材料(2人分)

  • 長芋...100g
  • 鰹...100g
  • 大葉...6枚
  • 梅干し...1個
  • 白胡麻...適量

〈合わせ調味料〉

  • 濃口醤油...小さじ1
  • 胡麻油...小さじ1
  • みりん...小さじ1
  • 甜菜糖...小さじ1/4

作り方

春掘り長芋と鰹の梅和え
  1. 鰹は2㎝の角切りにする。
  2. 長芋の表面の皮を直火で炙り、ひげを焼き落とす。ひげを焼き落とした後も皮の表面全体を炙る。炙り終えたら、皮ごと2㎝角に切る。
  3. 大葉はひと口大に手でちぎり、梅干しは種を取り出し叩いておく。
  4. ボウルに叩いた梅干し、〈合わせ調味料〉を入れよくかき混ぜる。 ※梅干しは、塩のみで漬け込んだものを使用。ハチミツ漬けや鰹出汁で漬け込んだものは、甘みが添加されている場合があるため、使用する梅干しによって合わせる調味料は工夫してください。
  5. 4.のボウルに、長芋と鰹と大葉を入れ和える。
  6. 皿に盛り付け、煎った白胡麻を上に飾る。

[Point]

直火で焼くと皮ごと食べられます。皮をむく手間が省け、手がかゆくなることも避けられます。長芋は糖質分解酵素のアミラーゼを多く含みますが、アミラーゼは加熱すると効力を失うので生で食べましょう。

いとうまり先生

教えてくれたのは...いとうまり先生

いのちと時を紡ぐ食卓を。「あなたのすみれsmile」おばんざいのちぃさいお教室 主宰

毎日の食卓がやさしさでいっぱい溢れることを願って、京都の昔ながらのおかずを中心に、料理初心者や観光客にも丁寧に教えてくれる。

料理教室 公式サイト ≫

他のおやさいレシピはこちらをチェック

おうち時間がもっと充実する、京都のおばんざいレシピ伝授「やさいのごちそう」

おうち時間がもっと充実する、京都のおばんざいレシピ伝授「やさいのごちそう」

#togokyotoをリポスト応援中!

京都のテイクアウトグルメ

togokyoto

#togoshigaをリポスト応援中!

滋賀のテイクアウトグルメ

togoshiga