統の川床で幕末に想いを馳せながら一献。料理と共にタイムトリップも楽しみたい。

TEL 075-231-1234
予約
住所 京都市中京区木屋町通御池上ル上樵木町497 MAP
営業時間 11:30〜15:00(LO/13:30)、
17:30〜22:00(LO/19:30)、
※昼床は5・9月のみ
定休 年末年始休
収容人数 約120名 ※全席禁煙
座敷もしくは和テーブル。要問い合わせ
URL http://www.ikumatsu.com/
LINE

会席料理
郷土料理

めん坊 木屋町本店

(めんぼう きやまちほんてん)

讃岐の味と
京の風流が味わえる床

[予算]
昼: 3,300円(サ10%別)〜
夜: 6,480円(サ10%別)〜

細い路地の奥に進むと、京町家の風情が漂う佇まい。お薦めは、鱧の落とし、鮎の塩焼きなど9 品付いた京会席(6480円~、サ別)。締めにいただく本格讃岐生醤油うどんはコシがあり、のどごしの良い逸品。大皿から取り分ける土佐の皿鉢(さわち)料理も名物(5500円~、サ別)。皿鉢料理には、鰹のたたき、造り、寿司、焼き物などが盛り合わされる。もちろん締めは、生醤油うどんだ。〝別腹〟でつるつる入る。京料理と讃岐うどんのコラボを楽しみたい。

TEL 075-231-2366
予約 予約が無難(昼床は要予約)
住所 京都市中京区木屋町通御池上ル東側 MAP
営業時間 11:30〜14:30(LO/14:00)、
17:00〜22:30(LO/22:00)
※床は11:30〜14:30(LO/13:30)、
17:00〜22:00(LO/21:30)
※昼床は5・9月のみ
定休 12/30〜1/2休
収容人数 約60名
座敷、テーブル
URL http://www.menbo-foods.com/
LINE

京料理

京料理 梅むら

(うめむら)

変わらぬもてなし、
明治の元勲をしのぶ

[予算]
昼: 5,832円(サ別)〜
夜: 平均 11,880円(サ別)

元は明治の元勲・伊藤博文公が定宿にしていた料理旅館。杉皮塀が続く石畳の露地に往時の面影が色濃く漂う。川床料理は京懐石11880円(サ別)〜。鱧、鮎、京野菜など、伝統の包丁技が冴える目にも涼やかな料理。約90人を収容できる広々とした床は伝統的なお座敷の床。今も昔も変わらないおもてなしの心が息づいている。昔から芸能界の方に愛されよく利用されているので、思いがけず有名人に会えるかもしれない。昼は鴨川御膳5832円(サ別)〜。

TEL 075-231-3383
予約
住所 京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町515-1 MAP
営業時間 11:30〜14:00(LO/13:30)、
17:00〜22:00(LO/20:30)
※昼床は5・9月のみ
定休 無休
収容人数 約90名 ※全席禁煙(禁煙室あり)
座敷
URL http://www5a.biglobe.ne.jp/~ume-mura
LINE

豆腐料理

豆水楼 木屋町本店

(とうすいろう)

京町家の暮れゆく床にて
豆腐料理

[予算]
昼: 2,835円(サ込)〜
夜: 平均 6,000円位(サ込)〜
床席料:1,000円

細長い路地裏の奥に佇む、築120年余りの元お茶屋の建物。網代天井や坪庭など往時の風趣が大事に残されている。国産大豆100%と天然にがりで仕込んだ、甘味と香りを楽しめるおぼろ豆腐をメインに、旬の食材と湯葉、生麩を使ったコース(4536円〜)を提供。ほかにも朴葉味噌焼き1134円(税込)などの一品料理も人気。5月と9月は昼床にて2835円(サ込)のサービス膳もある。

TEL 075-251-1600
予約
住所 京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町517-3 MAP
営業時間 11:30〜14:30(LO/14:00)、
日祝11:45〜15:30(LO/15:00)、
17:00〜22:00(LO/21:30)、
日祝17:00〜21:30(LO/21:00)
※昼床は5・9月のみ
定休 不定休
収容人数 約45名(団体は35名まで) ※喫煙席あり(店内は禁煙)
座敷
URL http://www.tousuiro.com
LINE

京料理

京・鴨川 懐石 櫻

(きょう・かもがわ かいせき さくら)

〝桜色に染まった〟店内、
京懐石に華そえる

[予算]
昼: 2,700円(サ別)〜
夜: 平均 9,500円(サ別)

