京都丹後鉄道「丹後くろまつ号」で茶会?ほろ酔い?新コースがすごいらしい!

2019/9/5

話題

Facebookシェア Twitterシェア Lineで送る

京都の福知山、宮津、舞鶴、兵庫の豊岡を結ぶ京都丹後鉄道。車内でランチやスイーツを楽しめると人気の観光列車「丹後くろまつ号」に、この秋新しいコースが誕生したとのニュースが届きました!

kuromatsugou

丹後くろまつ号


新しく誕生したのは全4コースのうち『茶会コース』『えらべるほろ酔いコース』。その名の通り、電車の中でお茶を点てる体験ができたり、飲み放題でほろ酔い気分になれるというコースだそう。運行は10月5日から開始とのこと。内容を早速チェックしましょう!

茶会コース

季節の和菓子と共に、舞鶴産の抹茶とほうじ茶を堪能できるコース。お茶といえば宇治が有名ですが、舞鶴のお茶も全国茶品評会で入賞するなど、その味はお墨付き。お茶の先生からしっかりレクチャーを受けたアテンダントが抹茶の点て方を丁寧に教えてくれるそうなので、初めての人でも気軽に楽しめるとのこと。

kuromatsu1

メニュー/薯蕷饅頭、上生菓子、鶴の里、干菓子、舞鶴抹茶、舞鶴産ほうじ茶、お土産には双鶴庵の和菓子『凡海郷(おおしあま)』『ひな鶴』※お土産の内容は変更となる場合あり

夕方には天橋立に到着するため、そのままゆっくり天橋立に泊まることができ、旅行する人にも利用しやすいコースになっているのも嬉しいポイント。絶景スポット「由良川橋梁」や「奈具海岸」を楽しみながら、美味しいお茶はいかが?

えらべるほろ酔いコース

地元食材を使ったおつまみ5種類の盛り合わせとともに、地酒(3種類)、天橋立赤ワイン、天橋立白ワインの中から1種類が飲み放題となるこちらのコース。約1時間半の電車の旅をほろ酔い気分で楽しめる。

kuromatsu2

お酒メニュー/地酒3種類(日によって種類は変わる)、天橋立赤ワイン、天橋立白ワイン

おつまみは丹後オイルサーディン、天橋立ロースハム、鹿肉入りウインナー、漬物(七味大根)、季節のピクルス。お土産には珈琲ガレットと珈琲ムラングが付いてくるとのこと(※お土産の内容は変更となる場合もあり)。この機会にぜひ贅沢な大人な遊びを体験してみて。

スイーツコース・ランチコース

これまでのスイーツコース・ランチコースから、この秋さらにパワーアップ(10月4日から運行開始)。スイーツコースではこれまで6種類だったメニューを10種類に。ランチコースでは100年の時を超えて復刻した『海軍割烹術参考書』を参考に、舞鶴にて旧日本海軍に提供されていた海軍割烹料理を現代風にアレンジした特別メニューを楽しめるそう。

kuromatsu3

スイーツコースメニュー/コウノトリ米のシフォンケーキ、葡萄のコンポートジュレ、氷上牛乳のとろけるミルクプリン、京丹後梨のフロマージュ、栗のロールケーキ、他

kuromatsu4

ランチコースメニュー/前菜3種盛り合わせ、懐かしのポテート・スープ、丹後特産へしこのフィッシュコロッケ、海軍式チキンライス、明治維新のシチュードビーフ、他


紅葉が楽しめる秋、そして雪景色が美しい冬は、「丹後くろまつ号」でいつもとは違う列車の旅はいかが?


「丹後くろまつ号」

詳細・申し込み/京都丹後鉄道ホームページより
問い合わせ/予約センター Tel. 0570-200-770 (10:00~19:00)
運行開始日/スイーツコース・ランチコースは2019年10月4日(金)〜、茶会コース・えらべるほろ酔いコースは2019年10月5日(土)〜

・スイーツコース 4900円 福知山駅10:10発⇒天橋立駅11:53着
・ランチコース 11000円 天橋立駅12:48発⇒西舞鶴駅14:50着
・茶会コース 3900円 西舞鶴駅15:30発⇒天橋立駅16:32着
・えらべるほろ酔いコース 4500円 天橋立駅16:49発⇒西舞鶴駅18:18着
※スイーツコース、ランチコースは金・土・日・祝の運行
※茶会コース、えらべるほろ酔いコースは土・日・祝の運行

※価格は全て税込価格です

SNSも更新中!

最新情報、注目イベント、
オススメショップを見逃さない!