片岡仁左衛門の親子三代で演じる忠臣蔵を南座で『當る子歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎』

2019/11/27

話題

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

kaomise11月30日から始まる『吉例顔見世興行』にて、『仮名手本忠臣蔵』『祇園一力茶屋の場』(昼の部)と『堀川波の鼓』(夜の部)で主役を勤める片岡仁左衛門さんが大阪で会見を行った。『祇園一力茶屋の場』(通称『七段目』)では、主役・由良之助を仁左衛門さん、お軽を息子の孝太郎さん、力弥を孫の千之助さんが担うのも注目の1つ。「役者の家に生まれ、『七段目』を三代揃ってできるのは嬉しい。歌舞伎史上初めてのこと」と喜ぶが、「心配なのは『忠臣蔵』の中でも一番難しい力弥」と語る。「役者は経験していかないと。10日の稽古より3日の本番のほうが成長が早い。子役の成長や過程を楽しんでくださって、お客様も家族になってくださるのは歌舞伎特有」と、客と同じく孫の成長を心から願う顔も覗かせた。紡がれていく歴史のワンシーンを南座で堪能したい。

12kaomise

平成30年12月「吉例顔見世興行」より

●京の年中行事『當る子歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎』
<昼の部>
第一、輝虎配膳(てるとらはいぜん)
第二、戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)
第三、金閣寺(きんかくじ)
第四、仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
<夜の部>
第一、堀川波の鼓(ほりかわなみのつづみ)
第二、釣女(つりおんな)
第三、魚屋宗五郎(さかなやそうごろう)
第四、越後獅子(えちごじし)

日時

2019年11月30日(土)~12月26日(木)
時間/昼の部10:30~、夜の部16:45~

場所

南座(京都市東山区大和大路西入る中之町198四条通)

料金

一等席25000円、二等席A 12000円、二等席B 10000円、三等席8000円、四等席6000円、特別席27000円

チケット

チケットホン松竹 Tel. 0570-000-489(10:00〜18:00)、チケットWeb松竹 http://www1.ticket-web-shochiku.com/t/

問い合わせ

南座
Tel. 075-561-1155

HP

松竹ホームページ>>

予定はもう決まった?

京都で過ごす大人のクリスマス

京都で過ごす大人のクリスマス

秋の散策の際は

京都の和パフェで休憩を

京都の和パフェで休憩を

肌寒くなってきたこの時期は

昔ながらの京都の銭湯へ

昔ながらの京都の銭湯へ

こだわりの味を

京都・滋賀のクラフトビール

京都・滋賀のクラフトビール

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!