桜の意匠がちりばめられた店内。川床の欄干にも透かし彫りの桜が舞う。「一期一会、桜に然り」という想いから、しつらえから小物に至るまで、桜にこだわってデザインされ華やかな雰囲気。川床は4320円、6480円、8640円〜(いずれもサ別)。鱧、鮎、京野菜を中心にした京懐石が味わえる。すべてのコースにつく漬物ずしが人気だ。ファミリー向けにお子さまランチも用意されている。川床からは、大文字、清水寺が望める。昼は2650円(サ別)〜。

TEL 075-231-1616
予約
住所 京都市中京区木屋町通御池下ル一筋目東入ル MAP
営業時間 11:30〜14:00(LO/13:00)、
17:00〜22:00(LO/21:00)
※昼床は5・9月のみ
定休 無休
収容人数 約40名
座敷
LINE

和洋折衷
割烹

河久

(かわひさ)

割烹スタイルを生かし、
気配りも細やか

[予算]
昼: 3,240円〜
夜: 平均 7,560円
※チャージ料700円

空間デザイナー白砂伸夫氏による店内は、カウンター席を大切にする割烹店ならではのデザイン。京料理店に生まれた初代は京都ホテルで修業。和と洋の技術を自在に操り、客のニーズに応えてくれる。パリッと香ばしく揚がった手羽先揚げやローストビーフ、淡路直送の鮮魚などが人気。おまかせコースは7350円〜。川床も店内も同じ料理がいただける。割烹スタイルを生かしつつ、客への細かな気配りを忘れないのがポリシー。川床からは大文字が見える。

TEL 075-211-0888
予約 予約が無難
住所 京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町518 MAP
営業時間 11:30〜13:30(LO/13:00)、
16:00〜21:30(LO/21:00)
定休 不定休
収容人数 36名
掘りごたつ
URL http://www.kawahisa.com
LINE

京料理

京料理 箔

(きょうりょうり はく)

幕末の賢人ゆかりの場所で
旬の味覚を

[予算]
昼:3,780円〜(サ別10〜15%)
夜:10,800円〜(サ別10〜15%)

京野菜は京都大原に契約農家を持ち、無農薬の有機野菜を使用しています。魚は北海道から五島列島まで、全国各地から旬の素材を取り寄せるこだわり。四季折々の丹精込めたお料理と、真心を込めたおもてなし。心行くまで贅沢なひと時をお過ごしください。1日1組様限定 床の貸切も可能です。

TEL 075-254-8717
予約 昼は会席のみ要予約、夜は要予約
住所 京都市中京区木屋町通三条上る上大阪町528-3 MAP
営業時間 11:00〜13:30、
17:00〜20:30
※昼床は5・9月のみ
定休 月曜休
収容人数 24名 ※全席禁煙(喫煙室あり)
座敷
URL http://www.haku.kyoto/
LINE

京料理

先斗町 富美家

(ぽんとちょう ふみや)

花街のお座敷、
京料理で粋なひとときを

[予算]
昼: 2,000円〜(サ別10%)
夜: 5,400円〜(サ別10%)

創業66周年。季節の花々が彩る和モダンな空間。川床では納涼京会席6000円〜、鱧しゃぶコースや鱧会席などがリーズナブルでいただける。熟練の料理人が作る京料理が洋風の器も使って華麗に盛り付けられ華やいだ雰囲気。目にも舌にもごちそうだ。人気は一人鍋で供される鱧しゃぶ。鱧の骨でとったおだしに鱧をさっとくぐらせ、花開いた身を自家製ポン酢で味わう。お子様連れもOK。気軽に訪れたい床だ。

TEL 075-211-5054
予約 予約が無難
住所 京都市中京区先斗町通歌舞練場南隣2軒目 MAP
営業時間 11:30〜15:00(LO/14:30)、
16:30〜23:00(LO/22:30)
※昼床は5・9月のみ
定休 不定休
収容人数 約45名
座敷、掘りごたつ
URL http://www.pontocho-fumiya.co.jp
LINE

和食

先斗町 魯ビン

(ぽんとちょう ろびん)

迷路のような不思議の奥に
京会席の世界

[予算]
昼: 平均 3,200円(サ5%別)
夜: 平均 7,000円(サ5%別)
床席料: 500円

築150年のお茶屋2軒をつないでリノベーションした店内は、迷路のような不思議な雰囲気。川床のコースは7000円〜(サ別)。正統派の京会席だ。料理長が自ら毎日仕入れに行く鱧は、おとし、霜焼き、しゃぶしゃぶなど時季によって料理が変わる。天然クエや甘鯛、豆冨や湯葉、生麩も味わえる。床料は500円。上質な食材にこだわり、近江牛の炭火焼など備長炭の焼物も美味。日本酒、ワインも充実。

