すでに話題のNewShop vol.4[(M)iso stand ]

2020/12/25

開店

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

逆境に負けない信念とバイタリティで道を切り開き、新店オープンを叶えた偉人たち。この世相の中でも輝き続け、街に愛されている店の魅力を店主のアツイ想いと共に紹介。

PHOTO/高見尊裕、TEXT/立原里穂

 

2020.7.15 OPEN

(M)iso stand /室町三条

お箸でホロリの牛テールには、京都の[御幸町 関東屋]の八丁味噌のコクが染みている。赤どて牛テール980円

お箸でホロリの牛テールには、京都の[御幸町 関東屋]の八丁味噌のコクが染みている。赤どて牛テール980円

 

スタッフの心がひとつになって
人情味も増した味噌煮込みスタンド

2003年の [五十棲]開店以来、農園から届く季節野菜をキーワードにした人気店を次々と展開、快進撃が続いた「五十家グループ」。しかし、7店舗目となる[エムイソスタンド]だけは様子が違った。オープンが当初の予定より2ヶ月半も延期。「コロナ禍の影響で3店舗を休業させてましたし、新店にかかれる心境ではなくて。正直、今回ばかりは戸惑いました」と語るのは、代表の五十棲さん。新店を開けるべき時期が見えない、そんな迷いを払拭したのは”迷わず行けよ 行けばわかるさ“という猪木語録を胸に刻む[イソスタンド]の四方さんをはじめとする、若いスタッフだったそう。

アギと丹波しめじとしいたけのしぐれ煮、パクチーが香る鯵なっとう、柿と栗の白和え。おまかせ盛り3種1000円

アギと丹波しめじとしいたけのしぐれ煮、パクチーが香る鯵なっとう、柿と栗の白和え。おまかせ盛り3種1000円

 

「大切なお客さんが家に籠もっているなら、自分たちで届ければいい」と4月からデリバリーサービスを開始したり(現在は終了)、テイクアウトメニュー開発に全力を注いだり。四方さんたちの前向きさが、「お客さんが喜んでくれるなら、なんでもやろう」という、五十棲さんの原点を思い出させてくれたという。

 

isosta_201215d

 

そんな彼らが作り上げた[エムイソスタンド]のテーマは、気軽に行けるちょうどいい煮込みの店。八丁味噌の赤どて、西京味噌の白どて、ふたつの鍋の向こうには、今夜もとびきりハッピーな時間が待っている。

 

「みんなに喜んでもらうのが僕らの役割」ー 代表 五十棲 新也さん

 

isosta_201215c

 

 

代表 五十棲 新也さん(左)

1974年、京都府生まれ。大学卒業後、[まんざら]系列で4 年の修業を経て、[五十棲]を開店。現在、7店舗を繁盛させる街の元気印

 

店主 四方 大輔さん(右)

奈良県出身。大学卒業後に商社勤務するも、飲食業への憧れが止まず[五十棲]へ。[イソスタンド][エムイソスタンド]を率いる33歳

 

 

isosta_201215e

 

(M)iso stand

Tel.075-741-6210
京都市中京区室町通三条下ル烏帽子屋町477
17:00〜24:00
不定休 全席禁煙(喫煙スペース有)
完全個室無 P無
Instagram @m_isostand

※予告なく記載されている事項が変更されることがありますので、予めご了承ください。

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!