パン好きが多い京都の街には、美味しいパン屋さんもたくさん!
Leaf注目のパン屋さんをエリア毎にご紹介。
パンに欠かせないコーヒーも合わせてチェックしよう。

※当サイトに記載の内容は2017年2月時点のものとなります。そのため、予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。
※表示価格は特に断りのあるもの以外、税込価格です。

キキダウンステアーズベーカリー

キキダウンステアーズベーカリー

●宇多野

坂の途中にある隠れ家パン屋

人気ベーカリーなどで経験を積んだ店主のパンは「他にないものを」と、ししゃもパンやダイス型のクリームパンなど趣向を凝らすものばかり。卵を使わず絶妙な食感に仕上げるパンも多く、新作も定期的に登場するので、リピーターの心を掴んで離さない。明太子たっぷりのめんたいこフランス190円は、そのビジュアルに即買い決定。


名物のししゃもパン120円。香ばしく焼いた子持ちししゃもの食感がクロワッサン生地と好相性

電話
075-275-4866
住所
京都市右京区常盤御池町21-15 MAP
営業時間
7:00~18:00
定休日
月曜
イートイン
不可
駐車場
URL
Facebookでキキダウンステアーズベーカリーを検索

まるき製パン所

まるきせいパンじょ

●堀川松原

注目はソウルフード・ハムロール

根強いファンも多い老舗パン屋。一度は食べて欲しい人気NO.1のハムロール170円には、ほんのり甘いパンにシャキシャキの新鮮なキャベツをたっぷりサンド。厨房では地元のお母さんたちが腕を振るい、朝から晩まで作り立てを提供。子どもから大人までみんなが夢中になる素朴かつ味わい深いパンが勢揃い。お手頃価格も嬉しい。


シンプル・イズ・ベスト!ポテトサラダたっぷりのサラダロール220円

電話
075-821-9683
住所
京都市下京区松原通堀川西入ル北門前町740 MAP
営業時間
6:30~20:00 日曜、祝日~14:00
定休日
不定休
イートイン
不可
駐車場
2台

mina_mina

ミナ ミナ

●西大路八条

卵もバターも不使用のもっちりパン

低音で長時間発酵させ、高温のオーブンで一気に焼き上げるため、外は香ばしく中はもちっと。菓子パンにはバターの代わりに太白胡麻油を使用するなど、できるだけ添加物を使わない体に優しいパンが特徴。併設のカフェスペースでも味わえるので、ぜひ焼きたてを頬張ってほしい。小麦本来の味を活かした食パンは売り切れ続出。


カスタードクリームがたっぷりのクリームパン150円は、オレンジピールの香りが爽やかな印象

電話
075-203-6323
住所
京都市下京区七条御所ノ内本町83-1 MAP
営業時間
10:00〜17:00
定休日
日曜・祝日
イートイン
駐車場

Boulangerie MASH kyoto

ブランジェリー マッシュ キョウト

●東洞院高辻

日々探求!オリジナリティ溢れるパン

個性豊かな一品に出合えると数々のメディアで紹介されている人気店。[一保堂茶舗]の抹茶、久美浜[木下酒造]の日本酒、西京味噌など、京都ならではの素材を活かした和の趣を感じるパンが並ぶ。塩糀が入った小物フランスは固すぎずもちっとした食感が癖に。皮の香ばしい味が好みなら、長時間低温熟成発酵のバゲットがおすすめ。


はんなりとした見た目で人気の花のいろは180円は、スミレの花が愛らしい紫いものあんぱん

電話
075-352-0478
住所
京都市下京区東洞院通高辻下ル燈籠町568 MAP
営業時間
8:00〜19:30
定休日
火・水曜
イートイン
不可
駐車場
URL
http://mashkyoto.com/

ル・ブション・トゥーネソル

ル・ブション・トゥーネソル

●嵐山

東京の名店の味を存分に

東京・茗荷谷のパン屋[K'eat]の小野田シェフと、フレンチのベテラン・畑シェフが2016年1月にパン屋レストランをオープン。バターの香り高いクロワッサンや、大ぶりのサツマイモがゴロゴロ入ったハード系パンなど、常時14〜15種が並ぶ。テイクアウトのほか、ランチセットではこれらの自家製パンが食べ放題に。


抹茶の風味が豊かなブリオッシュ生地の中には自家製あんがずっしり。抹茶スクエア238円

電話
075-871-5323
住所
京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町17 MAP
営業時間
ランチ10:30~14:30
ディナー15:00~売切れ次第終了
定休日
火曜、第4月曜
イートイン
全席禁煙、完全個室無
駐車場
URL
http://bouchon-tournesol.com/

Cafe and Vintage OST

カフェ アンド ヴィンテージ オスト

●七条壬生川

ロースターと研究を重ねた究極の味

ベルリンに住んでいた店主の感性でスタイリッシュに改装された町家で味わえるのは、きんせ旅館内で焙煎・販売をしている[IWASHI COFFEE]の豆を使用した一杯。重厚感あるヴィンテージカップでキャンドルに包まれながら、まったりとしたひとときが過ごせる。エスプレッソ用の豆作りの研究を重ねたという一杯にも注目。


カフェ・アメリカーノ400円。ホンジュラス産の浅煎りで、ほんのり酸味があり飲みやすい

電話
075-746-2121
住所
京都市下京区夷馬場35 MAP
営業時間
15:00〜24:00
定休日
水曜
喫煙・禁煙
禁煙席無
個室
完全個室無
駐車場
URL
FacebookでOSTを検索