TEL 075-222-8200
予約 予約が無難
住所 京都市中京区先斗町通若松町137-4 MAP
営業時間 11:30〜14:30(LO/13:30)、
16:30〜23:00(LO/21:30 ※床時期)
※昼床は5・9月のみ
定休 無休
収容人数 約30名 ※喫煙席有
座敷
URL http://www.robin-kyoto.com
LINE

京料理

先斗町 花柳

(かりゅう)

路地を入ると元お茶屋の世界

[予算]
昼: 2,160円(サ10%別)〜
夜: 5,400円(サ10%別)〜

舞妓さんが行き交う先斗町には京都ならではの情趣が漂う。お茶屋さんはお馴染みさんしか入れないが、同店では伝統あるお茶屋の建物をそのまま使用。憧れのお茶屋遊び気分が味わえ、舞妓さんを呼ぶこともできる。川床でいただくのは、素材の旨味を引き出した出汁をベースに、季節の食材を使用し、香り豊かで華やかな京懐石料理。お造りはそのうま味を最大限に引き出す日本全国の塩でどうぞ。極上のおもてなしと京料理にしばし酔うひとときを。

TEL 075-255-9977
予約 予約が無難(無しでも可)
住所 京都市中京区先斗町通三条下ル歌舞練場より10軒目 東側4番路地入ル左奥 MAP
営業時間 11:30~ 15:00(LO/14:00)、
17:00〜23:00(LO/21:30)
※昼床は5月・9月のみ
定休 無休
収容人数 24名
テーブル席
URL http://c-and-d.net/karyu/
LINE

和食

石原

(いしはら)

1日1組の床、
確かな目が選ぶ魚が評判

[予算]
昼: 約3,000円〜
夜: 平均 約15,000円

1日1組限定の川床。錦市場の魚屋出身のご主人が仕入れる魚が評判。川床料理は食べて飲んで1人15000円くらいが目安。突出しとお造りのあと、メインは鱧鍋。生でも食べられる新鮮な鱧とレタス、豆腐を、厚削りの鰹でとった濃い目のおだしでいただく。シンプルな中に極上の鱧のうま味が際立つ。コースには名物・鯖寿司も入る。白板昆布の代わりに海苔で巻いた鯖寿司は間にゴマも入りしみじみおいしい。静かな床でゆっくりとくつろぐ贅沢を。

TEL 075-221-4566
予約
住所 京都市中京区先斗町通三条下ル若松町139 MAP
営業時間 夕方〜23:00頃 ※予約状況に応じて変動
定休 不定休 ※昼床は5・9月のみ
収容人数 約8名(4名より貸切)
座敷
LINE

京料理

卯柳

(うりゅう)

京の美味を集めた、
目にも美しい京懐石

[予算]
昼: 2,160円(サ10%別)~
夜: 平均 5,400円(サ10%別)

華やぐ先斗町。エントランスの柳と鹿おどしに、老舗のお茶屋の情趣が漂う。玄関から鴨川まで続く細い通路の先に川床がある。こだわりは京都産の食材。丹後港直送の鮮魚から美山の地鶏、豚、採れたての京野菜、伏見の米、酒、塩に至るまで京都の美味を集める。選りすぐりの食材を冴え渡る熟練の包丁が見事に料理。食材の持ち味を生かした目にも美しい京懐石は5400円〜(サ10%)。多くの文化人が訪れた川床で、至福のひとときを。舞妓さんを呼ぶこともできる。

TEL 075-252-1144
予約 予約が無難(無しでも可)
住所 京都市中京区先斗町通三条下ル先斗町公園北4軒目 MAP
営業時間 11:30〜15:00(LO/14:00)、
17:00〜23:00(LO/21:30)
※昼床は5・9月のみ
定休 無休
収容人数 30名 ※全席喫煙
座敷
URL http://c-and-d.net/uryu/
LINE

和洋折衷

四季 よし菜

(しき よしな)

正統派の和食に
遊び心もある料理が好評

[予算]
昼: 無
夜: 平均 5,000円
床席料:1,000円

元お茶屋の建物は重厚な佇まいだが、川床はテーブル席なので気楽に楽しめる。正統派の和食をベースに遊び心も感じられる料理が好評だ。川床ではコースも単品も注文できる。床料は1000円。お薦めは月替わりのおまかせ会席6650円(床料込)。全8〜9品が味わえる。本格的な京料理の会席は8200円〜(床料込)。毎日吟味して仕入れる鮮魚も自慢。自家製のごま豆腐や鴨ロースも人気だ。店内では宮川町から舞妓さんを呼ぶこともできるので、相談を。

