[BABBI GERATERIA KYOTO]が四条木屋町にオープン。日本でBABBIのジェラートが食べられるのはここだけ!

2019/11/8

開店

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

みなさん、こんにちは。ここ京都に、また注目のスイーツ店が誕生いたしました!鴨川を望める絶好の場所に10月19日にオープンしたのが、本場イタリアのジェラートが味わえる[BABBI GERATERIA KYOTO(バビ ジェラテリアキョウト)]。オープン前の内覧会にお邪魔させていただいたので、早速ご紹介いたします!

四条木屋町を南に下ること数分、団栗橋のたもとあたりに見えてきました。

babbi1

もともとは駐車場があった場所。スコルピオーネ吉右さんのお隣です!

店内に入ると正面にジェラート、奥にウエハースなどのお菓子がずらり。

babbi2

京都店限定という抹茶とピスタチオのロールケーキやティラミスもありました

今から約60年前、イタリアで創業したBABBI。最初はジェラート用のコーンの製造からスタートしたとのこと。そこから人気商品のウエハースが生まれ、その後、日本やスペインなど世界へ展開。今では東京、大阪、福岡など、全国の百貨店にBABBIのウエハースが並んでいます。

ウエハースだけでなくチョコレートなど様々なお菓子の販売も始めたそうで、満を持して日本で挑戦したのがイタリアを代表するスイーツ・ジェラート。試行錯誤を重ね、今回7年越しの念願叶って、京都でジェラート店をオープンしたとのこと。百貨店などの催事に出店することはあるそうですが、常設店でBABBIのジェラートを食べられるのは日本ではここだけなんです!

babbi3

メニューは季節によって変わりますが、常時18種類が揃います

ジェラートは店内の工房で作られているので、まさに出来立て!1種盛は550円(税込)、2種盛は660円(税込)で、3種類のコーンorカップから選ぶことができます。

babbi4

今回いただいたのがこちら。下はフィキ(いちじく)、上はヨーグルトパッションフルーツ

フィキはチーズが入っているので、いちじくの甘さを感じつつもクリーミーな味わい。ヨーグルトパッションフルーツはパッションフルーツの果実のジュレが混ぜ込まれていて、酸味がとってもいいアクセントになっていました。

他にもオススメだというのピスタチオ抹茶メープルパンプキン焼きいもバターもいただきました。甘すぎず大人な味のピスタチオや抹茶、そしてひと工夫加えてあるパンプキンや焼きいも…写真で紹介した2種類も含め、どれにするか絶対迷いますが、どれを食べてもきっと後悔しません。笑 それぞれの素材の味が優しい味わいのジェラートになっていて美味しかったです!


そして奥には鴨川や東山が一望できるイートインスペースがありました。5月〜9月の川床シーズンには、ジェラートを床で楽しめる“ジェラ床”が登場するそうなので、こちらも乞うご期待!床のシーズン外でもバルコニーのようなスペースがあるので、外の風に当たりながら食べることができますよ〜!

babbi5

一面が大きな窓ガラスなので、店内にいても景色は最高

京都で新たにジェラートブームを巻き起こしそうなBABBI。ぜひお出かけの際は立ち寄ってみてくださいね♪


BABBI GERATERIA KYOTO(バビ ジェラテリアキョウト)

2019年10月19日オープン
Tel. 075-585-5200
京都市下京区木屋町通四条下ル斉藤町134
11:00〜22:00(LO/21:30)
不定休
BABBI公式サイト>>

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!