食べ物を作るのは人ではなく「フード3Dプリンタ」!? 近未来を予言する無料イベントが開催【※開催中止】

2020/2/21

PR

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

※2020年3月27日(金)〜29日(日)に予定されていた「KYOTO Shaping the Future──食がつくる都市」は、現在発生している新型コロナウイルス感染症拡大の状況を受け、開催中止となりました。(2020.3.9 17:00更新)

ボタンを押して待つこと数分、目の前に現れるのは誰も口にしたことのない未知なる食べ物。そんな近未来ムービーのような光景が見られると聞いて、京都工芸繊維大学KYOTO Design Labにお邪魔しました!

こちらでは、3月27日(金)〜29日(日)に京都で行われるイベント「KYOTO Shaping the Future──食がつくる都市」に向けて、「フード3Dプリンタ」を使った世にもユニークな研究が進められています。


パッと見は大きめのオーブンレンジに似た、家電のような「フード3Dプリンタ」。扉部分にホットケーキミックスやマッシュポテトなどをベースにした粘度のあるピューレを入れた筒をセット。扉を閉めて好みのデザインを選択すると、細い線で正確な文様を描きながら、オブジェのような食べ物が完成します。

「このフード3Dプリンタの最大のメリットは、必要な食事を必要な分だけ作れるということですね」と説明してくださったのは、京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab特任教授の水野大二郎さん。「デジタル技術の進歩によりあらゆる分野のものづくりが大きく変わり、食に関わる産業も例外ではありません。これまで、食のクオリティ向上に必要なのは料理人の経験や感覚でした。でもこれからは、フード3Dプリンタを扱える人、例えばエンジニアといった料理経験のない人が、これまで食べたことのないものを作っていく、そんな時代が来ると思っています。」

kyotodesignlab3

京都工芸繊維大学の学生たちとアイデアを出し合って、「フード3Dプリンタ」の可能性を探求する水野特任教授(左)

「フード3Dプリンタ」の研究開発が進めば、味わいや食感だけでなく、複雑な栄養素の配合までコンピュータでコントロール可能に。「汗や唾液などから数値を取り、自分の健康状態に合わせたオリジナルフードを作る日もそう遠くないと思いますよ。「フード3Dプリンタ」で必要な分だけ料理を作れば、食品ロスも極限まで減らせますし、コンピュータでしか作れない造形美も生まれるでしょう。「フード3Dプリンタ」は食の未来に大きな影響を与えると感じています。

kyotodesignlab2

フード3Dプリンタで作った試作品。中には、未来のパワーフード!?コオロギの粉末をブレンドしたクッキーも。水野特任教授曰く「海老のような味」だそう


京都の未来像にワクワクする!無料イベントは3月末
※2020年3月27日(金)〜29日(日)に予定されていた「KYOTO Shaping the Future──食がつくる都市」は、現在発生している新型コロナウイルス感染症拡大の状況を受け、開催中止となりました。(2020.3.9 17:00更新)

この「フード3Dプリンタ」と印刷された食べ物を実際に見られるイベント「KYOTO Shaping the Future──食がつくる都市」は3月に開催。現代の洛中洛外図のように、京都という歴史都市を俯瞰で見つめ、社会のリデザインを提案するような、ワクワクする展示が予定されています。その一部をご紹介!

kyoto_shaping_the_future1

会場中央にあるのは、直径15mほどの巨大模型。1000年以上にわたって変化してきた京都という都市と食との関係をプロジェクションマッピングで壮大に表現。また会場奥の壁で目にするのは、詩仙堂、京町家に実在する2つの庭を3Dスキャンした映像

kyoto_shaping_the_future3

テーマ展示のひとつ「京都を形づくる食」では、生産・水・市場・流通・都市形態学・祇園祭という6つのキーワードで、都市と食の関係を読み解いていく。写真は、2019年、ドイツのヴィトラ・デザイン・ミュージアムとの共催で行われた「Food Shaping Kyoto展」の様子

kyotodesignlab1

プロジェクト展示のひとつ「絹の未来」。京都の着物文化を支えてきた素材、絹をゲル、シート、パウダーなど自在につくり替える先端技術と、体型を3Dスキャンしてデータ化するといったデジタル技術を組み合わせた、まったく新しい衣服の概念に触れることができる。写真はゲル状の絹を固めてつくった絹のボタン

知っているようで知らない京都、ものづくりの生態系を広い視野で観察。未来のために何か始めたくなる、そんな新たな気づきが得られそうな今回のイベント。ものづくりに興味がある人なら、老若男女どなたもウェルカム!入場無料なので気軽に訪れてみて。

 

日時

■KYOTO Shaping the Future──食がつくる都市
2020年3月27日(金)〜29日(日)10:00〜19:00 ※27日のみ13:00開場
※開催中止

場所

京都市勧業館みやこめっせ 3F第3展示場B(

料金

入場無料

問い合わせ

京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
Tel. 075-724-7283
Mail. info@d-lab.kit.ac.jp

HP

https://www.k-s-t-f.com

※こちらのページは「京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab」のスポンサーのもと、公開しております。

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!