TEL 075-213-4471
予約 予約が無難
住所 京都市中京区先斗町通三条下ル児童公園北4軒目東 MAP
営業時間 17:00〜22:30(LO/22:00)
定休 不定休
収容人数 約30名 ※全席禁煙
テーブル席
URL http://yoshina.net/
LINE

京料理

京町

(きょうまち)

心和む床、
古き良き時代の京そのままに

[予算]
昼: 無
夜: 8,000円(サ10 %別)〜
※単品の場合は床席料1,000円

古き良き時代の京都の伝統をそのまま今に伝える。川床の料理は8000円(サ別)〜。鱧を中心に賀茂なすの田楽や鴫焼きなど、旬の味を楽しむ京料理。中でも純白の鱧と翡翠色の枝豆饅頭のコントラストが美しい吸物椀は自信の逸品。一等品の利尻昆布と鰹でとったおだしの美味しさに誰もがうなる。名物・牛ヒレ肉の有馬焼きは2歳までの国産の雌牛しか使わない。ポン酢と大根おろしでさっぱりといただく。行き届いたもてなしにも心が和む床だ。

TEL 075-221-5857
予約 予約が無難
住所 京都市中京区先斗町通四条上ル梅之木町156 MAP
営業時間 17:30〜22:30(LO/22:00)
定休 日曜(川床の時期は不定休あり)
収容人数 30名 ※原則禁煙
座敷
LINE

寿司

先斗町 かっぱ寿司

(かっぱずし)

唯一の寿司の床、
旬の新鮮ネタで「会席」

[予算]
昼: 平均 4,000円
夜: 平均 4,500円

先斗町で30年。唯一のお寿司屋さんの川床。床では寿司会席がいただける。先付け、鱧おとし、鮎の塩焼き、握り寿司、赤だしなどがセット。川床は靴のまま入ることができるテーブル席なので、気軽に利用できる。単品の追加もOK。鮮度のよい旬のネタが自慢の江戸前寿司。特に若狭のぐじ(甘鯛)の握りや、マグロの大トロ・中トロに自信あり。シャリは京都の千鳥酢でまろやかに仕上げている。東山を眺めながらお寿司で一杯。

TEL 075-213-4777
予約 予約が無難
住所 京都市中京区先斗町通四条上ル松本町160
栞ビル1F・2F MAP
営業時間 12:00〜15:00(LO/14:30)
※昼床は5月の土・日・祝のみ
17:00〜24:00(LO/23:30)
定休 無休
収容人数 40名
テーブル席
URL https://www.suishin.co.jp/shop/kappa/
LINE

京料理

京の創作料理 烹祥庵

(ほうしょうあん)

旬の厳選素材を生かした
京会席料理

[予算]
昼: 無
夜: 平均 5,000円

先斗町に佇む落ち着いた隠れ家の先にある川床。京野菜や黒毛和牛などの京の素材を中心とした厳選食材の創作料理が楽しめる。ゆばや豆腐などの京都らしいアラカルトメニューを取りそろえ、床席料込みのコース料理は5800円〜。アラカルトで気軽に楽しむも良し、会席料理で夏の京都を感じるも良し。鴨川の風に吹かれながら、お好きなシーンで利用する事ができる。

TEL 075-255-2635
予約 予約が無難
住所 京都市中京区先斗町通四条上ル鍋屋町227 紫光会館1階奥 MAP
営業時間 17:00〜23:00(LO/22:00)
定休 月曜休
収容人数 約30名
座敷
LINE

京料理
ハモ料理

京料理 大當両

(だいとうりょう)

南座を臨む床で
涼風と鱧料理の数々を堪能

[予算]
昼: 2,580円(サ10%別)〜
夜: 6,480円(サ13%別)〜

創業70余年。年間を通して人気のゆば会席6480円と並び夏の名物・鱧会席10800円は、特に身が厚く脂ののった大きな鱧を選んでいるので、ぼたん鱧も一際大きく盛り上がり美しい。ふわっとした食感にも驚く。鱧の黄身焼きや鱧の天ぷら、鳴門鱧と京野菜の炊合せ、鱧皮の酢の物など様々な料理で供される。驚くほど分厚い鱧寿司も人気だ。季節のおまかせ会席8640円もある。昼はゆば膳3900円を。南座を臨む川床は広く吹き渡る風が心地よい。

TEL 075-221-5663
予約 予約が無難
住所 京都市中京区先斗町通四条上ル鍋屋町232-8 MAP
営業時間 11:30〜15:00(LO/14:30)、
16:30〜22:00(LO/21:00)
※昼床は5・9月のみ
定休 火曜休
収容人数 20〜25名 ※全席禁煙
座敷
URL http://pontocho-daitoryo.com
LINE

