二条城内の非公開「香雲亭」で、数量限定の朝御膳がスタート

2020/7/14

取材

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る
nijojo_asagayu01

奥に見えるのが普段は非公開の香雲亭

元離宮二条城では、歴史や文化の魅力をより多くの方に実感してもらえるよう、朝や夕方の涼しい時間帯にゆったりできる取り組みを行っています。その一つが、7月1日(水)〜9月30日(水)まで開催される、庭園・清流園内にある普段は非公開の「香雲亭」の朝御膳の提供です。

 

“京の味”の代名詞「ゆば」づくしの贅沢朝ごはん

nijojo_asagayu04

朝から京料理を堪能できると毎年大人気の朝御膳

7・8月は朝8時〜夕方6時、9月は夕方5時まで(いずれも最終入城は閉城の1時間前)二条城の開城時間を延長したことに合わせて実施している、朝御膳の提供は今年で4年目を迎えます。

 

朝御膳「季節の一品付今日のゆば粥御膳」を用意するのは[京料理 いそべ]。こちらでは、自家工房[清水五条坂ゆば泉]で作られる、自家製の京生ゆばを使用しています。

 

WebLeaf編集部も試食させていただいたのですが、驚いたのが濃厚な「ゆば粥」です!お椀の中のお粥には、とろけるような汲み上げゆばがふんだんに使用されています。ゆばの甘みと深みが感じられ、シンプルな味わいがなんとも心をほっと落ち着かせてくれる一杯でした。その他にも松花堂には、取肴にゆばちりめんや車海老、出汁巻き玉子、小串、松風、枝豆、茗荷、ゆば揚げ浸しをはじめ、焚合せ、汲み上げ湯葉冷やしあんや湯葉サラダ仕立てなど、ゆばを使った料理が盛りだくさんに並びます。季節の一品には、7月16日(木)〜31日(金)までの鱧寿司をいただきました。

 

緑生い茂る庭園を目の前に

nijojo_asagayu03

目の前には和風庭園が広がります

清流園は、香雲亭と茶室和楽庵がある和風庭園と芝生のある洋風庭園からなる和洋折衷庭園として昭和40年に整備されました。朝御膳の舞台となった香雲亭は、京都の豪商・角倉家の屋敷跡から移築したものなのだそうです。目の前の池からは水のせせらぎが聞こえ、青々と茂る庭園の様子を眺めながらの朝食はなんとも贅沢の極みですね。

 

いつも朝はバタバタとせわしなく過ごしがちですが、予約限定の朝御膳でゆったりと心落ち着く時間を過ごすのも素敵だなと感じました。

 

 

清流園・香雲亭で朝御膳(完全予約制)

期間/2020年7月1日(水)〜9月30日(水)8:30〜9:30(8:20に香雲亭へ集合を)
場所/元離宮二条城 清流園内の香雲亭(京都市中京区二条城町)
料金/ひとり3,300円(税込)※別途入城料が必要
定員/28名
申し込み/参加希望前日15:00までに電話にて予約を。
Tel. 京料理いそべ 075-551-1203(受付時間/10:30〜15:00)
※予約希望日、氏名、人数、連絡先、アレルギーなどを伝えてください

http://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/news/asagozen/

 

二条城から岡崎エリアまでを学びながら楽しもう!

てくてく歩く 二条城~岡崎エリア CULTURE WALK

てくてく歩く 二条城~岡崎エリア CULTURE WALK

朝は米派なあなたにおすすめ

京都のとっておき朝ごはん 和食編

京都のとっておき朝ごはん 和食編

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!