京都府出身・佐渡裕さん「HPACすみれの花咲く頃プロジェクト」を発足!プロの音楽家たちとの共演を体験

2020/5/20

話題

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

sumirenohana_project

西宮にある兵庫県立芸術文化センターの芸術監督を務める、京都府出身の佐渡裕さんが「こんな時だからこそ皆に笑顔を」と、「HPACすみれの花咲く頃プロジェクト」を立ち上げました。

 

佐渡監督の指揮と兵庫芸術文化センター管弦楽団のテレワーク演奏に合わせて、一般の方々に動画を撮影&投稿してもらい、YouTube 動画をとおして皆で共演する企画。楽曲は、佐渡監督が本楽団の演奏会で度々アンコール曲として取り上げている、自身が大好きな曲「すみれの花咲く頃」で、原題は「再び白いライラックが咲いたら」。事態が終息した時に、再びみんなで音楽を楽しもうという思いが込められています。

 

兵庫芸術文化センター管弦楽団のみなさんが自宅で演奏した動画『すみれの花咲く頃』を楽しみながら、自分たちも楽器の演奏や歌、ハミング、ダンス、手拍子など、この動画に合わせて動画を撮影&投稿すると、兵庫芸術文化センター管弦楽団と共演するかたちに編集され随時YouTubeにアップされる。この機会にプロの音楽家たちとの共演を体験してみて!

 

HPACすみれの花咲く頃プロジェクト >>

 

問い合わせ

兵庫県立芸術文化センター

Tel. 0798-68-0223(代表)

(10:00~17:00、月曜休 ※祝日の場合は営業、翌日休)

HP

兵庫県立芸術文化センター 公式サイト>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!