京料理

眺河

(ながめがわ)

ライトアップした南座と
東山の眺望も味わう

[予算]
昼: 3,024円(サ10%別)〜
夜: 5,400円(サ10%別)〜

花街の情緒が揺れる石畳。先斗町ならではの華やぎと京料理を川床で。伝統をベースに、自由な発想による新しいスタイルの京懐石がコンセプト。各テーブルには日本全国の塩が8種類セッティングされていて、天婦羅からお造り、鱧落としなどまで、素材のうま味を引き出すこだわりの「塩」でいただける。丹後直送の鮮魚や朝採りの京野菜を使った「先斗町懐石」(7560円)、最高級食材を厳選した「鴨川懐石」(10800円)がお薦め。舞妓さんを呼ぶこともできる。

TEL 075-255-5544
予約 予約が無難(無しでも可)
住所 京都市中京区先斗町通四条上ル東側8軒目 MAP
営業時間 11:30~ 15:00(LO/14:00)、
17:00〜23:00(LO/21:30)
※昼床は5・9月のみ
定休 無休
収容人数 床席40名(テラス席は12名) ※喫煙席あり
テーブル席
URL http://c-and-d.net/nagame/
LINE

京料理

多から

(たから)

〝目利き店主〟自信の魚介、
上質の京料理

[予算]
昼: 3,240円(サ5%別)〜
夜: 10,000円(サ10%別)
床席料:300円

京料理一筋70年。川床も店内も同じ料理が楽しめる。床料は300円(昼床は150円)。京料理コースは7560円(サ別)〜。鱧料理コースは10800円(サ別)〜。名物・すっぽんのスープは一人鍋で供される。すっぽんと自家製ゴマ豆腐、薬味が入る。コラーゲンたっぷり、スタミナ満点のスープは夏にこそ味わいたい逸品。ゴマ豆腐は熱いスープにも溶けず、プルプルした食感がおいしい。魚介は三代目が毎日市場へ行き、自ら目利きして仕入れる。最高級の鱧、トロも自慢だ。

TEL 075-211-8945
予約 予約が無難
住所 京都市中京区先斗町通四条上ル柏屋町173-2 MAP
営業時間 12:00〜22:00(LO/21:30)
※昼床は5・9月のみ
定休 不定休
収容人数 約60名 ※喫煙席あり
座敷
LINE

京料理

先斗町 いづもや

(いづもや)

江戸前の鰻は伝統の味、
眺めもごちそう

[予算]
昼: 平均 3,000円
夜: 平均 7,000円
(サービス料・床席料なし)

大正5年に創業し、昭和21年に先斗町に移転した。鰻は国産を使用し、背開きにしたものを蒸してから焼く江戸前手法。秘伝のたれは創業より受け継がれた伝統の味だ。川床では最後にミニ鰻丼が付く全10品の会席料理のコース6480円が味わえる。眺めの良い川床も気持ちがいいが、ガラス張りの店内は3階以上なら大文字が望める。

TEL 075-211-2501
予約 予約が無難
住所 京都市中京区先斗町通四条上ル柏屋町173-2 MAP
営業時間 11:30〜22:00(LO/21:00)
※床は11:30〜15:30(LO/15:00)、
17:00〜22:00(LO/21:00)、
※昼床は5・9月のみ
定休 不定休
収容人数 約110名 ※全席禁煙(喫煙スペースあり)
座敷
URL http://www.idumoya.co.jp
LINE

京料理

京料理 ちもと

(ちもと)

風格漂う数奇屋造、
老舗の床で至福の時

[予算]
昼:無
夜:平均 25,000円(サ込)

西陣の千本通に享保3年(1718)創業。明治初期に現在の地に移転した。店名は「千本」を「ちもと」と読み替えて付けられた。数奇屋造の重厚な佇まいに、老舗ならではの風格が漂う。川床での料理は18630円〜(税サ込)。コースの内容は月ごとに替わる。川床の予約席はひと組ごとに区切られ、鴨川に面するようにしつらえられている。旬の食材を生かした伝統の京料理を、瀬音を聞きながらいただくのはまさに京の夏の醍醐味。至福のひとときだ。

TEL 075-351-1846
予約
住所 京都市下京区西石垣通四条下ル 四条大橋西詰南入ル MAP
営業時間 17:00〜22:00(LO/20:00)
定休 不定休 ※床は6/1より営業
収容人数 約40名
座敷
URL http://chimoto.jp/
LINE

京料理
一品料理

銀水

(ぎんすい)

