出町座、最新のフランス映画を選りすぐった上映イベント「第2回 映画批評月間 ~フランス映画の現在をめぐって~」開催

2020/3/5

告知

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

新型コロナウイルス(COVID-19)を含む感染症の感染防止対策として、イベント開催の中止が多発しております。 イベントへ参加を予定されている方は、事前にイベントの主催者や公式サイト、SNSなどで開催有無のご確認をお願いいたします。

demachiza_french_movie

フランス政府公式機関としてフランス語講座を開講し、フランス発の文化、思想、学問を発信している「アンスティチュ・フランセ」がフランスの映画媒体、批評家、専門家、プログラマーと協力し、最新のフランス映画を選りすぐり紹介する『映画批評月間』が、今年も出町座で開催される。

昨年スタートし第2回目となる今回は、世界中の主要な映画作家たちの製作を積極的に支援しているオリヴィエ・ペール氏に、フランスの近作から最も優れた作品のセレクションを依頼。それらの上映とともに、日本の映画批評家たち、監督たちと同氏のディスカッションも予定している。

また『マダム・ハイド』のセルジュ・ボゾン監督を特別ゲストに迎え、ミュージカルコメディから、歴史劇、学園もの、犯罪映画まで、その多彩なフィルモグラフィーを一挙に紹介。

さらにボゾン監督ほか多くの映画人から敬愛を受け、2019年8月に惜しくもこの世を去ったジャン=ピエール・モッキーを併せて特集する。日本でこれまでほとんど紹介されることがなかったフランス映画の「最後の切り札」とも言えるモッキーの世界をぜひこの機会に。

 

第2回 映画批評月間 ~フランス映画の現在をめぐって~

日時

2020年3月6日(金)〜12日(木)、4月10日(金)〜15日(水)

  • 3月6日(金)18:30〜『見えない太陽』
  • 3月7日(土)18:55〜『ディアスキン鹿革の殺人鬼』
  • 3月8日(日)18:15〜『シノニムズ』/アフタートーク:オリヴィエ・ペール
  • 3月9日(月)18:45〜J・P=モッキー『ソロ』/アフタートーク:オリヴィエ・ペール、北小路隆志
  • 3月10日(火)18:10〜『リベルテ』
  • 3月11日(水)18:25〜『君は愛にふさわしい』
  • 3月12日(木)18:25〜『アリスと市長』
  • 4月10日(金)J・P=モッキー『今晩おひま?』
  • 4月11日(土)S・ボゾン『マダム・ハイド』
  • 4月12日(日)J・P=モッキー『言い知れぬ恐怖の町』
  • 4月13日(月)J・P=モッキー『赤いトキ』
  • 4月14日(火)18:30〜S・ボゾン『ティップ・トップ ふたりは最高』/アフタートーク:セルジュ・ボゾン、廣瀬純 @同志社大学寒梅館クローバーホール
  • 4月15日(水)S・ボゾン『マダム・ハイド』/アフタートーク:セルジュ・ボゾン、廣瀬純

※4月14日(火)は出町座での上映はなし。
※上映時間未記載のものは確定次第掲載。

 

場所

出町座(京都市上京区三芳町133 出町桝形商店街内)

※4月14日(火)のみ、同志社大学寒梅館クローバーホール(京都市上京区上立売下ル御所八幡町103)にて開催 MAP

料金

一般 1500円
シニア 1100円
会員(シネ・ヌーヴォ、出町座、クラブ・フランス)・学生 1000円
※招待券使用不可

問い合わせ

アンスティチュ・フランセ関西―京都
Tel. 075-761-2105
Eメール kansai@institutfrancais.jp

HP

アンスティチュ・フランセ 公式サイト内 イベントページ>>

高瀬川沿いや岡崎、哲学の道や嵐山など...

美しい桜を楽しめるお店へ

美しい桜を楽しめるお店へ

老舗フルーツパーラーのフルーツサンド、喫茶店のカツサンド、たまごサンド

今食べたい京都のサンドイッチ

今食べたい京都のサンドイッチ

美味しいを持って、おうちへ帰ろう

編集部厳選!京都・テイクアウトにおすすめのデリ&お弁当

編集部厳選!京都・テイクアウトにおすすめのデリ&お弁当

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!