長塚圭史が伝説の戯曲に『常陸坊海尊』挑戦「現代に響く作品に」

2019/11/30

取材

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

hitachiboukaison1『常陸坊海尊』は、源義経の忠臣だったが逃亡、不老不死となり400年以上生きたという常陸坊海尊の伝説をベースに、海尊の妻と名乗るおばば、その孫娘、東京から疎開した少年たちの物語だ。本作を演出する長塚圭史が取材会を開催。「弱者たちが追いやられる構造のある劇で、格差が唱えられる現代にも響く作品だと思います」と話し、FPMの田中知之が手掛ける音楽については「電子音が祈りにつながる光線になれば」と工夫を凝らす。1967年に劇団早稲田小劇場に入団、長年演劇界で活躍してきた白石加代子とは4度目のタッグ。「様々な時代のエネルギーを秘めた、ものすごい情報量の入った肉体なんですよ! (22年前に一度演じた)おばば役にもう一度チャレンジしたいと仰られて嬉しいですね」と、名女優に期待充分の様子だった。

hitachiboukaison2●『常陸坊海尊(ひたちぼうかいそん)』
作:秋元松代 
演出:長塚圭史 
音楽:田中知之(FPM) 
出演:白石加代子、中村ゆり、平埜生成、尾上寛之/長谷川朝晴、高木稟、大石継太/大森博史、平原慎太郎、真那胡敬二、他 

日時

2020年1月11日(土)・12日(日)12:00~全2ステージ

場所

兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール(

料金

A席7800円、B席6000円(発売中)

チケット

チケットぴあ Tel. 0570-02-9999(Pコード:495-338)、他

問い合わせ

芸術文化センターチケットオフィス
Tel. 0798-68-0255(10:00~17:00/月曜休※祝日の場合は翌日)

HP

兵庫県立芸術文化センターホームページ>>

秋の散策の際は

京都の和パフェで休憩を

京都の和パフェで休憩を

肌寒くなってきたこの時期は

昔ながらの京都の銭湯へ

昔ながらの京都の銭湯へ

こだわりの味を

京都・滋賀のクラフトビール

京都・滋賀のクラフトビール

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!