ジャンル超えたおいしい料理、
うまい酒

[予算]
昼:無
夜:平均 7,000円

昭和12年創業。川床は西石垣コース5000円〜。鮎をメインに鱧落としなどを味わう正統派の京料理を基本に、和風ビシソワーズなど、一工夫されたオリジナル料理も。単品の人気はミノと玉ネギを炒めてポン酢でいただくミノぽん。バチコやカラスミなどお酒に合う一品からオムライス、夏限定の冷麺までジャンルを超えた「おいしいもの」が揃う。フレッシュフルーツを使ったオリジナルカクテルも人気。料理とお酒を楽しむ川床だ。

TEL 075-351-6600
予約 予約が無難(6〜8月の床の予約は会席料理のみ)
住所 京都市下京区木屋町通四条下ル斉藤町140-12
四条大橋西詰南へ50m左側 MAP
営業時間 17:00〜翌4:00(LO/翌3:00)
※床は23:00まで
定休 無休
収容人数 約50名
座敷
LINE

湯葉・生麩
豆腐とはも料理

京料理 きた山

(きょうりょうり きたやま)

花鳥風月 「鴨川床膳」

[予算]
昼: 2,500円〜(平均3,000円)
夜: 5,400円〜(平均6,000円)
※コース料理のみ予約は席料込(但し、一品料理の場合は席料・床料とも別途有料)

花コース5400円は最もリピーターが多い人気の京都らしい季節料理。まず一の膳には季節の煮こごり、京おばんざい盛り、京風だし巻と和え物。二の膳は季節の焼魚又は合鴨料理、京野菜と小魚の炊き合わせ、京ゆば、生麩のカルパッチョ。三の膳は鱧の湯引きおとし又は鮮魚のお刺身と珍味小鉢。そして「名物京とうふ鍋」は極旨と評判の秘伝スープでご賞味。〆は京うどんを特製ポンズを少量落としていただく。最高に美味!! なお、鳥コーズ6480円は彩り揚げだし豆腐又は天ぷら盛り合わせ、風コース7560円は鱧しゃぶ、月コース8640円は鮎の塩焼など。昼床ランチは2500〜3500円。

TEL 075-365-0999
予約 予約が無難
住所 京都市下京区西石垣通四条下ル MAP
営業時間 12:00〜15:00(LO/14:30)、
17:00〜23:00(LO/21:00)
※昼床は5・9月のみ
定休 不定休
収容人数 約40名 ※2F京座敷約60席有
テーブル席
URL http://kyoryori-kitayama.com
LINE

京料理
水炊き

料亭 鳥彌三

(とりやさ)

130年を超す伝統の床で
名物・鳥の水炊き

[予算]
昼: 4,500円(サ込)〜、平均 15,000円(サ込)
夜: 平均 15,000円(サ込)

創業天明8年(1788)。江戸の面影を伝える重厚な建物は築228年以上。国の登録有形文化財。川床も明治7年(1874)の彩色写真が残り、仕様は変わったものの130年以上の伝統を誇る。川床では京懐石12000円〜(サ別)、名物・鳥の水炊き13000円(サ込)が味わえる。3日間鶏ガラを煮出す白いスープは創業当時の味を守る。スープはスープだけ飲み、具は自家製ポン酢で食べるのが鳥彌三のこだわり。鳥の肝煮も絶品。歴史を感じる床。昼は4500円〜(サ込)。要予約。

TEL 075-351-0555
予約 予約が無難
住所 京都市下京区西石垣通四条下ル斉藤町136 MAP
営業時間 11:30〜22:00(LO/21:00)
※昼床は5・9月のみ
定休 不定休
収容人数 約80名 ※全席禁煙
座敷
LINE

京料理

京料理 あと村 本店

(きょうりょうり あとむら)

評判の鱧料理、
高い技術の「焼霜」は逸品

[予算]
昼: 3,780円〜
夜: 9,720円(サ10%別)〜

時季によって仕入先を変え、大きくて脂ののったこだわりの鱧を使った鱧料理に定評がある。特に皮をさっと炙っただけの鱧の焼霜は生の身の甘さに驚く。高度な骨切りの技術が要求される逸品だ。ご主人考案の名物・とうもろこしの天婦羅、うに茄子も是非味わいたい。とうもろこしの一粒一粒に針で穴を空ける、手間ひま惜しまぬ下ごしらえが美味を創る。賀茂なすにうにをのせたうに茄子は贅沢な味。川床のコースは9720円(サ別)〜。昼は籠盛り弁当3780円。

TEL 075-343-3770
予約 予約が無難
住所 京都市下京区木屋町通四条下ル斉藤町139 MAP
営業時間 11:30〜15:00(LO/14:00)、
17:00〜22:00(LO/21:30)
※昼床は5・9月のみ
定休 無休、年末年始休
収容人数 約80名 ※喫煙席あり
座敷
URL http://www.kyoryori-atomura.co.jp/
LINE

