『僕の名はアラム』 ウィリアム・サローヤン 著

書店員さん写真_大垣書店京都本店

9歳の少年アラムとそれを取りまく人々の暮らしを生き生きと、ユーモラスに描いた短編集です。
一見すると単なるハートウォーミングな滑稽譚なのですが、それだけでは片付けられない凄みがあります。かつて過ごしたうるわしい日々を、偽善の臭みなく再構成した、ぎりぎりのバランスで成り立っている小説だと思います。

『僕の名はアラム』 ウィリアム・サローヤン 著 新潮社/520円(税別)

あらすじ(Books 出版書誌データベースより引用)
僕の名はアラム、九歳。世界は想像しうるあらゆるたぐいの壮麗さに満ちていた――。アルメニア移民の子として生まれたサローヤンが、故郷の小さな町を舞台に描いた代表作を新訳。貧しくもあたたかな大家族に囲まれ、何もかもが冒険だったあの頃。いとこがどこかからか連れてきた馬。穀潰しのおじさんとの遠出。町にやってきたサーカス……。素朴なユーモアで彩られた愛すべき世界。

山田清貴さん

推薦者 山田清貴さん

大垣書店 京都本店

2019年3月にオープンした店舗です。ぜひこの機会にお越しください。

大垣書店 京都本店

Tel. 075-746-2211
住所/京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78 SUINA室町1F [ MAP ]
営業時間/10:00〜23:00
定休日/無休

※営業時間や定休日は取材時のもの。変更になっている場合もあるので、詳しくは店舗まで問い合わせを

『悲しくてかっこいい人』 イ・ラン 著

書店員さん写真_大垣書店高野店

韓国のアーティスト、イ・ランさんの著作です。アルバム「神様ごっこ」についているブックレットのエッセイが面白くて好きになりました。音楽以外にも映像やコミックスなども手掛ける彼女の日常を切り取ったエッセイです。音楽家としての彼女の発言や音楽そのものが好きで、休みの日や一人で過ごす静かな時間に読んで欲しいです。

『悲しくてかっこいい人』 イ・ラン 著 リトルモアブックス/1800円(税別)

あらすじ(公式サイトより引用)
日常を悲しみながら、あははと笑い飛ばすイ・ランの、ひとりごとエッセイ。作り笑顔と「いいね!」の時代を揺るがす、新しい書き手。ソウルを自転車でさすらう彼女の心に近づく73篇。

和中整さん

推薦者 和中整さん

大垣書店 高野店 店長

カフェ併設で深夜まで営業している街の本屋です。ぜひお立ち寄りください。

大垣書店 高野店

Tel. 075-706-6678
住所/京都市左京区高野東開町20 [ MAP ]
営業時間/8:00~24:00
定休日/無休

※営業時間や定休日は取材時のもの。変更になっている場合もあるので、詳しくは店舗まで問い合わせを

女性らしいボディラインはそのままに体幹を鍛えよう!

おうちエクササイズ vol.1 キレイな姿勢を作るABC

おうちエクササイズ vol.1

京都の昔ながらのおかずレシピに挑戦しよう!

おうち時間がもっと充実する、京都のおばんざいレシピ伝授「やさいのごちそう」

やさいのごちそう

公式Instagramで人気企画まとめ

京都のテイクアウトグルメ #togokyotoをリポスト応援中!

togokyoto

滋賀でがんばっているお店も多数

滋賀のテイクアウトグルメ #togoshigaをリポスト応援中!

togoshiga