琵琶湖マリオットホテル「NANOHANA Lunch」と菜の花の絶景でひと足早い春の訪れを感じて

2020/12/29

PR

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
biwakomariotto_nanohana_01

NANOHANA Lunch 2,900円(税、サービス料[10%]別)

京都から電車&バスで約40分。2017年にオープンした「琵琶湖マリオットホテル」は、ロビーから客室、レストランまで、ホテルのいたるところから琵琶湖を一望できて、常に非日常的な空間を味えます。

まだ寒さを感じる毎日ですが、琵琶湖マリオットホテルでは、ひと足早い春の訪れを楽しめるランチメニュー「NANOHANA Lunch」が登場しました。ほろ苦い味わいと香りが春を感じさせてくれる”菜の花”をはじめ、栄養価の高い食材と華やかな見た目の表現にこだわり、暖かな春に向けて心と身体を整えてくれる全13品が揃います。滋賀県ならではの発酵食材が使われているのも魅力のひとつです。 

Leaf編集部が徹底取材!

琵琶湖マリオットホテルで絶景・癒し・美味の休日プラン

琵琶湖マリオットホテルで絶景・癒し・美味の休日プラン
 

黄色い絨毯が広がる絶景スポット!1万本超の満開の菜の花も一緒に

biwakomariotto_nanohana_02

第1なぎさ公園で菜の花が満開に咲く様子(提供:びわこビジターズビューロー)

琵琶湖マリオットホテルから徒歩約5分にある「第1なぎさ公園」では毎年1月から2月にかけて約12,000本もの菜の花が咲き誇ります。ホテルスタッフのみなさんによると、公園内で一面に広がる菜の花畑と雪化粧をまとった比良山の様子は絶景なんだとか。ランチ前後に記念撮影に行くのもおすすめです。「NANOHANA Lunch」を提供するホテル最上階のレストラン[Grill & Dining G]の一角からも菜の花の鮮やかな黄色い絨毯を眺めながら食事を楽しめます。

 

昨年は旅行など遠出ができなかった方も多いはず。今年は京都からも近い琵琶湖マリオットホテルで、ひと足早い春を感じてみてはいかがですか?

 

「NANOHANA Lunch」メニュー内容

biwakomariotto_nanohana_03

滋賀県産の豆乳をベースにした鍋をはじめ、酒粕や麹の発酵食材、鰤や柚子の旬の食材など、シェフがこだわり選んだ食材を活かした品々

  • 二段重
    (上段)鮪とアボカド山掛け 麹の泡醤油、生ハム膾、菜の花甘酒和え、大豆ひじき煮、碓井豆腐
    (下段)菜の花吟醸蒸し、菜の花 海老 丁字麩 酢味噌、鰤柚香焼き、敷き大根
  • 鍋物 菜の花 豆乳鍋
  • 揚物 菜の花の天ぷら 鰯香り揚げ
  • 食事 滋賀県産こしひかり 菜の花梅ちりめん
  • 留椀 清汁仕立て
  • 水物 滋賀県産抹茶と柚子の水まんじゅう

※記載のメニュー内容は変更になる場合があります。予めご了承ください。

 

NANOHANA Lunch(なのはな ランチ)

期間/~2021年2月28日(日)11:30~14:30(LO)
料金/1名 2,900円(税、サービス料[10%]別)
場所/琵琶湖マリオットホテル 12階レストラン[Grill & Dining G](滋賀県守山市今浜町十軒家2876)[MAP

予約・問い合わせ/Tel. 077–584–2150(琵琶湖マリオットホテル Grill & Dining G)

今が旬!滋賀県草津の新ブランドいちご「蜂蜜いちご」を使用

アフタヌーンティー「Strawberry Afternoon Tea」も一緒に♪

アフタヌーンティー「Strawberry Afternoon Tea」も一緒に♪

※こちらのページは「琵琶湖マリオットホテル」のスポンサーのもと、公開しております。

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!