もち料理
季節料理

きた村 もち料理

(きたむら)

絶妙の味・もち料理、
もてなしも温かく

[予算]
昼: 7,000円(税込) ※昼は6名以上の予約のみ営業
夜: 10,800円・13,000円(10名以上の宴会は要相談)

築約100年の元お茶屋で、先代がもち料理とおばんざいの店を始めたのが起源。風趣ある空間でいただく洗練された季節料理が評判だ。川床ではおまかせコース10800円〜を。「おもちゃ箱」には季節の料理の小鉢が7〜8種詰まっていて思わず歓声が上がる。夏は冷やしあんかけにした冷たいお雑煮も人気。名物・たらこもちはたらこのコクとなめらかなおもちが絶妙。温かなもてなしもご馳走だ。

TEL 075-351-7871
予約
住所 京都市下京区木屋町通仏光寺上ル MAP
営業時間 17:00〜23:00(LO/22:00)
※昼は6名以上の予約のみ営業
定休 日曜休(日・月曜が連休の場合は不定休)
収容人数 約48名
テーブル
URL http://www.mochi-kitamura.com/
LINE

和食

みます屋 MONAMI

(みますや)

おくどさんで炊くご飯など
こだわりの食を

[予算]
昼: 平均 1,500円
夜: 平均 4,000円
※アラカルト500円

店名「MONAMI」の語源は、フランス語で「親愛なる、特別な人」という意味。お客様や食材に対しての感謝のキモチをコンセプトに、昔懐かしいおくどさんで炊き上げる国内産最高級米や南部鉄器を使って焼き上げる京都の地野菜、和牛、地鶏が自慢。床ではコース、アラカルトで利用できるのもうれしいポイントだ。

TEL 075-341-1766
予約 予約が無難
住所 京都市下京区木屋町通松原上ル2丁目和泉屋町160 1F-101 MAP
営業時間 11:30〜14:30(LO/14:00)、
17:30〜23:00(LO/22:30)
※床は11:30〜14:30(LO/12:00)、
17:30〜23:00(LO/22:30)
定休 無休
収容人数 43名 ※喫煙席あり
テーブル席
LINE

京会席
料理

雪月花

(せつげっか)

床で目でも味わう京料理

[予算]
昼: 2,376円〜 ※9月のみ3,240円〜
夜: 平均 7,020円 (夜のみサ5%別)
※床席料324円(夜のみ)

落ち着いた雰囲気の川床ではコース料理を。鱧や鮎など、京の夏の食材がちりばめられた涼味豊かな京会席は7020円〜。その華やかで繊細な盛り付けは「目で味わう」という表現がぴったり。内容は月によって替わるので、いつ訪れても新しい感動がある。若いスタッフがきびきびとサービスしてくれるのも気持ちがいい。全室個室の店内も、部屋ごとに趣向が凝らされ特に女性に人気。昼は2376円〜。

TEL 075-342-1777
予約 予約が無難
住所 京都市下京区木屋町通仏光寺角 MAP
営業時間 11:30〜15:00(LO/14:00)、
17:30〜23:00(LO/21:00)
※昼床は5・9月のみ
定休 不定休
収容人数 約40名 ※喫煙席あり
掘りごたつ
URL http://kyoto-hanatsubaki.com
LINE

京料理

本家たん熊 本店

(ほんけたんくま)

名代の老舗、
絶品の名物・すっぽんの汁

[予算]
昼: 5,400円(サ別15%)〜
夜: 平均 16,200円(サ別15%)

昭和3年、初代主人が割烹スタイルの店を創業。板前割烹の草分けとして多くの文化人に愛されてきた。素材に余り手を加えず、その良さをストレートに出した直球勝負の料理が身上。そこには「目利きと腕」が常に問われる緊張感がみなぎる。三代目は時代のニーズに応えながら、初代の料理を再現している。名物はすっぽんの汁。臭みが全くなく、すっぽんの滋味のみが凝縮した逸品。川床料理は16200円(サ別)〜。鱧料理と鮎、すっぽんの汁が必ず供される。

TEL 075-351-1645
予約
住所 京都市下京区木屋町通仏光寺下ル MAP
営業時間 11:30〜15:00(LO/13:30)、
17:00〜22:00(LO/20:00)
定休 不定休
収容人数 約50名 ※喫煙席あり
座敷
LINE

水炊き

鳥初鴨川

(とりはつかもがわ)

創業以来守る
秘伝の乳白色水炊きスープ

[予算]
昼: 無
夜: 平均 8,500円(サ別15%)

大正10年の創業以来の味を守る。メニューは水だきコース5400円(サ別)のみ。生後70日の玉子を生む前の雌鳥のみを使用。乳白色のスープは最低5時間煮込んだ鶏ガラに秘伝の味を加えて完成する。はじめにまずスープを。塩・生姜に好みで七味を加えたスープはまさに絶品。湯がいたキャベツ、菊菜、豆腐、湯葉などと骨付きの鶏をまろやかな自家製ポン酢でいただく。家庭的な雰囲気もくつろげる。

TEL 075-351-1615
予約 要 (最終入店時刻19:30)
住所 京都市下京区木屋町通高辻上ル和泉屋町169 MAP
営業時間 17:00〜21:00(入店は19:30まで)
定休 日曜休
収容人数 約75名
座敷
LINE

京料理

栄家

(さかえや)

細やかな心配りを
温かなおもてなしで

[予算]
昼: 無
夜: 8,000円(サ別8%)

大正8年創業、現在の建物は昭和12年に。旅館の川床で鱧のおとし、鮎の塩焼き、賀茂なすの田楽は当店オリジナルを味わって頂きたい。4名以上10名様までなら貸し切りに。家族や仲間内の集まりにどうぞ!!

TEL 075-351-6168
予約 要(2日前までに)
住所 京都市下京区木屋町通高辻上ル和泉屋町170 MAP
営業時間 17:00〜21:00
定休 12/26〜1/7休
収容人数 約10名
テーブル
LINE

京料理

仙鶴

(せんかく)

正統派京料理を
カジュアル感覚で楽しむ

[予算]
昼: 3,996円〜
夜: 平均 6,696円〜

シンプルモダンな明るい店内。広々とした川床で、外国の方にも喜ばれている。料理は正統派の京料理。鱧や夏の京野菜などを使った涼やかな料理を肩肘張らずにカジュアル感覚で楽しめるのが魅力。「おまかせコース」は6696円、8856円(税込)。主人が自ら毎朝市場で吟味した、旬の食材を是非ご賞味あれ。若いカップルにもお薦めの床だ。デートから女性同士の食事会、ファミリーなどいろいろなシーンで利用できる。

TEL 075-341-7511
予約 不要 ※昼の床は要予約
住所 京都市下京区木屋町通松原上ル美濃屋町177 MAP
営業時間 12:00〜14:30(LO/13:30)、
17:00〜22:00(LO/20:30)
※昼床は5・9月のみ
定休 不定休
収容人数 約48名
テーブル席
URL http://sen-kaku.co.jp/
LINE

京料理

田鶴

(たづる)

田鶴の床で 納涼料理

[予算]
昼: 5,838円(サ込)〜
夜: 9,936円(サ込)〜

はも料理・京野菜など夏の旬の素材で調理した伝統の京料理でもてなす。2名から約40名まで利用できる。昼の床は5月と9月、夜の床は5月から9月末まで開設。昔、坂本龍馬も鴨川から夏の夜空にふけ盃で心静かに一献した、鴨川のそよ風で夕涼みを楽しみたい。

TEL 075-341-3376
予約 予約が無難
住所 京都市下京区木屋町通松原上ル MAP
営業時間 11:30〜14:30(LO/13:00)、
16:30〜22:00(LO/20:00)
※昼床は5・9月のみ
定休 無休
収容人数 約40名
テーブル席
URL http://tazuru.com/
LINE

京料理

料理旅館 鶴清

(つるせ)

200人も座れる床、
開放感にお箸も進む

[予算]
昼: 5,000円〜
夜: 8,000円〜

唐破風造りの威風堂々たる玄関に驚く。昭和初期に料理旅館として創業。宮大工が手掛けた建物は総檜造の3階建て。欄間やステンドグラスなど、贅を凝らした意匠がちりばめられている。約200名を収容する最大級の川床は最南端に位置し、ゆったりと食事を楽しめる。川床料理はすずみ料理と呼ぶ会席料理。名物・鱧鍋は9000円(サ込)〜。てっさのように薄く切った鱧を九条ネギとともに、鱧の中骨を丸1日煮込んだスープを加えた極上のおだしでいただく逸品。

TEL 075-351-8518
予約 予約が無難
住所 京都市下京区木屋町通五条上ル MAP
営業時間 11:30〜15:00(入店は14:00まで)、
16:30〜21:30(入店は20:00まで)
※床は12:00〜15:00(入店は14:00まで)、
16:30〜21:30(入店は20:00まで)
※昼床は5・9月のみ
定休 不定休
収容人数 約200名
座敷
URL http://www.tsuruse.co.jp
LINE